2019.08.27 カンコーホームルーム 【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

fig_163_illust.jpg

夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の10〜60代の男女 1,800人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年7月

1.学生時代のクラブ・部活動の参加状況

学生時代のクラブ・部活動の参加状況は、中学校の頃が最も多く「中学時代」(80.9%)でした。次に、「高校時代」(61.3%)、「小学時代」(46.9%)という状況で、「クラブ・部活動はしていない」(9.7%)という回答は約1割という結果でした。

fig_163_01.jpg

【図1】 あなたは学生時代(小学生~高校生)に、クラブ・部活動はしていましたか。(複数回答)

2.学生時代に参加していたクラブ・部活動

学生時代(小学生~高校生)に参加していたクラブ・部活動は、「テニス・ソフトテニス」(10.5%)、「吹奏楽」(8.7%)、「バスケットボール」(7.8%)、「バレーボール」(7.7%)、「卓球」(7.1%)、「野球」(6.8%)の順で多いという状況でした。また、「その他」(15.0%)では、英会話、将棋、天文、陶芸、アーチェリー、ゴルフなどがありました。

fig_163_02.jpg

【図2】 あなたが学生時代にしていた主なクラブ・部活動は何ですか。
※複数していた場合は主に取り組んでいたクラブ・部活動を1つお答えください。(単数回答)

3.学生時代に参加していたクラブ・部活動の評価

学生時代にしていたクラブ・部活動について、今振り返ってどのように思うかを尋ねたところ、「とても良い」(33.8%)、「まあ良い」(40.1%)をあわせると7割以上が良かったと思っています。その理由としては、「楽しかった」、「友達、仲間が増えた」、「チームで努力することを学んだ」、「基礎体力がついた」、「コミュニケーション能力が身についた」、「今でもいい思い出」などの声がありました。

fig_163_03.jpg

【図3】 あなたは学生時代にしていたクラブ・部活動について、今振り返ってどのように思われますか。
※複数していた場合は主に取り組んでいたクラブ・部活動についてお答えください。(単数回答)

2020年夏には日本でオリンピック・パラリンピックが開催されることから、スポーツへの関心が高まっています。学校のクラブ・部活動の経験を通じて、世界で活躍するプロ選手になったり、文化芸術の第一人者として活躍したり、また、コミュニケーション能力など社会人としても役立つ基礎づくりにも貢献しているようです。
今回は全国の10~60代の男女を対象に学生時代のクラブ・部活動の参加状況を尋ねたところ、「中学時代」(80.9%)、「高校時代」(61.3%)、「小学時代」(46.9%)という状況で、中学生の頃は約8割がクラブ・部活動に参加していたという結果でした。学生時代に参加していたクラブ・部活動は、「テニス・ソフトテニス」(10.5%)、「吹奏楽」(8.7%)、「バスケットボール」(7.8%)、「バレーボール」(7.7%)、「卓球」(7.1%)、「野球」(6.8%)の順で多く、学生時代にしていたクラブ・部活動については、友達や仲間が出来たことや、基礎体力やコミュニケーション能力が身についたことから、今振り返ってみて、7割以上がクラブ・部活動に参加して良かったと評価しています。
現在、生徒の意識・ライフスタイルの変化などから参加生徒の減少や、教員の多忙や指導者の不在などの課題もみられますが、学生時代にクラブ・部活動をしていて良かったという声の多さからも学生時代のクラブ・部活動の経験は貴重と言えます。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_182_illust.jpg

【Vol.182】部活動で身につく力

2021.03.30 カンコーホームルーム 進学時に生徒が注目する学校生活の1つに「部活動」があります。部活動は、学校教育の一環として、生徒の自主的・自発的な自由参加により、授業クラスの違う生徒や異なる年齢・学年の生徒と共に、スポーツや文化、科学など様々な内容が行われています。では、部活動の取り組みによって、どのような力が身についているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の子どもを持つ母親1,200人を対象に、お子様の部活動の加入状況、部活動で得たもの、職場や地域社会で必要な力について調査しました。

fig_180_illust2.jpg

【Vol.181】「LGBTQ」の生徒への服装の配慮

2021.02.23 カンコーホームルーム 最近では、性別に関わらず自分が着たいと思うスタイルの制服を着ることのできる学校があったり、ジェンダーフリーを目指すための制服としてジェンダーレス制服を採用する学校も増えるなど、制服の在り方も変化しています。では、学校での「LGBTQ」の生徒への服装の配慮はどのような状態なのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に、「LGBTQ」※という言葉の認知度、学校での服装による「LGBTQ」の生徒への配慮、ジェンダーレス制服として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

  • fig_180_illust.jpg

    【Vol.180】「学校制服の詰襟・セーラーの評価」

    2021.01.26 カンコーホームルーム 近年、学校制服のブレザー化が進んでいます。ブレザーを採用する背景には、その学校らしさを象徴するデザインや色・柄・エンブレムなどを用いて学校の個性を引き出したり、ジャケットの着脱が容易であるため温度調整がしやすかったり、服装で男女を区別しない配慮などがあります。では、旧来からある詰襟(学ラン)・セーラーは、どのように思われているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に詰襟(学ラン)・セーラーの評価と、お子様に着せたい制服のタイプについて調査しました。
  • fig_179_illust.jpg

    【Vol.179】「母親が学校制服に求めること」

    2020.12.29 カンコーホームルーム 新しい年を迎えると、卒入学シーズンが近づき、制服の話題も増えていきます。特に、お子様の制服選びは、学校生活を快適に過ごすうえで重要であるため慎重になる方も多いようです。では、学校制服に必要なことはどのようなことでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象にお子様の通う学校制服の評価と、学校制服で気になることや必要なことについて調査しました。
  • fig_178_illust.jpg

    【Vol.178】「いじめの把握と対応状況」

    2020.11.24 カンコーホームルーム SNSなどを用いたいじめについては、外部から見えにくい・匿名性が高いなどの性質を有するため、いじめの実態を学校や保護者が認知しきれていない場合もあるようです。では、自分の子どもがいじめの被害にあったときに、保護者はどのような対応をしているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象にお子様の学校のいじめの有無、いじめの相談を受けた経験、いじめ被害にあった時の行動について調査しました。