2012.08.28 カンコーホームルーム 【Vol.79】「母親が思う学校制服の良い点」

第30回夏季オリンピックがイギリスのロンドンで開催されました。204カ国・地域が参加した開会式では、スーツや民族衣装など、それぞれの国のユニフォームを身にまとった選手団の入場行進は華やかで印象的でした。では、学生のユニフォーム=学校制服については、母親はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校生の母親に、お子様が着用している学校の制服への好感度や良い点、制服の必要性ついて調べました。

調査概要

  • 調査対象:全国の制服を着用している 小中高校生の母親300人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2012年7月

着用制服の好感度

現在、お子様が着用している学校の制服を「気に入っている」と回答したのは、高校生のお子様がいらっしゃる母親が28.0%と最も多く、「どちらかといえば気に入っている」を合わせると、約9割の母親が好感を持っています。全体でも、「気に入っている」「どちらかといえば気に入っている」を合わせると、約8割の母親がお子様の着ている制服に好意を持っていると回答しています。

【図1】お子様が着ている制服を気に入っているか?(単数回答)

制服の良い点

学校で決まった制服があると良い点は、「毎日の服装に悩まなくていい」が1位で、小学校で81.0%、中学校で80.0%、高校で75.0%、全体78.7%になります。2位は「学生らしく見える」、3位は「経済的である(私服を沢山買わなくてもいい)」は半数以上の母親が良い点として回答しています。

【図2】制服の良い点はどのようなところだと思いますか?(複数回答)

制服の必要性

学校制服について、「あったほうがいい」という回答は、小学校のお子様がいらっしゃる母親が72.0%と最も多く、「どちらかといえば、あったほうがよい」25.0%を合わせると、小学校では97.0%の母親が制服は必要だと回答しています。同様に、中学校では96.0%、高校では95.0%、全体では96.0%と、小中高校共にほとんどの母親が制服は必要だと回答しています。

【図3】制服はあったほうがよいか?(単数回答)

ロンドンオリンピックの日本代表選手団のユニフォームは、東日本大震災後はじめてのオリンピックに参加することから、世界中に日本の元気と底力をアピールするためにエネルギッシュなナショナルフラッグカラー(赤と白)でコーディネートされていました。このように、オリンピックのユニフォームは、それぞれの国のシンボルとして様々な思いが託されています。
今回の調査では、全国の学校の制服を着用している小中高校生の母親の約8割が制服に好感を持っていて、9割以上が制服を必要だと回答していました。学校で決まった制服があると良い点としては、「毎日の服装に悩まなくていい」という回答が最も多く、小中学校で8割を超えています。続いて、「学生らしく見える」、「経済的である(私服を沢山買わなくてもいい)」「服装による個人差がでなくていい」「冠婚葬祭にも着られる」など、実用性や経済性の高さを評価する声が多く聞かれました。また、「きちんとした気分になる」「学校への帰属意識や仲間意識が高まる」といったお子様の心理的な変化や効果も制服の良い点として挙げられていました。
母親にとっての学校制服は、実用的で便利なものであると同時に、制服を着ることで気分の変化が起こり、公私のけじめがついたり、きちんとした気分になったりと良い効果があると思われているようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

▼関連記事
みんなの地域は何着てる?小学校の制服・通学服
【Vol.96】「保護者が思う小学校の課題」
【Vol.135】「小学体操服の着用状況」

fig_165_illust.jpg

【Vol.165】「10~60代のLGBTQに関する意識」

2019.10.29 カンコーホームルーム 「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング、 クィア(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。2003年に、「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が制定され、学校における性同一性障害に係る児童生徒への対応についても必要性が認識されるようになり、近年では、性的少数者(LGBTQ)に配慮した学校づくりが広がっています。今回は、10~60代を対象に、「LGBTQ」の認知度や学生時代の「LGBTQ」の当事者の方の有無、「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことについて調査しました。

fig_164_illust.jpg

【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

2019.09.24 カンコーホームルーム 「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。

  • fig_163_illust.jpg

    【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

    2019.08.27 カンコーホームルーム 夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。
  • fig_162_illust.jpg

    【Vol.162】「制服のニオイに関する意識」

    2019.07.30 カンコーホームルーム 夏になって汗をかく季節になりました。汗は体温調節のために必要ですが、汗をかいたあとのニオイを気にする中高生も多いようです。では、中高生は汗をかいたときのニオイの対処をどうのようにしているのでしょうか?今回は制服のニオイ(衣類に付着した臭い)の対処法や汗のニオイが気になりだした時期について調査しました。
  • fig_161_illust.jpg

    Vol.161「女子高校生のスラックス制服に関する意識」

    2019.06.25 カンコーホームルーム 女子制服と言えば、どのような制服を思い浮かべるでしょうか。セーラー服やスーツ、ブレザーにチェック柄のスカートなどをイメージする人が多いようですが、ブレザーにスラックスというパンツスタイルを女子制服として採用する学校も増えています。では、女子高校生自身は制服でスカートとスラックスのどちらを着用したいと思っているのでしょうか?今回は女子高校生のパンツスタイル(スラックス)の認識やイメージについて調査しました。