2018.05.08 人づくり・現場指導 多様な性と制服について

昨今、テレビや新聞でも話題になっているLGBT。複数のテレビ局や新聞社の方から学生服メーカーである私たちにお問い合わせをいただき、みなさんの関心の高さを感じています。
カンコー学生服でも「LGBTと制服」という切り離せない課題にどう向き合うべきかを考えています。

インターネットの書き込みには「制服とLGBTではなく制服とTの問題」という言葉や、「制服をなくせばいい」という意見もありました。なかには、「少数派の人を優先して多数の人が我慢するのか?」そんな言葉もありました。

学生服メーカーである私たちにできることは何でしょうか。

学生服メーカーに勤務しながら苦悩することもあります。みんなに愛され、楽しく学校生活を送ってもらいたいと思いデザインし縫製している制服が子どもたちの心を苦しめているという事実。当事者の方々のお話を聞くたびに「できることは何か」という思いでいっぱいでした。
性別違和や性別が揺らいでいる子どもたちだけではなく、全ての子どもたちがのびのびと生きていけるようにお手伝いができないかと思い始めました。

※LGBT(L:Lesbian・レズビアン、G:Gay・ゲイ、B:Bisexual・バイセクシュアル、T:Transgender・トランスジェンダー)
参考文献:「封じ込められた子ども、その心を聴く」岡山大学ジェンダークリニック 医師 中塚幹也 著

 

ボーダーレスユニフォームの提案

カンコー学生服では、業界でも先駆的にボーダーレスユニフォームを提案してきました。
宗教、身体の不自由、アレルギー、体の大きな方、小さな方、多様な性の方(LGBT含む)どんな方でも着られるようにという視点で制服のデザインや設計を考えています。

例えば身体の不自由な方で手が動かせない生徒さんは、「手が動かせないこと」が障害なのではなく、「ボタン」が障害になってきます。この障害をなくすため、ボタンをなくし、マジックテープで簡単に止められるように改良したりします。
こういった視点で性別違和を持たれている生徒さんが自認の性の制服を着たくても着られない「障害は何か」と考えたとき、真っ先に浮かんだのは「人の目」、偏見だと感じました。

この「障害」をなくさなければ制服だけではなく全ての問題は解決しないと思います。

 

多様な性(LGBT含む)に対するカンコー学生服の取組み

現在、多様な性(LGBT含む)に対する世間の認識も広がり、対応する学校も増えています。

カンコー学生服でも女子スラックスを採用いただいている学校は全国600校以上となり、20年前に比べ急激に増えています。

しかし、トランスガール(生まれたときに割り当てられた性は男性で心の性は女性)の生徒さんがスカートを履くことはハードルが高いと言います。人の目や、自分に似合わないと感じる方が多いそうです。もちろん、メーカーとしてモノを提供することはできます。しかし、「作るだけ」で終わらせないことが学生服メーカーとして、そして子どもたちの夢と学びを応援する企業としての責任であると考えます。

わたしたちは多様な生徒さんのココロを受け止め、モノ作りにとどまらない活動を今後も行っていきます。一人一人の子どもたちの自分らしい夢と学びを応援します。