2019.09.24 カンコーホームルーム 【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

fig_164_illust.jpg

「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の10〜60代の男女 1,800人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年7月

1.「SDGs」の認知度

全国の10~60代の男女1,800人にSDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っているか聞いたところ、全体平均では「知っている」(16.4%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(18.9%)をあわせると認知度は3割を超えています。年代別にみると10代は「知っている」(29.0%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(23.7%)をあわせると半数以上がSDGsという言葉を知っていると回答し、認知が最も低い40代では「知っている」(10.3%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(17.3%)をあわせても3割に満たない状態でした。

fig_164_01.jpg

【図1】 あなたは、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っていますか。(単数回答)

2.「SDGs」の関心度

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標について、女性は「3.すべての人に健康と福祉を:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」(40.0%)、「2.飢餓をゼロに:飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する」(37.9%)、「6.安全な水とトイレを世界中に:すべての人々に水と衛生へのアクセスを確保する」(36.2%)という目標が上位に選ばれ、男性に比べて相対的に関心が高い傾向にありました。一方、男性はSDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標について「特にない」(30.4%)という回答が最も多いという結果になりました。

fig_164_02.jpg

【図2】 SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、あなたが関心のある目標は何ですか。(複数回答)

3.社会貢献への意向

10~60代の社会貢献への意向は、10代は社会貢献をしたいと「思う」(74.3%)という回答が7割以上であるのに対し、60代は社会貢献をしたいと「思う」(39.7%)という回答が約4割と、年代が高くなるほど社会貢献への意向が低くなる傾向が見られました。

fig_164_03.jpg

【図3】 あなたは、社会貢献したいと思いますか。(単数回答)

SDGsが国連で採択されてから今年で4年目です。しかし、日本では、SDGsという言葉すら知らない人や社会貢献への意向が低い大人が多いというのが現状です。
今回、全国の10~60代を対象にSDGs(持続可能な開発目標)の認知度を調べたところ、認知度が最も高いのは、10代で「知っている」(29.0%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(23.7%)をあわせると半数以上がSDGsという言葉を知っている状態であるのに対し、その親世代の40代は「知っている」(10.3%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(17.3%)をあわせてもSDGsの認知度は3割に満たない状態でした。また、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標は、男女での関心度の違いが見られ、女性は男性に比べてSDGsへの関心が高く、特に「3.すべての人に健康と福祉を」、「2.飢餓をゼロに」、「6.安全な水とトイレを世界中に」、「1.貧困をなくそう」、「4.質の高い教育をみんなに」、「5.ジェンダー平等を実現しよう」という目標への関心があると回答しています。社会貢献への意向については、10代は社会貢献をしたいと「思う」(74.3%)で意識が高く、年齢が高くなるにつれて社会貢献への意向が低くなるようです。SDGsは、世界的な大きな目標と思われがちですが、日本では10代を筆頭に若い世代の認知度や社会貢献への意欲の高さが見られます。
2020年度から小学校、2021年度から中学校の学習指導要領でSDGsに関する教育が導入される予定です。子どもたちや学校だけでなく、大人も企業も地域も社会全体で、未来の社会が良くなるように、SDGsの目標を自分事として取り組むことが求めらています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_182_illust.jpg

【Vol.182】部活動で身につく力

2021.03.30 カンコーホームルーム 進学時に生徒が注目する学校生活の1つに「部活動」があります。部活動は、学校教育の一環として、生徒の自主的・自発的な自由参加により、授業クラスの違う生徒や異なる年齢・学年の生徒と共に、スポーツや文化、科学など様々な内容が行われています。では、部活動の取り組みによって、どのような力が身についているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の子どもを持つ母親1,200人を対象に、お子様の部活動の加入状況、部活動で得たもの、職場や地域社会で必要な力について調査しました。

fig_180_illust2.jpg

【Vol.181】「LGBTQ」の生徒への服装の配慮

2021.02.23 カンコーホームルーム 最近では、性別に関わらず自分が着たいと思うスタイルの制服を着ることのできる学校があったり、ジェンダーフリーを目指すための制服としてジェンダーレス制服を採用する学校も増えるなど、制服の在り方も変化しています。では、学校での「LGBTQ」の生徒への服装の配慮はどのような状態なのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に、「LGBTQ」※という言葉の認知度、学校での服装による「LGBTQ」の生徒への配慮、ジェンダーレス制服として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

  • fig_180_illust.jpg

    【Vol.180】「学校制服の詰襟・セーラーの評価」

    2021.01.26 カンコーホームルーム 近年、学校制服のブレザー化が進んでいます。ブレザーを採用する背景には、その学校らしさを象徴するデザインや色・柄・エンブレムなどを用いて学校の個性を引き出したり、ジャケットの着脱が容易であるため温度調整がしやすかったり、服装で男女を区別しない配慮などがあります。では、旧来からある詰襟(学ラン)・セーラーは、どのように思われているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に詰襟(学ラン)・セーラーの評価と、お子様に着せたい制服のタイプについて調査しました。
  • fig_179_illust.jpg

    【Vol.179】「母親が学校制服に求めること」

    2020.12.29 カンコーホームルーム 新しい年を迎えると、卒入学シーズンが近づき、制服の話題も増えていきます。特に、お子様の制服選びは、学校生活を快適に過ごすうえで重要であるため慎重になる方も多いようです。では、学校制服に必要なことはどのようなことでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象にお子様の通う学校制服の評価と、学校制服で気になることや必要なことについて調査しました。
  • fig_178_illust.jpg

    【Vol.178】「いじめの把握と対応状況」

    2020.11.24 カンコーホームルーム SNSなどを用いたいじめについては、外部から見えにくい・匿名性が高いなどの性質を有するため、いじめの実態を学校や保護者が認知しきれていない場合もあるようです。では、自分の子どもがいじめの被害にあったときに、保護者はどのような対応をしているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象にお子様の学校のいじめの有無、いじめの相談を受けた経験、いじめ被害にあった時の行動について調査しました。