2021.06.14 カンコーエールプロジェクト SDGsの達成に向けた第一歩│福山市立松永中学校

近年、SDGsについて学んだり、取り組んだりする学校が増えています。

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月に国連サミットで採択された持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成される国際目標であり、世界全体で2030年までに社会が抱える様々な問題を解決することを目指しています。

2030年までに社会が抱える様々な問題を解決するためには、1人1人の理解を深め、行動につなげることが大切です。
福山市立松永中学校では、今年入学した1年生を対象に、福山菅公学生服株式会社の社員がSDGsセミナーを実施しました。

※セミナーは、窓を開けて十分に換気した体育館で人との距離を十分にとって実施しました。

fukyamaSDGs1.jpg

はじめに、SDGsとはどのような目標なのか、17の目標の背景にはどのような問題があるのか、というところから丁寧に学びました。
そして、カンコー学生服だけでなく、地元のテレビ局やスーパーのSDGsの達成に向けた取り組み内容を知り、SDGsを身近に感じてくれたようです。
 

fukyamaSDGs2.jpg

セミナーの途中で実施したワークショップでは、自分たちができるSDGsへの取り組みについてグループに分かれて話し合いました。
どのグループもしっかり話し合って、「電気をこまめに消す」「出された給食は残さず食べる」「エコバッグを使う」などといった意見がたくさん出ました。
また、積極的に手を挙げる学生が多く、発表者へ自然と拍手が送られる様子がとても印象的でした。
 

fukyamaSDGs3.jpg

セミナーの後半では、17の目標の1つである「5.ジェンダー平等の実現」について、言葉の意味をはじめ、現状の社会課題を学び、カンコー学生服が取り組む多様性に配慮した制服の研究を例にあげながら、身の回りにあるジェンダーについて一緒に考えました。
「トイレの標識が、男は青・女は赤になっているのはなんでだろう?」「制服で、1つのアイテムでネクタイにもリボンにもなるものがあったら良い」などといった、大人もハッとさせられる意見があがりました。

センシティブな内容に触れるセミナーであったため、講師を務めた社員は「誰1人傷つけないように」と資料作成や発言にはとても慎重になったと言います。
しかし、セミナー後のアンケートや感想文を拝見すると、皆ジェンダー平等について特に印象に残ったようで、「多様性を認め合える社会を作っていきたい」「日常会話でも意識することで、自分の発言を少しいいものにできそう」「1人1人の好みを大切にしたい」などといった感想がみられ、安心したとともに心強さも感じました。
SDGsの達成に向けて、学生の皆ができることから少しずつ取り組んでくれたら嬉しいです。

 

カンコー学生服は、子どもたちと学校を取り巻く様々な社会課題を解決するスクールソリューションカンパニーとして、学校制服・体操服に代表される「ものづくり」と、子どもたちが未来を生きるために必要な力を育む「ひとづくり」を通じて、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

未来に、エールを。.jpg

これからもカンコー学生服はさまざまな取り組みを通して、みなさんの未来にエールを送り続けます。

8f1cdc34cdf257b97effa67cd4fb3e96.jpg

小学生の自由研究を動画で応援! SDGsも学べるバーチャル展示会に初出展!

2021.09.13 カンコーエールプロジェクト 8月7日~8月20日、エコチルまつり実行委員会主催、「夏休み!自宅でSDGsな自由研究を応援!」をテーマに「エコチルまつり バーチャル2021」が開催され、カンコーはバーチャル展示会にブースを初出展いたしました。

IMG_8566.jpg

夏休みの自由研究イベント「SDGsも学べる!制服の余り布で作る ワークショップ」

2021.08.30 カンコーエールプロジェクト 8月5日~6日、カンコーショップ岡山にて夏休みの自由研究イベント「制服の余り布で作る ワークショップ」を開催し、制服を作る製造工程でどうしても出てしまう余り布を使用して、ブックカバー、ティッシュケース、お守りの中から参加した子どもたちが好きなものを選び作成しました。