沿革

1854年(安政元年)
初代尾崎邦蔵が綿糸の卸業を創業(現在の倉敷市児島田の口)
1868年(明治元年)
袴地、帯地等の製織・販売開始、後に広幅小倉織等に移行
1923年(大正12年)
学生服、作業服を製織から縫製まで一貫生産開始
1928年(昭和3年)
商標「菅公」を取得
1929年(昭和4年)
法人組織に改め、尾崎商事株式会社を設立
1951年(昭和26年)
代表取締役社長に尾崎芳郎が就任
雲才、ギャバの製織から学生服の縫製まで一貫生産を再開(統制経済解除と共に)
1953年(昭和28年)
ナイロン学生服の製造販売開始
1956年(昭和31年)
全国菅公会結成(全国販売代理店会)
カッターシャツの製造販売開始
1957年(昭和32年)
テトロン学生服の製造販売開始
全日本学生服技術コンクールにて最高位文部大臣賞受賞、繊維局長官賞受賞
1958年(昭和33年)
高級シャツ・スラックス等の縫製拡大に伴い織物工場を閉鎖
1959年(昭和34年)
通産省より全国縫製工場唯一の中小企業合理化モデル工場として表彰指定される
1964年(昭和39年)
米子工場竣工(カッターシャツ専門工場)
1966年(昭和41年)
全国中学校体育振興会(中体連の指定機関)より全国唯一の体育衣料指定メーカーに推薦指定を受ける
1967年(昭和42年)
本社社屋竣工(旧本社社屋)
1970年(昭和45年)
都城工場竣工(学生服・スラックス専門工場、後にブレザー・スラックス専門工場)
1973年(昭和48年)
志布志工場竣工(スラックス専門工場、後に体育着専門工場)
1983年(昭和58年)
エクセル株式会社設立
コンピュータマーキングシステムを導入
1984年(昭和59年)
尾崎芳郎が勲四等瑞宝章を受章
1986年(昭和61年)
代表取締役社長に尾崎房次郎就任
1988年(昭和63年)
コンピュータパターンメイキングシステムを導入
1989年(平成元年)
デザイナー小野塚秋良氏と契約、ブランド制服「AKIRA=ONOZUKA」を展開
1993年(平成5年)
デザイナーコシノジュンコ氏と契約、ブランド制服「JUNKO KOSHINO」を展開
1994年(平成6年)
代表取締役会長に尾崎房次郎が就任
代表取締役社長に尾崎眞一郎が就任
米子ロジスティックセンター竣工
1995年(平成7年)
「OZAKIグリーンメセナ21」(環境保全のための校庭植樹運動)展開
1996年(平成8年)
東京ショールーム開設
1997年(平成9年)
シーユーピー株式会社設立
1999年(平成11年)
ELLE社と提携、スクールウェア「ELLE ECOLE」を展開
Reebok社と提携、スクールスポーツウェア「Reebok」を展開
2000年(平成12年)
ISO14001認証取得
ISO9001認証取得
2003年(平成15年)
全国高等学校体育連盟より学校制服・体育着の協賛団体として認可を受ける
2005年(平成17年)
本社移転(岡山市、現所在地)
2006年(平成18年)
代表取締役会長に尾崎眞一郎が就任
代表取締役社長に尾﨑茂が就任
2007年(平成19年)
アディダスジャパン株式会社と提携、スクールスポーツウェア「adidas」を展開
2008年(平成20年)
ファイテン株式会社と提携、スクールスポーツウェア「KANKO×phiten」を展開
2009年(平成21年)
ラモス瑠偉氏が「カンコーブランディングマネージャー」に就任
2011年(平成23年)
株式会社ビームスと提携、スクールウェア「KANKO produced by BEAMS design®」(現 BEAMS SCHOOL product by KANKO) を展開
柳本晶一氏が「カンコードリームプロジェクト」特別顧問に就任
2012年(平成24年)
全国高等学校文化連盟に協賛
2013年(平成25年)
菅公学生服株式会社に社名変更
「菅公学生服の日(1月25日)」を制定
2014年(平成26年)
菅公アパレル株式会社 大山工場竣工
菅公教育サポート株式会社設立
2015年(平成27年)
詰襟学生服「カンコードライウォッシュ」とセーラー服「カンコービューティーウォッシュ」で2015年度グッドデザイン賞受賞
2016年(平成28年)
株式会社ストライプインターナショナルと提携、スクールウェア「KANKO earth music&ecology」、通学関連アイテム「earth music&ecology KANKO Label」を展開
「ストレスフリーアクティブ学校制服」で2016年度グッドデザイン・ベスト100受賞
一般社団法人カンコー教育ソリューション研究協議会設立
菅公アパレル株式会社 高城工場竣工