2017.09.22 キャリア教育 外部リソースを活用して子どもたちの「体験値」を積ませる【第2回】

鹿児島県薩摩川内市の、川島学園れいめい中学校・高等学校。社会変化の中で、子どもたちが実際に何かを「体験できる場」が減少していることを課題と捉え、さまざまな取り組みを導入し生徒たちの体験値を高めています。今回は学校が特に重要視する、「こころ」と「からだ」の鍛錬につながる新たな取り組み「クロスフィット」を全3回に渡ってご紹介します。第2回は、中学3年生への導入事例について、中学校体育科の松田先生に語っていただきます。

第1回記事を見る

運動習慣のない子どもたちに対する新たな試み 【中学3年の体育への導入】



れいめい中学校  体育科 松田 友里香 先生

これまでの体育の授業では、運動が苦手な生徒に全体のレベルを合わせざるを得ず、「体力の強化」という目的まではなかなか達せられないというジレンマがありました。しかしクロスフィットなら十分な運動強度があり、最初は抵抗を示していた運動習慣のない生徒たちも置いてけぼりにならず、楽しくトレーニングに取り組めています。中学3年生の「ダンス・体づくり運動」の時間を活用し、年間で24コマ、クロスフィットを行います。まだ導入後4回の授業しか行っていないにも関わらず、運動が苦手な生徒たちが前向きに体育に取り組むようになりました。体育以外の授業や休み時間などの日常生活においても、おとなしかった生徒たちが明るくなり、自分の意見をはっきり言えるようになっているのが感じられます。畑瀬さんは生徒たち一人ひとりをとてもよく見ていて、子どもたちが恥ずかしがらずにモチベーションを高められるよう、その生徒に合った声掛けを絶妙なタイミングで行っています。そうした声掛けの手法や雰囲気作りを勉強し、私自身、授業に活かせるよう参考にしています。


授業レポート

授業が始まると、まずはトレーナーの畑瀬さんから当日の授業の流れが説明がはじまります。展開されるプログラムはどれも生徒たちがゲーム感覚で身体を動かせるものばかりで、「運動を楽しむ」ことと「運動を習慣づける」ことに重点が置かれています。チームで競い合うプログラムを通して生徒たちがチーム同士で応援し合うような様子も見られ、仲間を励まし合いながら運動を楽しんでいる様子が印象的でした。

◎生徒インタビュー


れいめい中学校3年 長谷部 泰地さん

元々運動があまり好きではなく、どちらかというと苦手でした。でも、クロスフィットの授業はゲーム形式で友達と競い合えるのでとても楽しく、今は月1回の授業が待ち遠しいです。クロスフィットの授業が始まって3か月、相変わらず運動はあまり好きではありませんが、家に帰ってから運動する時間は徐々に増えてきたように感じます。



【第1回記事を読む】  【クロスフィット導入を通じて目指すビジョン】 徳留 秀樹 校長
【第3回記事を読む】  【サッカー部への導入】 沖田 遼太郎 先生

「カンコーは、子どもたちの夢と学びを応援しています」
※本稿は、(一社)カンコー教育ソリューション研究協議会からの業務委託により、菅公学生服株式会社がお届けする学校現場のお悩み解決を目的とした教育関係者様向け情報誌 『カンコータイムズ』 を基に加筆した記事です。