2018.04.24 カンコーホームルーム 【Vol.147】 「理想の先生(2)」

fig_147_illust.jpg

理想の先生とは、どのような先生なのでしょうか?教育熱心な先生、優しい先生、厳しい先生、面白い先生・・・など、イメージする先生像は様々です。今回は、20~60代の社会人を対象に学校の先生に対するイメージと、学校の先生になってほしいと思う著名人について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:20~60代の男女 1,500人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2018年1月

1.学校の先生に対するイメージ評価

20~60代の社会人が思う学校の先生に対するイメージは、「とても良い」(9.5%)、「まあ良い」(34.5%)を合わせると半数近くが良い印象を持っているという結果になりました。しかし、「あまり良くない」(10.8%)、「悪い」(5.1%)という回答も1割を超えていました。

fig_147_01.jpg

【図1】 学校の先生に対して、どのようなイメージを持っていますか。(単数回答) 

2.イメージ評価の理由

学校の先生のイメージで、良いと回答した理由は、「生徒に向き合ってくれる」、「生徒の話を公平によく聞いてくれた」、「生徒に対して親身になってくれる先生が多かった」など、生徒への接し方が影響をしているようです。さらに、「生き方を学ぶことができたから」、「大いに学ぶ先生も多く、人格面でもいい影響を受けた」など、生徒の人生にも大きな影響を与えている先生が良い先生として評価されています。その一方で、先生のイメージが悪いと回答した理由は、「その場限りの対応」、「見て見ぬふり」、「いじめを受けた時、助けてくれなかった」など、教育者としての資質を疑うような理由もあげられました。

fig_147_02.jpg

【表1】 学校の先生に対するイメージ理由。(自由回答)

3.学校の先生になってほしいと思う著名人(文化・芸能・スポーツなどの有名人)

男性部門の1位の「松岡修造」は、「熱血指導で頼もしい」、「生徒と真剣に向き合ってくれそう」という理由で圧倒的に支持されています。2位の「イチロー」は、「努力の大切さを身をもって伝えてくれそう」、「世界で通用する視野を伝えてくれる」という努力家であり、世界で活躍していることが理由として多くあげられました。3位の「明石家さんま」は、「面白い」、「楽しく授業が受けれそう」というユーモアのあるところが良いとされていました。
女性部門の1位は「天海祐希」は、「厳しくも優しく指導してくれそう」、「サバサバしている」など、かっこいい女性という点がトップの理由でした。2位の「吉田沙保里」は、「精神的にも強そうだから」「困難に立ち向かう術を教えてくれそう」といったメンタル面の強さが支持され、3位の「澤穂希」は、「リーダーシップで、クラスの雰囲気を良くしてくれそう」、「フロンティア精神に満ち溢れている」など、先駆者として牽引してくれそうという理由で選ばれていました。

fig_147_03.jpg

【表2】 学校の先生になってほしいと思う著名人
(文化・芸能・スポーツなどの有名人)は誰ですか。(自由回答)

理想の先生は、時代とともに変化しています。2018年の調査では、スポーツ選手が理想の先生として男女ともに多く選ばれました。
今回、20~60代の社会人を対象にした学校の先生に対するイメージ調査では、「とても良い」(9.5%)、「まあ良い」(34.5%)を合わせると半数近くが良い印象を持っていることがわかりました。その理由は、「生徒に向き合ってくれる」、「生き方を学ぶことができたから」など、学生時代だけではなく、人生にも大きな影響を与えている先生が良い先生として評価されています。しかし、先生のイメージが悪いと回答では、「その場限りの対応」、「見て見ぬふり」、「いじめを受けた時、助けてくれなかった」など、教育者としての資質を疑うような理由もあげられました。また、理想の先生では、男性部門の1位「松岡修造」、2位「イチロー」、3位「明石家さんま」が選ばれ、女性部門の1位「天海祐希」、2位「吉田沙保里」、3位「澤穂希」といったトップアスリートが、指導面やリーダーシップ、メンタルの強さなどから上位にあげられています。
学校の先生は、生徒に対して基礎学力、社会のルールやマナー、道徳意識などを教育者として教えることはもとより、努力をすることの大切や、困難な場面でも諦めずにやりぬく力などを、先生自身の生き方を通じて生徒に育むことも今の時代には求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

 

関連記事
fig_195_illust.jpg

【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。

fig_194_illust.jpg

【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。

  • fig_193_illust.jpg

    【Vol.193】高校選びのポイント

    2022.02.22 カンコーホームルーム 1~3月は高校受験・発表の時期です。中学3年生は進学先が決まったり、受験勉強のラストスパートをかけたりしている頃で、中学2年生は来年の高校受験を見据えて、そろそろ志望校を絞って本格的に受験を意識していく時期にもなります。高校を選ぶときの要素は、教育方針・校風や授業内容、学校生活の雰囲気、校則、部活動、卒業生の進路状況など沢山ありますが、どのようなポイントで選んだらいいのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、現在自身が通う高校の好嫌度、高校情報の入手方法と知りたい必要情報について調査しました。
  • fig_192_illust.jpg

    【Vol.192】「女子高校生のスラックス制服に関する意識」(2)

    2022.01.25 カンコーホームルーム 女子制服としてのスラックス制服は、1990年代頃から冬場の寒さ対策や自転車通学時に良いという理由で、数校の中学校・高校で導入されたのが始まりと言われています。近年は、多様性やLGBTQ※の観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。では、高校生は女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対してどのように思っているのでしょうか?今回、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ、着用したい制服のタイプについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。
  • fig_191_illust.jpg

    【Vol.191】高校生の着用制服タイプと求めること

    2021.12.28 カンコーホームルーム 現在、多くの高校に学校制服があります。学校制服には、ブレザー、詰襟(学ラン)、セーラー服、スーツなどのタイプがあり、それぞれの学校独自のデザイン・カラーや素材・機能性・仕様・バリエーションなど、学校毎に指定の制服が定められています。では、高校生はどのようなタイプの制服を着用して、その制服にどのようなことを求めているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、着用制服タイプ、学校制服の好嫌度、制服を着ていて気になることについて調査しました。