2017.11.20 カンコードリームプロジェクト 2017みやぎ総文 ~書道部門レポート! 「菅公賞」 受賞者と支えた先生方の想い

カンコーは、子どもたちの夢を応援する「KANKO DREAM PROJECT」の一環として、夢を持って書道の研さんに励む生徒のみなさんを応援しています。総文祭の書道部門特別賞 「菅公賞」 を受賞された生徒さんの夢・目標や作品にかける想い、そして、陰ながら支えてこ られた顧問の先生方から見た成長の軌跡をご紹介します。

地元 松前町を守り続けた藩主の思いと風土を、自作の言葉で表現したい

北海道松前高等学校 3年 吉田 朱伽さん 「北壁を纏ふ」

 

今回の作品にかける想いは?

私の地元である松前町は、北海道唯一のお城が聳える城下町で、蝦夷地の塞として松前藩主が守り続けてきた歴史ある町です。代々受け継がれてきた藩主の思いや、風土を表現したいと思い自作の言葉でこの題材に取り組みました。作品制作では、おおよそ650枚ひたすら書き込みました。数種類の素材を試行錯誤しながら、効果的な表現を求め、そして感動を与えられるような気持ちで日々練習しました。

夢や目標、これから挑戦したいことは?

今後は、大学進学を目指し、書道学科のある大学でより専門的な知識や技術を磨きたいと思っています。また、書を志す仲間とともに、互いに切磋琢磨しながら自分の書の視野を広げていきたいと思っています。

生徒のこだわりを持って制作する姿勢が、「ほか生徒の模範」となった

書道部顧問 天満谷 貴之先生

活動の様子はいかがでしたか?

書道部の部長として、全体に気を配り常に仲間を思いやる心優しい生徒であり、後輩たちからの信頼も厚い生徒でもあります。自ら進んで積極的に行動できる力、加えて、作品制作に対しこだわりをもって取り組む姿勢など他の生徒の模範となり、3年間を通して大きく成長したと感じています。

今後の指導は?

漢字仮名交じりの書は、題材の選定に時間をかけるようにしています。特に、言葉との出会いや獲得、表現意図をしっかり持たせ、加えて、数種類の題材に挑戦させることで書表現に偏りを生じさせないよう心がけています。書を充実させるには、日々の学校生活や学習面にも全力であれと書道部員にはいつも口癖のように言っています。


カンコーのブランド名の由来でもある 「菅原道真公」 が書の三聖として称えられ、書道の神様 としても信仰されていたことにちなみ、2013しおかぜ総文祭より、書道部門特別賞の中に 「菅公賞」 を新設させていただきました。

カンコーは、子どもたちの夢を応援する 「KANKO DREAM PROJECT」 の一環として、夢を持って書道の研さんに励む生徒のみなさんを応援しています。

―――カンコーは、子どもたちの夢と学びを応援しています―――