2019.08.27 カンコーホームルーム 【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

fig_163_illust.jpg

夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の10〜60代の男女 1,800人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年7月

1.学生時代のクラブ・部活動の参加状況

学生時代のクラブ・部活動の参加状況は、中学校の頃が最も多く「中学時代」(80.9%)でした。次に、「高校時代」(61.3%)、「小学時代」(46.9%)という状況で、「クラブ・部活動はしていない」(9.7%)という回答は約1割という結果でした。

fig_163_01.jpg

【図1】 あなたは学生時代(小学生~高校生)に、クラブ・部活動はしていましたか。(複数回答)

2.学生時代に参加していたクラブ・部活動

学生時代(小学生~高校生)に参加していたクラブ・部活動は、「テニス・ソフトテニス」(10.5%)、「吹奏楽」(8.7%)、「バスケットボール」(7.8%)、「バレーボール」(7.7%)、「卓球」(7.1%)、「野球」(6.8%)の順で多いという状況でした。また、「その他」(15.0%)では、英会話、将棋、天文、陶芸、アーチェリー、ゴルフなどがありました。

fig_163_02.jpg

【図2】 あなたが学生時代にしていた主なクラブ・部活動は何ですか。
※複数していた場合は主に取り組んでいたクラブ・部活動を1つお答えください。(単数回答)

3.学生時代に参加していたクラブ・部活動の評価

学生時代にしていたクラブ・部活動について、今振り返ってどのように思うかを尋ねたところ、「とても良い」(33.8%)、「まあ良い」(40.1%)をあわせると7割以上が良かったと思っています。その理由としては、「楽しかった」、「友達、仲間が増えた」、「チームで努力することを学んだ」、「基礎体力がついた」、「コミュニケーション能力が身についた」、「今でもいい思い出」などの声がありました。

fig_163_03.jpg

【図3】 あなたは学生時代にしていたクラブ・部活動について、今振り返ってどのように思われますか。
※複数していた場合は主に取り組んでいたクラブ・部活動についてお答えください。(単数回答)

2020年夏には日本でオリンピック・パラリンピックが開催されることから、スポーツへの関心が高まっています。学校のクラブ・部活動の経験を通じて、世界で活躍するプロ選手になったり、文化芸術の第一人者として活躍したり、また、コミュニケーション能力など社会人としても役立つ基礎づくりにも貢献しているようです。
今回は全国の10~60代の男女を対象に学生時代のクラブ・部活動の参加状況を尋ねたところ、「中学時代」(80.9%)、「高校時代」(61.3%)、「小学時代」(46.9%)という状況で、中学生の頃は約8割がクラブ・部活動に参加していたという結果でした。学生時代に参加していたクラブ・部活動は、「テニス・ソフトテニス」(10.5%)、「吹奏楽」(8.7%)、「バスケットボール」(7.8%)、「バレーボール」(7.7%)、「卓球」(7.1%)、「野球」(6.8%)の順で多く、学生時代にしていたクラブ・部活動については、友達や仲間が出来たことや、基礎体力やコミュニケーション能力が身についたことから、今振り返ってみて、7割以上がクラブ・部活動に参加して良かったと評価しています。
現在、生徒の意識・ライフスタイルの変化などから参加生徒の減少や、教員の多忙や指導者の不在などの課題もみられますが、学生時代にクラブ・部活動をしていて良かったという声の多さからも学生時代のクラブ・部活動の経験は貴重と言えます。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_175_illust.jpg

【Vol.175】「新型コロナウイルスと学校生活」

2020.08.25 カンコーホームルーム 新型コロナウイルスの感染者数は、世界で2,000万人を超え(2020年8月時点)、日本では感染の波が若年層である学生にも広がっています。学校生活にも大きな変化を余儀なくされている中、今、学校ではどのような課題があるのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に新型コロナウイルス感染症に対する意識、学校での感染症の予防・対策や、学校行事・活動の影響について調査しました。

fig_174_illust.jpg

【Vol.174】「日本の制服文化」

2020.07.28 カンコーホームルーム 世界には196か国の国があります。外務省の発表資料によると、これは現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。このように多くの国々がある中、日本に住む人々は、日本のことをどのように感じているのでしょうか?今回は、日本に対する印象や学校制服について、全国の10~60代の男女2,472人に調査しました。

  • fig_173_illust.jpg

    【Vol.173】「オンライン授業の状況」

    2020.06.30 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。
  • fig_172_illust.jpg

    【Vol.172】「9月入学制の賛否」

    2020.05.26 カンコーホームルーム 学校の新学期のスタートを、4月から9月に変更する「9月入学制」を求める動きが強まっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長引く中、子どもの学習遅れの打開策として入学式を秋にずらす「9月入学制」案が急浮上していますが、子どもを持つ保護者の方はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、現在(2020年5月)の子どもの通学状況、子どもに関する不安、9月入学制の賛否について調査しました。
  • fig_171_illust.jpg

    【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

    2020.04.28 カンコーホームルーム 学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。