2021.04.26 カンコーエールプロジェクト SDGsの取り組みにチャレンジ|岡山県立西大寺高等学校

今、世界中でSDGsを達成するための取り組みが広がっています。

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月に国連サミットで採択された持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成される国際目標であり、世界全体で2030年までに社会が抱える様々な問題を解決することを目指しています。

岡山県立西大寺高等学校では、制服の製造工程で発生し廃棄される端材(余り布)を題材に、家庭科の授業でエコバッグを作って活用するというSDGsの取り組みにチャレンジしました。

yell①.jpg

様々な色やチェック柄の余り布から、自分の気に入った生地を選んで、ハサミを使って裁断し、縫い代にアイロンがけをして、ミシンを使って縫い合わせてエコバッグを作っていきました。
制服の生地は丈夫でしっかりしていて厚みもあるため、アイロンがけや生地を重ねてミシンで縫い合わせる工程は難しかったようですが、自分で手作りすることを楽しんでいました。

sdgsup.jpg

縫製の工程が早く終わった学生は、エコバッグの収納袋を作ったり(写真左)、自分用のオリジナルのタグを作ったりして縫い付けるなど(写真中央・右)、手作りのエコバッグをよりオシャレに使いやすくなるように工夫していました。

yell③.jpg

制服の余り布は「買い物をしたときに使う」「お母さんにプレゼントする」など、SDGsに貢献する素敵なエコバッグに生まれ変わっていました。

yell④.jpg

今回の家庭科授業では、当社社員によるSDGsについての出前授業もあり、制服の余り布でエコバッグを作った取り組みがSDGsの目標の何につながるかなども学びました。そして、SDGsの目的や、自分たち1人1人ができること、やりたいことなどの考えを深めました。

今回のエコバッグ作りが、SDGsを意識し社会課題の解決のために一歩踏み出すきっかけになっていれば嬉しいです。

yell⑤.jpg

カンコー学生服は、子どもたちと学校を取り巻く様々な社会課題を解決するスクールソリューションカンパニーとして、学校制服・体操服に代表される「ものづくり」と、子どもたちが未来を生きるために必要な力を育む「ひとづくり」を通じて、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

未来に、エールを。.jpg

これからもカンコー学生服はさまざまな取り組みを通して、みなさんの未来にエールを送り続けます。

yell1.jpg

SDGsの取り組みにチャレンジ|岡山県立西大寺高等学校

2021.04.26 カンコーエールプロジェクト 岡山県立西大寺高等学校で、制服の製造工程で発生し廃棄される端材(余り布)を題材に、家庭科の授業でエコバッグを作って活用するというSDGsの取り組みにチャレンジしました。

umeboard2021.jpg

お願い!梅ボード~奉納レポート2021~

2021.02.22 カンコーエールプロジェクト 2014年より全国のお店で開催している「~飛梅に願いをこめて~お願い!梅ボード企画」。今年も、お店とカンコーファンサイトのコメントにて願い事を寄せていただきました。今回は2月5日(金)の奉納の様子を写真とともにレポートします!