2018.07.31 カンコーホームルーム 【Vol.150】 「子ども時代に伸ばしたい非認知的能力」

fig_150_illust.jpg

近年、「非認知的能力」の育成に注目が高まっています。「非認知的能力」とは、IQ(知能指数)や学力など数値化できる認知しやすい能力とは異なり、忍耐力やコミュニケーション力、自信や楽観性などの数値化しにくい能力と言われています。では、社会に出てから「非認知的能力」は必要なのでしょうか。今回は、20~60代の社会人を対象に「非認知的能力」の認知度や仕事をする上で必要だと思う力、子どものときに伸ばしたいと思う力について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20~60代の男女 1,500人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2018年1月

1.「非認知的能力」の認知度

20~60代の社会人に「非認知的能力」という言葉を知っているのか尋ねたところ、「聞いた(見た)ことがあり、内容を知っている」(7.9%)と「聞いた(見た)ことはあるが、内容は知らない」(26.8%)と合わせると、「非認知的能力」という言葉を3割強の人が知っていると回答しています。

fig_150_01.jpg

【図1】 あなたは、「非認知的能力」という言葉を知っていますか。 (単数回答)

2.社会で必要な力

自分自身が社会に出て仕事をする上で必要と思った力は、「社会人マナー」(75.4%)と「コミュニケーション力」(74.8%)が圧倒的に多く、続いて、「判断力」(64.5%)、「協調性」(59.4%)、「行動力」(58.7%)といった数値化が難しい能力が上位にあげられています。次に、「基礎学力」(56.9%)という数値で認知できる能力が入りましたが、その次も、「忍耐力」(56.5%)、「思考力」(51.9%)、「表現力」(39.1%)などの非認知的な能力が多いという結果になりました。

fig_150_02.jpg

【図2】 あなたが、社会に出て仕事をする上で必要だと思った力は何ですか。 (複数回答)

3.子どものときに伸ばしたい力

子どものときに伸ばしたい力・身につけておきたいと思う力は、「自分の意見や考えをきちんと他者に伝えられる力。」(50代女性)、「ディスカッション能力と自己主張できる心。」(30代女性)、「自分の考えを示せる。自ら考えて行動する力。」(20代女性)といった自分の考えを相手に伝えるコミュニケーション能力や、「型にはまらない自由な発想力。」(40代女性)、「自分の未来を想像できる力。目標があればいつかたどり着ける。」(40代男性)などの思い描く力や、「すぐ投げ出さずに継続してする姿勢。」(60代男性)、「あきらめない力、挑戦する力。」(30代男性)など、やり抜く力などがあげられました。

fig_150_03.jpg

【表1】 子どものときに伸ばしたい力・身につけておきたいと思う力は、どのような力ですか。 (自由回答)

社会が急速に変化していく中で、学力だけではない「非認知的能力」(Non Cognitive Skills)の必要性が高まっています。その「非認知的能力」を育む過程において、学童期は、子ども同士の関係や思考・認知力の質が変化する発達段階だからこそ獲得できる「非認知的能力」があるという研究も進んでいます。
今回、20~60代の社会人を対象に、「非認知的能力」の認知度を調べたところ、「非認知的能力という言葉を聞いた(見た)とがある」という回答は3割強でしたが、社会で必要と思う力について聞くと、「コミュニケーション力」(74.8%)、「判断力」(64.5%)、「協調性」(59.4%)、「行動力」(58.7%)、「忍耐力」(56.5%)、「思考力」(51.9%)、「表現力」(39.1%)などの非認知的な能力が多いという結果となり、子どものときに伸ばしたい力・身につけておきたいと思う力についても、自分の考えを相手に伝えられるコミュニケーション能力や、型にはまらない自由な発想力、相手の気持ちや未来を思い描く力、困難なことに対しても粘り強く立ち向かう忍耐力、最後までやり抜く力などがあげられたことからも、「非認知的能力」が重要であることがわかりました。
子どもの未来につながる力・学びへ向かう力の形成には、学童期の「非認知的能力」の育成が重要と言えます。その「非認知的能力」をどのようにして育んでいくのか、学童期の豊かな体験・機会を通じて、子どもが楽しみながら「非認知的能力」を伸ばす体験やプログラムが求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。