2021.09.28 カンコーホームルーム 【Vol.188】 10~60代のSDGsに関する意識(2)

fig_188_illust.jpg

SDGsが国連総会で採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)を含む約1週間は、世界各地でSDGsへの意識を高める様々な取り組みやイベントなどが開催されています。では、日本のSDGsに関する意識・行動は、どのような状態なのでしょうか?今回は、10~60代のSDGsの認知度や関心度、現在取り組んでいるSDGsの内容ついて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の10~60代の男女 2,400人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2021年6月

1.「SDGs」の認知度

全国の10~60代の男女2,400人にSDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っているか聞いたところ、全体平均では「知っている」(52.6%)という回答が半数を超えています。年代別にみると10代は「知っている」(73.3%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(17.8%)をあわせると9割以上がSDGsという言葉を知っていると回答しています。次に、20代では「知っている」(56.8%)、30代「知っている」(49.0%)、40代「知っている」(48.0%)と年代が高いほどSDGsを知っているという回答は少なくなります。

fig_188_01.jpg

【図1】 あなたは、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っていますか。(単数回答)

2.「SDGs」の関心度

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標について、女性は「3.すべての人に健康と福祉を」(46.3%)、「1.貧困をなくそう」(44.5%)、「16.平和と公正をすべての人に」(40.3%)が上位に選ばれ、男性と比べて全体的に関心が高いという傾向がみられます。

fig_188_02.jpg

【図2】 SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、あなたが関心のある目標は何ですか。(複数回答)

3.「SDGs」への取り組み

取り組んでいるSDGsの内容は、「買い物時にエコバッグを持参する」や「ゴミの分別、削減、リサイクル」、「エコ商品を購入する」、「物を大切に使う」など普段の生活の中でできることや、「男女差別をしない」、「ジェンダーに対する理解を深める」など、人に関することや、「海のゴミ拾い」、「自然環境保護」など環境に関する様々な取り組みがあげられました。

fig_188_03.jpg

【表1】 あなたが、取り組んでいるSDGsの内容があれば教えてください。(自由回答)

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓い、日本では「持続可能な社会の創り手の育成」として学校教育に取り入れられています。
今回、全国の10~60代を対象にSDGs(持続可能な開発目標)の認知度を年代別に調べたところ、10代は「知っている」(73.3%)、20代では「知っている」(56.8%)、30代「知っている」(49.0%)、40代「知っている」(48.0%)と若者世代で知っているという回答が多いことがわかりました。SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標について、女性は「3.すべての人に健康と福祉を」(46.3%)、「1.貧困をなくそう」(44.5%)、「16.平和と公正をすべての人に」(40.3%)が高いという傾向がみられます。SDGsの取り組み内容は、「買い物時にエコバッグを持参する」、「エコ商品を購入する」、「物を大切に使う」、「男女差別をしない」、「ジェンダーに対する理解を深める」、「自然環境保護」など、環境・社会・経済活動といった様々な取り組みがあげられました。
2019年に実施したSDGsに関する意識調査結果(カンコーホームルームVol.164)と比較して、SDGsの認知度は格段に高くなっています。今、貧困、紛争、気候変動、経済格差、感染症など数多くの課題に直面しているときだからこそ、未来の社会が良くなるように考える機会も重要です。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_195_illust.jpg

【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。

fig_194_illust.jpg

【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。

  • fig_193_illust.jpg

    【Vol.193】高校選びのポイント

    2022.02.22 カンコーホームルーム 1~3月は高校受験・発表の時期です。中学3年生は進学先が決まったり、受験勉強のラストスパートをかけたりしている頃で、中学2年生は来年の高校受験を見据えて、そろそろ志望校を絞って本格的に受験を意識していく時期にもなります。高校を選ぶときの要素は、教育方針・校風や授業内容、学校生活の雰囲気、校則、部活動、卒業生の進路状況など沢山ありますが、どのようなポイントで選んだらいいのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、現在自身が通う高校の好嫌度、高校情報の入手方法と知りたい必要情報について調査しました。
  • fig_192_illust.jpg

    【Vol.192】「女子高校生のスラックス制服に関する意識」(2)

    2022.01.25 カンコーホームルーム 女子制服としてのスラックス制服は、1990年代頃から冬場の寒さ対策や自転車通学時に良いという理由で、数校の中学校・高校で導入されたのが始まりと言われています。近年は、多様性やLGBTQ※の観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。では、高校生は女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対してどのように思っているのでしょうか?今回、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ、着用したい制服のタイプについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。
  • fig_191_illust.jpg

    【Vol.191】高校生の着用制服タイプと求めること

    2021.12.28 カンコーホームルーム 現在、多くの高校に学校制服があります。学校制服には、ブレザー、詰襟(学ラン)、セーラー服、スーツなどのタイプがあり、それぞれの学校独自のデザイン・カラーや素材・機能性・仕様・バリエーションなど、学校毎に指定の制服が定められています。では、高校生はどのようなタイプの制服を着用して、その制服にどのようなことを求めているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、着用制服タイプ、学校制服の好嫌度、制服を着ていて気になることについて調査しました。