2019.10.29 カンコーホームルーム 【Vol.165】「10~60代のLGBTQに関する意識」

fig_165_illust.jpg

「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング、クィア(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。2003年に、「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が制定され、学校における性同一性障害に係る児童生徒への対応についても必要性が認識されるようになり、近年では、性的少数者(LGBTQ)に配慮した学校づくりが広がっています。今回は、10~60代を対象に、「LGBTQ」の認知度や学生時代の「LGBTQ」の当事者の方の有無、「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の10〜60代の男女 1,800人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年7月

1.「LGBTQ」という言葉の認知度

「LGBTQ」という言葉については、10~60代の各年代全体平均では、「知っている」(60.7%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(19.9%)をあわせると、約8割が認知していると回答していました。年代別にみると、10代は「知っている」(68.7%)という回答が最も多く、60代は「知っている」(47.3%)という回答が半数を下回りました。

fig_165_01.jpg

【図1】 あなたは、「LGBTQ」という言葉を知っていますか。(単数回答)

2.学生時代の「LGBTQ」の当事者の方の有無

「LGBTQ」の当事者の方の有無については、全体平均では「いた」(21.0%)と、5人に1人が学生時代に自身の周囲(または自分自身)に、「LGBTQ」の当事者の方がいたと回答していました。最も多い年代は、20代の「いた」(32.0%)であり、最も少ない年代は60代の「いた」(6.3%)という状況で、年代が高くなるほど当事者の方の存在の認識は低くなる傾向が見られました。

fig_165_02.jpg

【図2】 学生時代に、あなたの周囲(または自分自身)には、
「LGBTQ」の当事者の方はいらっしゃいましたか。(単数回答)

3.「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたこと

「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことは、「トイレ」、「体育の時の着替えやプールの時間」、「服装」など、目で見てわかる物理的なことがあげられました。また、「周りと自分が違うこと」、「恋愛」、「誰にも言えないこと」、「周りの理解が得られないこと」など、精神的な苦しみも困っていたこととしてあげられました。

fig_165_03.jpg

【表1】 「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことは、何ですか。(自由回答)

文部科学省が2014年に公表した調査結果では、性同一性障害の児童生徒606人のうち、43.1%が「隠している」と回答し、周囲に知られないよう学校生活を送っているようです。
今回、全国の10~60代を対象に「LGBTQ」の認知度を調べたところ、言葉の認知度は各年代全体平均では、「LGBTQ」という言葉を「知っている」(60.7%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(19.9%)をあわせると、約8割が認知していて、認知度は高いという結果でした。また、「LGBTQ」の当事者の方の学生時代の存在認識の有無については、全体平均では「いた」(21.0%)と、5人に1人が学生時代に自身の周囲(または自分自身)に、「LGBTQ」の当事者の方がいたと回答しています。しかし、この結果は年代によって大きな開きがあり、最も多い年代は、20代の「いた」(32.0%)であり、最も少ない年代は60代の「いた」(6.3%)という状況で、年代が高くなるほど当事者の存在の認識は低くなる傾向が見られます。その「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことは、「トイレ」、「体育の時の着替えやプールの時間」、「服装」、「周りと自分が違うこと」、「恋愛」、「誰にも言えないこと」、「周りの理解が得られないこと」など、物理的な面と精神的な面の両方が存在しています。
文部科学省が「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細やかな対応の実施などについて」を通知したことにより、男女別だけでなく誰でも使えるトイレを設けたり、制服のデザインや校則を改訂したりする学校が増えつつあります。社会・学校においても「LGBTQ」への理解と取り組みが自然に進むことが期待されています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_198_illust.jpg

【Vol.198】女子制服のスラックス導入の状況

2022.07.26 カンコーホームルーム 近年、性別に関係なく着ることができるジェンダーレス制服の1つとして、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する学校が増えています。では、女子制服のスカートとスラックスの選択制はどれほど導入されているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度と学校での選択制の有無、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージついて調査しました。

fig_197_illust.jpg

【Vol.197】世代別の中学校の制服タイプ

2022.06.28 カンコーホームルーム 中学校の制服といえば、男子は「詰襟(学ラン)」、女子は「セーラー服」という制服タイプをイメージする人も多いと思いますが、近年、男女共に「ブレザー」タイプの制服にデザイン変更をする中学校が増えています。では、昔と比べて中学校の制服は変化しているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に小学・中学・高校のときの制服の着用の有無と、中学時代に着ていた制服タイプについて調査しました。

  • fig_196_illust.jpg

    【Vol.196】子どもの将来の夢(2)

    2022.05.31 カンコーホームルーム 子どもが将来に夢や目標を持つことは、将来なりたい自分の姿をイメージして、自己実現に向けて日々取り組むことができるようになるため重要とされています。しかし、実際は将来の夢や目標を明確に持てない子どもも多いようです。では、親は子どもの将来の夢について、どれくらい知っているのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、子どもの夢の有無、子どもの夢の把握状況、学校教育の政策・動向で重要だと思うことを調査しました。
  • fig_195_illust.jpg

    【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

    2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。
  • fig_194_illust.jpg

    【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

    2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。