2016.02.03 キャリア教育 キャリア教育を考える「生きる力を育む学びとは」前編

近年、教育現場でますます要請が高まりつつある「キャリア教育」。学校の先生方もその意義を認めつつも、進路指導や職業教育と実際どう違うのか、あらためてその本質が問われています。子どもたちが自ら生きる力を発見していく学びとはなにか。さまざまな大人との触れ合いを通じて、子どもの学びの意欲を育てる活動を行っている生重幸恵さんに、「キャリア教育」の在り方についてお聞きしました。二回に渡ってお届けします。

キャリア教育コーディネーター 生重 幸恵さん

IKUSIGESAN-1

求められるのは「社会を生き抜く力」

国は、小・中・高校と、児童生徒の発達段階に応じた「キャリア教育」の推進を施策に掲げており、近年その必要性や期待感が高まってきています。学校での「キャリア教育プログラム」というと、インターンシップや職場体験など、“職業”と結びつけて考えられがちですが、もともとの語源をひもとくと、キャリアという言葉には、荷馬車を牽いた跡の“轍(わだち)”という意味があります。言い換えれば、人生の行路や足あと、自分が歩んできた道のり、と捉えることもできますね。

そう考えると、キャリア教育は生まれた時から始まっています。「おはよう」と朝起きて一日が始まり、外に出れば笑顔で人にあいさつをする、靴を揃える、食事の時のいただきます、ごちそうさま、身の回りの整理整頓、そんな躾やマナーも生きるための大切な技術です。

 その上で「キャリア教育」とはなにかー。あえて定義するなら、私は、人生の終わりまで自分らしく生きていくために必要な態度や知識、能力を身につけていくこと。そしてそれを将来使えるようにしていくための教育と考えています。

 学校行事や教科と連動してキャリア教育へとつなげる

学校行事を例にとると、文化祭に関わる企画やパンフレットづくりなども良いキャリア教育プログラムになります。

キャッチーなコピーを作るための表現力や文章力、デザイン力や編集力、合わせて情報モラルなどの知識も必要になりますね。実際にたくさんの人に足を運んでもらうためにはどんな企画がいいか。アイデアも試されますね。

目の前の現実的な課題が、本気で取り組む原動力にもなっていきます。そのためには、大人が先に答えを与えず、子どもが主体となるよう任せてみることです。子ども自身がよりよいものを導き出す過程の中で、初めて探究心が育まれます。ディスカッションさせながらチームでものを作る力=連帯感を育てていくのもいいですね。

 その際、外部の人材を活用することも、質の高いキャリア教育の実践につながります。プロの編集者やコピーライターに発想の仕方をレクチャーしてもらったり、実際に取材やインタビューなどワークを体験させてみる。外部の人材や空気が入ることで、学校生活の中では現れてこない子どもたちの資質や才能に光があたることもあります。

 同じように、“家電”をテーマにして産業構造を学ぶのであれば、メーカーの開発者をゲストティーチャーに迎えて製品ができるまでの話を聞いたり、さらにマーケティングの手法を学んだりと、つなげて学習を組んでいくことができます。

学校のある地域の特性や環境を生かして、身近な問題や課題からさまざまなプログラムを展開してほしいと思いますね。

学習したことを、いかにして日々の生活や実社会の営みとつなげて考えさせられるか。そのことが子どもの関心をひきつけるきっかけになるんですね。教科書の中だけの知識ではなく、産業や農業、環境など、社会の営みに関わるありとあらゆるテーマでつながりをもたせていく学習は、実際に楽しいものになります。

 

後編を見る