2019.09.24 カンコーホームルーム 【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

fig_164_illust.jpg

「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の10〜60代の男女 1,800人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年7月

1.「SDGs」の認知度

全国の10~60代の男女1,800人にSDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っているか聞いたところ、全体平均では「知っている」(16.4%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(18.9%)をあわせると認知度は3割を超えています。年代別にみると10代は「知っている」(29.0%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(23.7%)をあわせると半数以上がSDGsという言葉を知っていると回答し、認知が最も低い40代では「知っている」(10.3%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(17.3%)をあわせても3割に満たない状態でした。

fig_164_01.jpg

【図1】 あなたは、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っていますか。(単数回答)

2.「SDGs」の関心度

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標について、女性は「3.すべての人に健康と福祉を:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」(40.0%)、「2.飢餓をゼロに:飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する」(37.9%)、「6.安全な水とトイレを世界中に:すべての人々に水と衛生へのアクセスを確保する」(36.2%)という目標が上位に選ばれ、男性に比べて相対的に関心が高い傾向にありました。一方、男性はSDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標について「特にない」(30.4%)という回答が最も多いという結果になりました。

fig_164_02.jpg

【図2】 SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、あなたが関心のある目標は何ですか。(複数回答)

3.社会貢献への意向

10~60代の社会貢献への意向は、10代は社会貢献をしたいと「思う」(74.3%)という回答が7割以上であるのに対し、60代は社会貢献をしたいと「思う」(39.7%)という回答が約4割と、年代が高くなるほど社会貢献への意向が低くなる傾向が見られました。

fig_164_03.jpg

【図3】 あなたは、社会貢献したいと思いますか。(単数回答)

SDGsが国連で採択されてから今年で4年目です。しかし、日本では、SDGsという言葉すら知らない人や社会貢献への意向が低い大人が多いというのが現状です。
今回、全国の10~60代を対象にSDGs(持続可能な開発目標)の認知度を調べたところ、認知度が最も高いのは、10代で「知っている」(29.0%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(23.7%)をあわせると半数以上がSDGsという言葉を知っている状態であるのに対し、その親世代の40代は「知っている」(10.3%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(17.3%)をあわせてもSDGsの認知度は3割に満たない状態でした。また、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標は、男女での関心度の違いが見られ、女性は男性に比べてSDGsへの関心が高く、特に「3.すべての人に健康と福祉を」、「2.飢餓をゼロに」、「6.安全な水とトイレを世界中に」、「1.貧困をなくそう」、「4.質の高い教育をみんなに」、「5.ジェンダー平等を実現しよう」という目標への関心があると回答しています。社会貢献への意向については、10代は社会貢献をしたいと「思う」(74.3%)で意識が高く、年齢が高くなるにつれて社会貢献への意向が低くなるようです。SDGsは、世界的な大きな目標と思われがちですが、日本では10代を筆頭に若い世代の認知度や社会貢献への意欲の高さが見られます。
2020年度から小学校、2021年度から中学校の学習指導要領でSDGsに関する教育が導入される予定です。子どもたちや学校だけでなく、大人も企業も地域も社会全体で、未来の社会が良くなるように、SDGsの目標を自分事として取り組むことが求めらています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_198_illust.jpg

【Vol.198】女子制服のスラックス導入の状況

2022.07.26 カンコーホームルーム 近年、性別に関係なく着ることができるジェンダーレス制服の1つとして、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する学校が増えています。では、女子制服のスカートとスラックスの選択制はどれほど導入されているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度と学校での選択制の有無、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージついて調査しました。

fig_197_illust.jpg

【Vol.197】世代別の中学校の制服タイプ

2022.06.28 カンコーホームルーム 中学校の制服といえば、男子は「詰襟(学ラン)」、女子は「セーラー服」という制服タイプをイメージする人も多いと思いますが、近年、男女共に「ブレザー」タイプの制服にデザイン変更をする中学校が増えています。では、昔と比べて中学校の制服は変化しているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に小学・中学・高校のときの制服の着用の有無と、中学時代に着ていた制服タイプについて調査しました。

  • fig_196_illust.jpg

    【Vol.196】子どもの将来の夢(2)

    2022.05.31 カンコーホームルーム 子どもが将来に夢や目標を持つことは、将来なりたい自分の姿をイメージして、自己実現に向けて日々取り組むことができるようになるため重要とされています。しかし、実際は将来の夢や目標を明確に持てない子どもも多いようです。では、親は子どもの将来の夢について、どれくらい知っているのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、子どもの夢の有無、子どもの夢の把握状況、学校教育の政策・動向で重要だと思うことを調査しました。
  • fig_195_illust.jpg

    【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

    2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。
  • fig_194_illust.jpg

    【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

    2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。