2021.05.25 カンコーホームルーム 【Vol.184】冬制服の家庭洗濯の実態

fig_184_illust.jpg

学校制服には、冬服・夏服・合服などの季節に応じたアイテムバリエーションが採用されています。その中で冬服は、ブレザー、セーラー、詰襟などの厚手でしっかりした重衣料が多いため、クリーニングに出すという家庭も見られますが、冬制服も家庭洗濯をしているという人も少なくないようです。では、冬制服の家庭洗濯の実態は、どのような状況なのでしょうか?今回は、全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親744人を対象に、冬制服の家庭洗濯の状況、家庭洗濯時の不安の有無と、その理由について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親 744人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2021年1月

1.冬制服の家庭洗濯の状況

家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親に、冬制服を家庭の洗濯機で洗ったことがあるか質問したところ「ある」(85.1%)という回答が多く、8割以上が家庭洗濯の経験があるようです。

fig_184_01.jpg

【図1】 制服を家庭の洗濯機で、洗ったことはありますか。(単数回答)

2.家庭洗濯時の不安の有無

家庭洗濯経験者を対象に、制服を家庭の洗濯機で洗う際の不安の有無について尋ねると、「不安だった」(14.1%)と「やや不安だった」(47.6%)を合わせると6割以上が、家庭洗濯は不安だったと回答しています。

fig_184_02.jpg

【図2】 制服を家庭の洗濯機で洗う際、不安はありましたか。(単数回答)

3.家庭洗濯時の不安の理由

制服を家庭洗濯するときの不安は、「型崩れ」(92.8%)が圧倒的に多く、次に「縮み」(45.6%)、「生地が傷む」(41.3%)、「シワがよる」(40.3%)、「プリーツ(折り目)がとれる」(36.4%)などが理由としてあげられました。

fig_184_03.jpg

【図3】 家庭の洗濯機で制服を洗う際、不安を感じた理由は何ですか。(複数回答)

昔は家庭の洗濯機では洗えないというイメージがあった学校制服ですが、近年、縫製技術や素材機能の進化によって、ブレザー、セーラー、詰襟などの重衣料も家庭洗濯できるものが増えています。
今回、全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校の子どもを持つ母親を対象にした調査では、冬制服の家庭洗濯の状況は、8割以上が家庭の洗濯機で洗った経験が「ある」という結果でした。その家庭洗濯経験者が制服を家庭の洗濯機で洗う際、「不安だった」(14.1%)、「やや不安だった」(47.6%)という回答状況から、制服の家庭洗濯は不安だと感じている人が多いということがわかりました。不安の内容としては、「型崩れ」(92.8%)、「縮み」(45.6%)、「生地が傷む」(41.3%)、「シワがよる」(40.3%)、「プリーツ(折り目)がとれる」(36.4%)など、家庭洗濯による制服のダメージや再現性の低下を心配していることがうかがえます。
学校制服は毎日着るものだからこそ、見た目にわからなくても汗や皮脂などで汚れ、その蓄積した汚れがニオイやシミの原因になったり、最近ではバイ菌やウイルスの付着も心配されていることから、こまめに洗える家庭洗濯のニーズは高まっています。さらに、家庭洗濯可能というだけでなく、何度洗っても新品と同じような再現性を有して、いつも清潔でキレイな状態で着続けられる丈夫な制服も求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_197_illust.jpg

【Vol.197】世代別の中学校の制服タイプ

2022.06.28 カンコーホームルーム 中学校の制服といえば、男子は「詰襟(学ラン)」、女子は「セーラー服」という制服タイプをイメージする人も多いと思いますが、近年、男女共に「ブレザー」タイプの制服にデザイン変更をする中学校が増えています。では、昔と比べて中学校の制服は変化しているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に小学・中学・高校のときの制服の着用の有無と、中学時代に着ていた制服タイプについて調査しました。

fig_196_illust.jpg

【Vol.196】子どもの将来の夢(2)

2022.05.31 カンコーホームルーム 子どもが将来に夢や目標を持つことは、将来なりたい自分の姿をイメージして、自己実現に向けて日々取り組むことができるようになるため重要とされています。しかし、実際は将来の夢や目標を明確に持てない子どもも多いようです。では、親は子どもの将来の夢について、どれくらい知っているのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、子どもの夢の有無、子どもの夢の把握状況、学校教育の政策・動向で重要だと思うことを調査しました。

  • fig_195_illust.jpg

    【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

    2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。
  • fig_194_illust.jpg

    【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

    2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。
  • fig_193_illust.jpg

    【Vol.193】高校選びのポイント

    2022.02.22 カンコーホームルーム 1~3月は高校受験・発表の時期です。中学3年生は進学先が決まったり、受験勉強のラストスパートをかけたりしている頃で、中学2年生は来年の高校受験を見据えて、そろそろ志望校を絞って本格的に受験を意識していく時期にもなります。高校を選ぶときの要素は、教育方針・校風や授業内容、学校生活の雰囲気、校則、部活動、卒業生の進路状況など沢山ありますが、どのようなポイントで選んだらいいのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、現在自身が通う高校の好嫌度、高校情報の入手方法と知りたい必要情報について調査しました。