ecoflowertop.jpeg

「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジ
制服の余り生地をアップサイクル!学校にエコフラワーを咲かせるプロジェクト

eco flower.png

カンコーの工場では、自動マーキングシステムを用いて、生地にムダが出ないように設計図をつくり、制服・体操服を縫製することで、資材廃棄の低減に取り組んでいます。しかし、製造過程でどうしても残ってしまう余り生地が課題でした。

そこで、『制服の余り生地をアップサイクル!学校にエコフラワーを咲かせるプロジェクト』を全国の学校で展開し、制服の余り生地を使って、オリジナルグッズ「エコフラワー(お花)」をつくり、アップサイクル(廃棄予定だったものを生まれ変わらせる)に取り組むことで、SDGsにチャレンジします。

このプロジェクトを通じて、子どもたちに身近な制服・体操服を題材にして、地球環境のためにできることについて考える機会をつくり、未来を生きる子どもの学びを支援します。

EXPOlogo2.jpg
 

カンコーは、SDGsの取り組みとして、制服の製造過程の廃材(余り生地)を使って、学校に「エコフラワー」を咲かせるプロジェクトを全国の小学校・中学校・高校で展開し、大阪・関西万博の共創チャレンジに登録されています。

「共創チャレンジ」とは、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するため、自らが主体となって未来に向けて行動を起こしている、または行動を起こそうとしているチームの活動のことです。  

● 「エコフラワー」 SDGs教材のご提供は、学校(日本国内の小学校・中学校・高校など)が対象となります。
● SDGs教材(制服の余り生地)は無料です。
● お申込み受付完了から、SDGs教材のお届けまでは10営業日ほどかかります。
● ご提供させていただく生地の色・柄は、その時の廃材になるためご指定はできません。
● 廃材手配の状況で生地在庫がなくなった場合は、受注を一時停止させていただきますので、ご了承くださいませ。

 

「エコフラワー」SDGs教材のお申込みはこちら

※学校専用用品のため一般・個人への斡旋はしておりませんので、ご了承ください※



生地柄イメージ.jpg
 

エコフラワープロジェクト参加校

ecoflowe_1.jpg


エコフラワープロジェクトでは、制服の余り生地を使って、オリジナル
グッズ「エコフラワー」をつくり、アップサイクル(廃棄予定だったものを生まれ変わらせる)に取り組むことで、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。本プロジェクトに参加された学校をご紹介しています。

※写真提供いただきました順に学校ごとに掲載しています

岡山県立西大寺高等学校(岡山県)

eco1.jpg

家庭クラブ委員や参加希望の高校2年生14名で、放課後に家庭科教室に集まってエコフラワーづくりにチャレンジしました。友達と色柄の違う生地を交換して、花びらを組み合わせたり、余っていたレースを付けてアレンジをしたりなどの工夫が見られました。完成したエコフラワーは、家族にプレゼントや自分の部屋に飾る用に持ち帰りました。当校では、令和6年度の家庭科の授業で、まだエコフラワーを作ったことのない新高校2年生が取り組む予定です。身近な制服を通じてSDGsを学ぶ機会にしたいと思います。

(岡山県立西大寺高等学校 手島先生より)

東大阪大学敬愛高等学校(大阪府)

eco10.jpg

ファッション創造コースの学校設定科目「服飾造形ソーイング」の授業で、取り組みました。服飾を手掛けるコースとして、廃材(余り生地)を有効活用し、SDGsの取り組みについて学ぶ機会としたいと考え、また、参加することにより、大阪・関西万博への興味・関心が高まることも期待できると考えました。生徒からは、「本来捨てられてしまうものを再利用して、可愛いお花ができると、嬉しい気持ちになり、何より良いことをした気分になります!」「自分で作ったエコフラワーは感謝の気持ちを添えて、家族にプレゼントしたり、友達と交換したりしたいと思います!」という声が聞かれました。SDGsの取り組みを学校教育で行うことにより、未来を担う若い世代が地球規模での課題に目を向けることができるようになることを期待したいと考えます。

(東大阪大学敬愛高等学校 登記先生より)

光ヶ丘女子高等学校(愛知県)

eco19.jpg

ESDクラブの20名が制服の端切れを使った「エコフラワー」作りに挑戦しました。環境に優しい取り組みとして、芯の部分にはFSC認証の竹箸を、接着剤にはホルムアルデヒド・フタル酸系可塑剤を使用していないコニシの木工用ボンドをそれぞれ使用しました。普段着ている制服の残反や廃棄問題などより身近なSDGs課題に触れることができたと思います。今回はクラブ活動の⼀環で実施しましたが、今後も全校生徒に呼びかけ取り組んでいきます。

(光ヶ丘女子高等学校 尾之内先生より)

大阪市立歌島中学校(大阪府)

eco28.jpg

先日いただきました「エコフラワー」の取り組みについて、子どもたちは楽しく真剣に取り組んでおりました。完成品をみても素晴らしい作品が多数ありました。素晴らしい体験となりましたこと、お礼申しあげます。

(大阪市立歌島中学校 古澤先生より)


篠山小中学校組合立篠山中学校(愛媛県)

eco34.jpg

中学校3年生が主に作りました。中学2年生は受験時に3年生の代わりに布を切るお手伝いをしました。出来上がったエコフラワーは保護者やお世話になった先生方に今までの感謝の気持ちを込めて卒業式の日にカードとともに送りました。保護者の方も先生方もエコフラワーを渡されたとき、この活動の説明を聞き、「いい取り組みですね。」と喜んでいました。今、職員室には3年生からもらった花がずっと飾られており、3年生の優しい思いが表現できたと感じました。今回このプロジェクトに参加させていただかなければ得られなかったと思います。本当にありがとうございました。

(篠山小中学校組合立篠山中学校 山本先生より)


樟蔭高等学校(大阪府)

shoin1.jpg

家庭基礎、高校2年生で取り組ませていただきました。もしかしたら、捨てられていたかもしれない生地でかわいいお花が作れて生徒たちも目を輝かせていました。また、エコフラワー作成後も、生徒に写真撮影、画像共有、編集までチャレンジさせ、非常に楽しそうに取り組んでいたのが、印象的でした。ありがとうございました。

(樟蔭高等学校 新道先生より)