2021.02.23 カンコーホームルーム 【Vol.181】「LGBTQ」の生徒への服装の配慮

fig_180_illust.jpg

最近では、性別に関わらず自分が着たいと思うスタイルの制服を着ることのできる学校があったり、ジェンダーフリーを目指すための制服としてジェンダーレス制服を採用する学校も増えるなど、制服の在り方も変化しています。では、学校での「LGBTQ」の生徒への服装の配慮はどのような状態なのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に、「LGBTQ」※という言葉の認知度、学校での服装による「LGBTQ」の生徒への配慮、ジェンダーレス制服として良いと思うスタイルについて調査しました。

※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2020年11月

1.「LGBTQ」という言葉の認知度

「LGBTQ」という言葉について、全国の中学・高校の子どもを持つ母親の認知度は、「知っている」(60.3%)と「聞いたことはあるが内容は知らない」(19.8%)を合わせると約8割が知っているという結果になりました。

fig_180_01.jpg

【図1】 あなたは、「LGBTQ」という言葉を知っていますか。(単数回答)

2.服装による「LGBTQ」の生徒への配慮状況

子どもが通う中学・高校の「LGBTQ」の生徒への服装の配慮状況は、「服装による配慮をしている」(15.9%)、「服装による配慮はしていない」(40.5%)という結果となり、服装による配慮をしている学校は少ないという状況でした。また、「わからない」(43.6%)という回答も4割以上あり、学校がなんらかの服装の配慮をしていてもその情報が保護者に伝わっていない様子もうかがえました。

fig_180_02.jpg

【図2】 お子様が通う学校は、服装による「LGBTQ」の生徒への配慮はされていますか。(単数回答)

3.ジェンダーレス制服として良いと思うスタイル

「LGBTQ」の生徒への配慮のためにジェンダーレス制服として良いと思うものは、「スカート・スラックス・リボン・ネクタイなど男女関係なく、自由に選べるようにする」(53.0%)が最も多く、次に「男女共通デザインのブレザーの採用」(44.1%)、「女子スラックス」(37.8%)、「色やシルエットなど男女の違いを出さない工夫」(18.0%)などがあげられました。

fig_180_03.jpg

【図3】 「LGBTQ」の生徒への配慮のため、ジェンダーレス制服として良いと思うものは何ですか。(複数回答)

文部科学省は、2015年4月、全国の学校に「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」の中で、「自認する性別の制服・衣服や、体操着の着用を認める。」と学校における支援の事例を通知し、これ以降、「LGBTQ」の生徒への服装の配慮も急速に広がっています。
今回、全国の中学・高校の子どもを持つ母親を対象にした調査では、「LGBTQ」という言葉の認知度は、「知っている」(60.3%)と「聞いたことはあるが内容は知らない」(19.8%)をあわせると、中学・高校の子どもを持つ母親の約8割が「LGBTQ」という言葉を認識している状態にありました。しかし、中学・高校の「LGBTQ」の生徒への服装の配慮は、「服装による配慮をしている」(15.9%)という結果で2割にも満たない状況で、残りの8割は「服装による配慮はしていない」や「わからない」という回答が多く、服装の配慮をしていない学校や、または、服装の配慮をしていても保護者に伝わっていない学校が多いようです。「LGBTQ」の生徒への配慮のためにジェンダーレス制服として良いと思うスタイルは、「スカート・スラックス・リボン・ネクタイなど男女関係なく、自由に選べるようにする」(53.0%)、「男女共通デザインのブレザーの採用」(44.1%)、「女子スラックス」(37.8%)、「色やシルエットなど男女の違いを出さない工夫」(18.0%)など、性別によって着用する制服のスタイルを決めない工夫や、そもそも性別による差がでないように男女同じ制服が良いとの回答がみられました。
現在、ジェンダーフリーの実現に向けて取り組む学校の多くが、女子生徒に対して「スカート」と「スラックス」の選択を許可しています。一方で、男子生徒が「スラックス」と「スカート」の両方が選択できる学校は少ない状況です。これは、女性は「スカートもスラックスも履く」が、男性は「スカートを履かない」という社会文化に起因していると推測されます。この社会文化がある以上、学校でどちらでも好きな制服を着ても良いと言われても、そのスタイルの制服を着ることがカミングアウトになり、カミングアウトしたくない生徒はもっと悩んでしまうこともあるようです。このことからも、制服を性別に関わらず自由に選べるようになっても「選び難い」環境では意味がなく、「選びやすい」環境にしていくことも重要と言えます。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_197_illust.jpg

【Vol.197】世代別の中学校の制服タイプ

2022.06.28 カンコーホームルーム 中学校の制服といえば、男子は「詰襟(学ラン)」、女子は「セーラー服」という制服タイプをイメージする人も多いと思いますが、近年、男女共に「ブレザー」タイプの制服にデザイン変更をする中学校が増えています。では、昔と比べて中学校の制服は変化しているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に小学・中学・高校のときの制服の着用の有無と、中学時代に着ていた制服タイプについて調査しました。

fig_196_illust.jpg

【Vol.196】子どもの将来の夢(2)

2022.05.31 カンコーホームルーム 子どもが将来に夢や目標を持つことは、将来なりたい自分の姿をイメージして、自己実現に向けて日々取り組むことができるようになるため重要とされています。しかし、実際は将来の夢や目標を明確に持てない子どもも多いようです。では、親は子どもの将来の夢について、どれくらい知っているのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、子どもの夢の有無、子どもの夢の把握状況、学校教育の政策・動向で重要だと思うことを調査しました。

  • fig_195_illust.jpg

    【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

    2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。
  • fig_194_illust.jpg

    【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

    2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。
  • fig_193_illust.jpg

    【Vol.193】高校選びのポイント

    2022.02.22 カンコーホームルーム 1~3月は高校受験・発表の時期です。中学3年生は進学先が決まったり、受験勉強のラストスパートをかけたりしている頃で、中学2年生は来年の高校受験を見据えて、そろそろ志望校を絞って本格的に受験を意識していく時期にもなります。高校を選ぶときの要素は、教育方針・校風や授業内容、学校生活の雰囲気、校則、部活動、卒業生の進路状況など沢山ありますが、どのようなポイントで選んだらいいのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、現在自身が通う高校の好嫌度、高校情報の入手方法と知りたい必要情報について調査しました。