2013.12.31 カンコーホームルーム 【Vol.95】「制服のある小学校」

制服のある小学校と言えば、私立や国立の小学校が多く、全国的に制服のある小学校は少ないと思われています。しかし、その一方で、公立の小学校の大半が制服を導入している地域もあるようです。では、全国の小学校の制服採用率はどれくらいなのでしょうか?今回は、全国の20歳以上の男女を対象に、小学時代の通学時の服装や、制服のある小学校の印象について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女1,446人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2013年9~10月

1.小学校への通学時の服装(全体)

全国の20歳以上の男女1,446人を対象に聞いた小学時代の通学時の服装は、「制服」20.4%で約2割となり、最も多かった回答は「私服」の75.7%という結果になりました。

【図1】 あなたは小学生のときに、どのような服装で通学していましたか?(単数回答)

2.小学校への通学時の服装(年代別、地域別)

小学時代の制服着用率は全国平均と比較して、年代別では大きな差は見られませんでした。しかし、地域別に見てみると、「四国」70.0%、「中国」61.3%など、中四国エリアで制服を着用していたという回答が多くなります。また、「東北」では、体操服の着用が13.6%と1割を超えているなど、地域によって小学校の通学時の服装に違いが見られました。

【図2】 あなたは小学生のときに、どのような服装で通学していましたか?(単数回答)

3.制服のある小学校の印象

制服のある小学校の印象は、「統一感がある」39.3%、「きちんとしてそう」38.7%、「礼儀正しそう」38.4%、「頭が良さそう」32.5%といった良いイメージが多いようです。

【図3】 「制服」のある小学校について、どのようなイメージですか?(複数回答)

文部科学省の「学校基本調査」(平成25年度速報)によれば、小学校は全国に21,132校あり、その多くは私服(自由服通学)です。小学校が私服の場合、「好きな服を着ていける」、「個性が出せる」などを良い点としてあげる声もありますが、その一方で、保護者の方からは「毎日何を着せるか悩む」、「洋服代にお金がかかる」、「服装による差や、差別・いじめが起きるのでは」といった不満や不安の声もあるようです。
今回の調査では、20歳以上の男女を対象とした小学時代の通学時の服装については、「私服」75.7%、「制服」20.4%、「体操服」3.9%となり、全国的な制服着用率は約2割でした。この結果については、年代別では大きな差は見られませんでしたが、地域別に見てみると、西日本の小学校では制服着用が多いものの、東日本では少ないという傾向があり、小学校の制服着用率は地域によって違いがあることがわかりました。また、制服のある小学校の印象については、「統一感がある」39.3%、「きちんとしてそう」38.7%、「礼儀正しそう」38.4%、「頭が良さそう」32.5%といった良いイメージを持つ人が多いようです。
全国的に見ると制服を採用している小学校は少ないようですが、小学校の統廃合を契機に新しく制服を導入する場合や、小中一貫校で中学校にあわせて小学校でも制服導入するなど、小学校で制服の採用も徐々に増えています。小学校の制服導入については、賛否両論ありますが、みんなと制服を着ることで自然と一体感が生まれ、服装による差別やいじめを防ぎ、勉強に集中しやすい教育環境を作る教育サポートツールとしても期待されています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

 

▼関連記事
【Vol.79】「母親が思う学校制服の良い点」
みんなの地域は何着てる?小学校の制服・通学服
【Vol.96】「保護者が思う小学校の課題」
【Vol.135】「小学体操服の着用状況」

fig_159_illust.jpg

【Vol.159】 「中高生の尊敬する人」

2019.04.30 カンコーホームルーム 面接などで必ずと言っていいほど聞かれるワードに「あなたの尊敬する人は誰ですか?」という質問があります。そして、尊敬する人としてよく名前があがるのは「恩師・先生」など学校の先生です。では、現在の中高生はどれほどの人が学校の先生を尊敬している人にあげているのでしょうか?今回は中高生の尊敬している人の有無や、尊敬している人物、学校の先生になってほしい著名人について調査しました。

fig_158_illust.jpg

【Vol.158】 「中高生の着たい体操服」

2019.03.26 カンコーホームルーム 体操服は体育の授業や課外活動、部活動や通学など様々な場面で着用されています。学校毎にデザインや色、タイプなども豊富でアイテムや機能など多種多様です。最近では、スポーツブランドの体操服も多くなっています。では、中高生はどのような体操服を着たいと思っているのでしょうか?今回は中高生のスポーツブランド志向や体操服の着用時に気になること、体操服で重視することについて調査しました。

  • fig_157_illust.jpg

    【Vol.157】 「中高生の着たい制服」

    2019.02.26 カンコーホームルーム 中学・高校の多くの学校は制服があり、その制服の種類も多種多様です。では、中高生はどのような制服を着たいと思っているのでしょうか?今回は中高生の着たい制服タイプや良いと思うデザイン、制服の必要性について調査しました。
  • fig_156_illust.jpg

    【Vol.156】 「中高生の着用制服タイプと求めること」

    2019.01.29 カンコーホームルーム 学校制服には、詰襟、セーラー、ブレザー、スーツなど様々なタイプがあります。現在、中高生はどのようなタイプの学校制服を着ているのでしょうか?今回は中高生の着用制服タイプや着ていて気になること、制服に必要だと思うことについて調査しました。 
  • fig_155_illust.jpg

    【Vol.155】 「自己肯定感と自己評価の関係」

    2018.12.25 カンコーホームルーム 日本の子どもは自己肯定感が低いと言われています。自己肯定感とは、「自分は大切な存在だ」、「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態で、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情を意味する言葉です。では、中高生は自分のことをどれほど肯定的に捉えているのでしょうか。今回は、自分自身の自信の有無と、外見と内面のそれぞれの自己評価について調査しました。