2021.05.25 カンコーホームルーム 【Vol.184】冬制服の家庭洗濯の実態

fig_184_illust.jpg

学校制服には、冬服・夏服・合服などの季節に応じたアイテムバリエーションが採用されています。その中で冬服は、ブレザー、セーラー、詰襟などの厚手でしっかりした重衣料が多いため、クリーニングに出すという家庭も見られますが、冬制服も家庭洗濯をしているという人も少なくないようです。では、冬制服の家庭洗濯の実態は、どのような状況なのでしょうか?今回は、全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親744人を対象に、冬制服の家庭洗濯の状況、家庭洗濯時の不安の有無と、その理由について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親 744人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2021年1月

1.冬制服の家庭洗濯の状況

家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親に、冬制服を家庭の洗濯機で洗ったことがあるか質問したところ「ある」(85.1%)という回答が多く、8割以上が家庭洗濯の経験があるようです。

fig_184_01.jpg

【図1】 制服を家庭の洗濯機で、洗ったことはありますか。(単数回答)

2.家庭洗濯時の不安の有無

家庭洗濯経験者を対象に、制服を家庭の洗濯機で洗う際の不安の有無について尋ねると、「不安だった」(14.1%)と「やや不安だった」(47.6%)を合わせると6割以上が、家庭洗濯は不安だったと回答しています。

fig_184_02.jpg

【図2】 制服を家庭の洗濯機で洗う際、不安はありましたか。(単数回答)

3.家庭洗濯時の不安の理由

制服を家庭洗濯するときの不安は、「型崩れ」(92.8%)が圧倒的に多く、次に「縮み」(45.6%)、「生地が傷む」(41.3%)、「シワがよる」(40.3%)、「プリーツ(折り目)がとれる」(36.4%)などが理由としてあげられました。

fig_184_03.jpg

【図3】 家庭の洗濯機で制服を洗う際、不安を感じた理由は何ですか。(複数回答)

昔は家庭の洗濯機では洗えないというイメージがあった学校制服ですが、近年、縫製技術や素材機能の進化によって、ブレザー、セーラー、詰襟などの重衣料も家庭洗濯できるものが増えています。
今回、全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校の子どもを持つ母親を対象にした調査では、冬制服の家庭洗濯の状況は、8割以上が家庭の洗濯機で洗った経験が「ある」という結果でした。その家庭洗濯経験者が制服を家庭の洗濯機で洗う際、「不安だった」(14.1%)、「やや不安だった」(47.6%)という回答状況から、制服の家庭洗濯は不安だと感じている人が多いということがわかりました。不安の内容としては、「型崩れ」(92.8%)、「縮み」(45.6%)、「生地が傷む」(41.3%)、「シワがよる」(40.3%)、「プリーツ(折り目)がとれる」(36.4%)など、家庭洗濯による制服のダメージや再現性の低下を心配していることがうかがえます。
学校制服は毎日着るものだからこそ、見た目にわからなくても汗や皮脂などで汚れ、その蓄積した汚れがニオイやシミの原因になったり、最近ではバイ菌やウイルスの付着も心配されていることから、こまめに洗える家庭洗濯のニーズは高まっています。さらに、家庭洗濯可能というだけでなく、何度洗っても新品と同じような再現性を有して、いつも清潔でキレイな状態で着続けられる丈夫な制服も求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_192_illust.jpg

【Vol.192】「女子高校生のスラックス制服に関する意識」(2)

2022.01.25 カンコーホームルーム 女子制服としてのスラックス制服は、1990年代頃から冬場の寒さ対策や自転車通学時に良いという理由で、数校の中学校・高校で導入されたのが始まりと言われています。近年は、多様性やLGBTQ※の観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。では、高校生は女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対してどのように思っているのでしょうか?今回、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ、着用したい制服のタイプについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

fig_191_illust.jpg

【Vol.191】高校生の着用制服タイプと求めること

2021.12.28 カンコーホームルーム 現在、多くの高校に学校制服があります。学校制服には、ブレザー、詰襟(学ラン)、セーラー服、スーツなどのタイプがあり、それぞれの学校独自のデザイン・カラーや素材・機能性・仕様・バリエーションなど、学校毎に指定の制服が定められています。では、高校生はどのようなタイプの制服を着用して、その制服にどのようなことを求めているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、着用制服タイプ、学校制服の好嫌度、制服を着ていて気になることについて調査しました。

  • fig_190_illust.jpg

    【Vol.190】高校生が考える「学校制服の必要性」

    2021.11.30 カンコーホームルーム 日本中のどこでも当たり前のように目にする風景に「学校制服」があります。時代の変遷とともにデザインや機能など変化している学校制服ですが、実際に学校制服を着る立場の高校生たちは学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1年生~3年生の男女1,099人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性とその理由について調査しました。
  • fig_189_illust.jpg

    【Vol.189】「ジェンダーレス制服」の導入背景

    2021.10.26 カンコーホームルーム 近年、ファッション業界で「ジェンダーレス」という性別に関係なく着ることのできるファッションが注目されています。この潮流は、学校制服においても見られ、男女兼用のブレザータイプの制服や、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する動きが増加しています。では、「ジェンダーレス制服」は、どのような背景で広がっているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員を対象に、服装による「LGBTQ」の生徒・児童への配慮の現状、学校での「LGBTQ」生徒・児童の把握状況、「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。
  • fig_188_illust.jpg

    【Vol.188】 10~60代のSDGsに関する意識(2)

    2021.09.28 カンコーホームルーム SDGsが国連総会で採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)を含む約1週間は、世界各地でSDGsへの意識を高める様々な取り組みやイベントなどが開催されています。では、日本のSDGsに関する意識・行動は、どのような状態なのでしょうか?今回は、10~60代のSDGsの認知度や関心度、現在取り組んでいるSDGsの内容ついて調査しました。