2019.05.28 カンコーホームルーム 【Vol.160】 「中高生のSDGsに関する意識」

fig_160_illust.jpg

最近、「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉がメディアに取り上げられる機会が増えています。「SDGs」は、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを基本的な理念としていますが、言葉を初めて聞く、内容がよくわからないという人も多いのではないでしょうか?今回は中高生の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中高校生の男女 1,000人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年3月

1.「SDGs」の認知度

全国の中高生にSDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っているか聞いたところ、高校生は「知っている」(6.6%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(19.6%)をあわせると認知度は2割を超えています。中学生は「知っている」(4.8%)、「聞いたことはあるが内容は知らない」(13.6%)をあわせると認知度は2割に満たないという状況でした。

fig_160_01.jpg

【図1】 あなたは、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉を知っていますか。(単数回答)

2.「SDGs」の関心度

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標は、「3.すべての人に健康と福祉を(あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する)」(21.1%)、「2.飢餓をゼロに(飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する)」(19.1%)、「1.貧困をなくそう(あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ)」(16.1%)という目標が上位に選ばれました。また、「特にない」(42.6%)という回答が最も多いという結果になりました。

fig_160_02.jpg

【図2】 SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、あなたが関心のある目標は何ですか。(複数回答)

3.社会貢献への意向

中高生の社会貢献への意向は、社会貢献をしたいと「思う」(74.6%)、「思わない」(25.4%)という結果となり、社会貢献をしたいと思っている中高生は7割を超えました。

fig_160_03.jpg

【図3】 あなたは、社会貢献したいと思いますか。(単数回答)

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
今回、全国の中高校生を対象にSDGs(持続可能な開発目標)の認知度を調べたところ、高校生は「知っている」(6.6%)、中学生は「知っている」(4.8%)という状況で、SDGsについて内容まで知っているという中高生は非常に少ないという結果になりました。また、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標で関心のある目標は、「3.すべての人に健康と福祉を」、「2.飢餓をゼロに」、「1.貧困をなくそう」などが選ばれましたが、目標への関心は「特にない」(42.6%)という回答が最も多く、SDGs(持続可能な開発目標)の関心の低さがうかがえました。一方で、社会貢献をしたいと「思う」という回答は7割を超えていて、社会のために貢献できることがあれば何かをしたいと思っている中高生は多いようです。
中高生のSDGs(持続可能な開発目標)の認知度や関心度は非常に低い状態です。しかし、社会全体をみると、環境省や外務省など省庁の動きとともに、SDGs達成に向けた優れた取り組みを提案する29の自治体が「SDGs未来都市」として選定されたり、学校の授業や入試などでもSDGs課題が取り上げられたりしていることから、学校教育現場においての注目は年々高まっているようです。国際目標と言うと遠い話のように感じますが、国際的な視野を持ち、課題を知り、持続可能な社会を形成していくために、一人一人が自分でできることにチャレンジすることが期待されています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_166_illust.jpg

【Vol.166】「学校教育の課題」

2019.11.26 カンコーホームルーム 児童・生徒が行きたくなるような魅力的な学校とは、どのような学校でしょうか?現在、文部科学省の令和元年の学校基本調査(速報値)によると、日本には、小学校19,738校、中学校10,222校、高等学校4,887校があります。その1校1校に教育方針が定められているように、学校毎に特色があります。では、世の中の人が学校教育の課題と思っていることはどのようなことでしょうか?今回は、10~60代の男女1,800人を対象に、学校の魅力・特長、学校制服の関心度、学校教育の課題について調査しました。

fig_165_illust.jpg

【Vol.165】「10~60代のLGBTQに関する意識」

2019.10.29 カンコーホームルーム 「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング、 クィア(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。2003年に、「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が制定され、学校における性同一性障害に係る児童生徒への対応についても必要性が認識されるようになり、近年では、性的少数者(LGBTQ)に配慮した学校づくりが広がっています。今回は、10~60代を対象に、「LGBTQ」の認知度や学生時代の「LGBTQ」の当事者の方の有無、「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことについて調査しました。

  • fig_164_illust.jpg

    【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

    2019.09.24 カンコーホームルーム 「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。
  • fig_163_illust.jpg

    【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

    2019.08.27 カンコーホームルーム 夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。
  • fig_162_illust.jpg

    【Vol.162】「制服のニオイに関する意識」

    2019.07.30 カンコーホームルーム 夏になって汗をかく季節になりました。汗は体温調節のために必要ですが、汗をかいたあとのニオイを気にする中高生も多いようです。では、中高生は汗をかいたときのニオイの対処をどうのようにしているのでしょうか?今回は制服のニオイ(衣類に付着した臭い)の対処法や汗のニオイが気になりだした時期について調査しました。