2018.04.24 カンコーホームルーム 【Vol.147】 「理想の先生(2)」

fig_147_illust.jpg

理想の先生とは、どのような先生なのでしょうか?教育熱心な先生、優しい先生、厳しい先生、面白い先生・・・など、イメージする先生像は様々です。今回は、20~60代の社会人を対象に学校の先生に対するイメージと、学校の先生になってほしいと思う著名人について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:20~60代の男女 1,500人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2018年1月

1.学校の先生に対するイメージ評価

20~60代の社会人が思う学校の先生に対するイメージは、「とても良い」(9.5%)、「まあ良い」(34.5%)を合わせると半数近くが良い印象を持っているという結果になりました。しかし、「あまり良くない」(10.8%)、「悪い」(5.1%)という回答も1割を超えていました。

fig_147_01.jpg

【図1】 学校の先生に対して、どのようなイメージを持っていますか。(単数回答) 

2.イメージ評価の理由

学校の先生のイメージで、良いと回答した理由は、「生徒に向き合ってくれる」、「生徒の話を公平によく聞いてくれた」、「生徒に対して親身になってくれる先生が多かった」など、生徒への接し方が影響をしているようです。さらに、「生き方を学ぶことができたから」、「大いに学ぶ先生も多く、人格面でもいい影響を受けた」など、生徒の人生にも大きな影響を与えている先生が良い先生として評価されています。その一方で、先生のイメージが悪いと回答した理由は、「その場限りの対応」、「見て見ぬふり」、「いじめを受けた時、助けてくれなかった」など、教育者としての資質を疑うような理由もあげられました。

fig_147_02.jpg

【表1】 学校の先生に対するイメージ理由。(自由回答)

3.学校の先生になってほしいと思う著名人(文化・芸能・スポーツなどの有名人)

男性部門の1位の「松岡修造」は、「熱血指導で頼もしい」、「生徒と真剣に向き合ってくれそう」という理由で圧倒的に支持されています。2位の「イチロー」は、「努力の大切さを身をもって伝えてくれそう」、「世界で通用する視野を伝えてくれる」という努力家であり、世界で活躍していることが理由として多くあげられました。3位の「明石家さんま」は、「面白い」、「楽しく授業が受けれそう」というユーモアのあるところが良いとされていました。
女性部門の1位は「天海祐希」は、「厳しくも優しく指導してくれそう」、「サバサバしている」など、かっこいい女性という点がトップの理由でした。2位の「吉田沙保里」は、「精神的にも強そうだから」「困難に立ち向かう術を教えてくれそう」といったメンタル面の強さが支持され、3位の「澤穂希」は、「リーダーシップで、クラスの雰囲気を良くしてくれそう」、「フロンティア精神に満ち溢れている」など、先駆者として牽引してくれそうという理由で選ばれていました。

fig_147_03.jpg

【表2】 学校の先生になってほしいと思う著名人
(文化・芸能・スポーツなどの有名人)は誰ですか。(自由回答)

理想の先生は、時代とともに変化しています。2018年の調査では、スポーツ選手が理想の先生として男女ともに多く選ばれました。
今回、20~60代の社会人を対象にした学校の先生に対するイメージ調査では、「とても良い」(9.5%)、「まあ良い」(34.5%)を合わせると半数近くが良い印象を持っていることがわかりました。その理由は、「生徒に向き合ってくれる」、「生き方を学ぶことができたから」など、学生時代だけではなく、人生にも大きな影響を与えている先生が良い先生として評価されています。しかし、先生のイメージが悪いと回答では、「その場限りの対応」、「見て見ぬふり」、「いじめを受けた時、助けてくれなかった」など、教育者としての資質を疑うような理由もあげられました。また、理想の先生では、男性部門の1位「松岡修造」、2位「イチロー」、3位「明石家さんま」が選ばれ、女性部門の1位「天海祐希」、2位「吉田沙保里」、3位「澤穂希」といったトップアスリートが、指導面やリーダーシップ、メンタルの強さなどから上位にあげられています。
学校の先生は、生徒に対して基礎学力、社会のルールやマナー、道徳意識などを教育者として教えることはもとより、努力をすることの大切や、困難な場面でも諦めずにやりぬく力などを、先生自身の生き方を通じて生徒に育むことも今の時代には求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

 

関連記事
fig_164_illust.jpg

【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

2019.09.24 カンコーホームルーム 「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。

fig_163_illust.jpg

【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

2019.08.27 カンコーホームルーム 夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。

  • fig_162_illust.jpg

    【Vol.162】「制服のニオイに関する意識」

    2019.07.30 カンコーホームルーム 夏になって汗をかく季節になりました。汗は体温調節のために必要ですが、汗をかいたあとのニオイを気にする中高生も多いようです。では、中高生は汗をかいたときのニオイの対処をどうのようにしているのでしょうか?今回は制服のニオイ(衣類に付着した臭い)の対処法や汗のニオイが気になりだした時期について調査しました。
  • fig_161_illust.jpg

    Vol.161「女子高校生のスラックス制服に関する意識」

    2019.06.25 カンコーホームルーム 女子制服と言えば、どのような制服を思い浮かべるでしょうか。セーラー服やスーツ、ブレザーにチェック柄のスカートなどをイメージする人が多いようですが、ブレザーにスラックスというパンツスタイルを女子制服として採用する学校も増えています。では、女子高校生自身は制服でスカートとスラックスのどちらを着用したいと思っているのでしょうか?今回は女子高校生のパンツスタイル(スラックス)の認識やイメージについて調査しました。
  • fig_160_illust2.jpg

    【Vol.160】 「中高生のSDGsに関する意識」

    2019.05.28 カンコーホームルーム 最近、「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉がメディアに取り上げられる機会が増えています。「SDGs」は、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを基本的な理念としていますが、言葉を初めて聞く、内容がよくわからないという人も多いのではないでしょうか?今回は中高生の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。