2016.05.04 カンコードリームプロジェクト トピック:総文祭の書道部門で「菅公賞」を受賞!(岡山県立岡山芳泉高等学校 大橋 阿佐子 さん)

「菅公賞」とは?

「全国高等学校総合文化祭」の書道部門の特別賞。夢に向かって書道の研さんに励む生徒を応援するためカンコーが設立した賞です。

岡山県立岡山芳泉高等学校 大橋 阿佐子 さん

kt001-4-ohashi.jpg

「第38回全国高等学校総合文化祭」(いばらき総文2014)の書道部門において、岡山県代表の大橋阿佐子さん(岡山芳泉高校3年)の作品「臨 香紙切」が菅公賞(出品数300点のうちの優秀作品5点)に選ばれました。

33枚の紙に臨書した仮名は、大橋さんが1年がかりで練習を積み仕上げた大作。繊細な連綿の特徴を捉えた品性のある作品として高く評価されました。

kt001-4-shodo.jpg

高校の文化祭では、大筆を使った躍動感あふれる書道パフォーマンスを披露。他にもさまざまな場所で活躍の場を広げています。「見ている人と感動を共にできるパフォーマンスを通じて、書の奥深さを伝えていきたい」と大橋さん。高校生指導者として地元の小学生へのボランティア活動に取り組み、書道文化を伝えています。

校内に掲示している本校の建学の理念を示す『気宇広大』は大橋さんの力強い揮毫によるもの。書道部の活躍は学校生活に深みを与えてくれます。

「校長先生からのひと言」

kt001-4-toyooka.jpg

校内に掲示している本校の建学の理念を示す『気宇広大』は大橋さんの力強い揮毫によるもの。書道部の活躍は学校生活に深みを与えてくれます。

書道部顧問の先生からの評価

kt001-4-komon.jpg

今回の受賞作は、平安時代の優雅で美しい仮名への理解を深めながらその鋭い線質を見事に表現。普段の活動ではさまざまな書に意欲的に取り組んでいます。(日下恭子先生)