2018.02.10 カンコードリームプロジェクト お願い!梅ボード~奉納レポートvol.1~

2014年より全国のお店で開催している「~飛び梅に願いをこめて~お願い梅ボード企画」。ご来店いただいたお客様に、梅の花びらにみたてたカードに願い事を書いていただき、梅の木に貼り付けてもらうというこの企画。今年はお店と、ホームページのコメントにて願い事を寄せていただきました。今回は2月9日(金)の奉納の様子を写真とともにレポートします!

目次
1.合計2,319件のお願い事が集まりました!
2.太宰府天満宮にてご祈祷いただきました
3.境内のご紹介

 

1.合計2,319件のお願い事が集まりました!

たくさんの梅カード・コメントを寄せてくださり、ありがとうございました!2月8日(木)時点で コメントには計1,204件のお願いごとと、お店でのカードは計1,115枚。合計で2,319件のお願いごとが集まりました。

「家族みんな幸せに過ごせますように」
「娘が第1希望の高校に受かりますように」
「さんすうで100てんをとりたい」

梅の花の形のカードに、願い事を書いていただきました。たくさんの願い事で、お店の梅の木は満開に咲きました。どの願い事も、かならず叶いますように!!

■集まったカードとコメント。Webでのコメントは1冊の本に綴じました。


■お店での梅ボードの様子。たくさんの願い事で溢れそうです。

IMG_20180109_095645.jpg
KIMG0028 - コピー.JPG

 

 

2.太宰府天満宮にてご祈祷いただきました

2月9日(金)大安の日、福岡県の太宰府天満宮へ。カンコー学生服が皆様を代表して奉納に行って参りました。とても天気が良く、すっきりと青く晴れた空が 背中を押してくれているようです。境内はたくさんの参拝者でにぎわっていました。




■ご祈祷の様子。みんなの願い事が叶います様に・・・!

■境内には合格祈願の絵馬がたくさんかけられていました。

3.境内の紹介

御神木(ごしんぼく)

神社などで特にゆかりのある木・古木を御神木と言い、信仰の象徴的な存在としてとても大切にされています。太宰府天満宮では、菅原道真公を慕い、都から一夜にして飛んできたと伝えられる梅の木が御神木となっており、飛梅(とびうめ)という名前で親しまれています。(カンコーの赤いロゴマークも、実はこの梅がモチーフになっています)

御神牛(ごしんぎゅう)

この御神牛は菅原道真公のお使いの牛として知られています。「頭を撫でると賢くなれる」「けがや病気がある場所を撫でると快復する」として、訪れる人はこの御神牛を撫でていきます。私たちも、皆様を代表して撫でさせていただきました。学業成就を願って 頭、お腹・足など いただいた願い事にそって撫でました。

■御神牛、頭は多くの方が撫でるため磨かれて輝いています。




■境内のいたる所でこの御神牛を見つけることができます。




次回は2月26日に奉納に行きます♪
ホームページでのコメントは1月31日までで受付終了となりましたが、お店での梅カード企画は お店によって3月末まで開催しているところもあります。



梅ボード企画とは?詳しく読む
集まったコメントはこちら