2018.06.26 カンコーホームルーム 【Vol.149】 「学生時代のいじめの実態」

fig_149_illust.jpg

文部科学省が2018年2月に公表した「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」によると、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校におけるいじめの認知(発生)件数は、32万3,143件で、昭和60年度の調査開始以来、過去最多を記録しています。社会的に問題視されながら増加している「いじめ」は、昔からあったのでしょうか?今回は、20歳以上の男女を対象に学生時代のいじめの実態について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:20~60代の男女 1,500人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2018年1月

1.学生時代のいじめの有無

学生時代に学校でいじめが「あった」という人は55.1%で、20~60代の社会人の半数以上が学生時代にいじめがあったと回答しています。

fig_149_01.jpg

【図1】 学生時代に学校で、いじめはありましたか。(単数回答)

2.いじめのあった時期

学生時代にいじめがあったと回答した人を対象に、いじめがあった時期(学校)を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「中学校」(68.4%)、次に「小学校」(67.7%)が多く、「高等学校」(23.8%)においても5人に1人以上が学生時代にいじめがあったと回答していました。

fig_149_02.jpg

【図2】 いじめがあった学生時代は、いつですか。(複数回答)

3.いじめを受けた経験

自身がいじめを受けた経験については、20~60代の全体平均では「ある」(42.3%)となりました。年代別にみると、20代・30代では「ある」(52.7%)と半数を上回りましたが、40代は「ある」(48.7%)、50代は「ある」(38.3%)、60代は「ある」(19.3%)と年代が高くなるほど、いじめを受けた経験は少なくなりました。

fig_149_03.jpg

【図3】 あなた自身、いじめを受けた経験はありますか。(単数回答)

4.いじめを行った経験

人をいじめた経験の有無は、20~60代の全体平均では「ある」(25.7%)となりました。年代別にみると、20代は「ある」(31.3%)、30代は「ある」(31.7%)、40代は「ある」(27.3%)、50代は「ある」(24.0%)、60代は「ある」(14.0%)と年代が高くなるほど、いじめの加害者になったという回答は少なくなりました。

fig_149_04.jpg

【図4】 あなた自身、人をいじめた経験はありますか。(単数回答)

いじめについて、どのように思いますか?という問いに対して、「良くない」、「かっこ悪い」、「人として情けない」、「絶対にダメ」という声があるように、いじめは悪いことだと認識されています。
今回、20~60代の男女を対象にしたいじめの実態調査では、学生時代に学校でいじめが「あった」と回答した人は55.1%で、社会人の半数以上が学生時代にいじめがあったと回答しています。また、いじめがあったという時期(学校)は、「中学校」(68.4%)、「小学校」(67.7%)の小中学校での発生が多いということがわかりました。いじめを受けた経験を年代別にみると、20代・30代では「ある」(52.7%)という回答が半数を上回りましたが、40代は「ある」(48.7%)、50代は「ある」(38.3%)、60代は「ある」(19.3%)と年代が高くなるほど、いじめの被害者になったという経験は少なくなりました。同様に、自身が人をいじめた経験の有無は、20代は「ある」(31.3%)、30代は「ある」(31.7%)、40代は「ある」(27.3%)、50代は「ある」(24.0%)、60代は「ある」(14.0%)と年代が高くなるほど、いじめの加害者になったことがあるという回答は少なくなりました。年代別にみると、いじめの被害者と加害者に共通点として、20~30代といった若い世代が多く、50~60代といった年齢が高い世代では、いじめは少ないという実態が明らかになり、被害者と加害者の数にも相関関係がみられます。
いじめ問題については、学校や行政、家庭や地域も含めた社会全体が一丸となって取り組んでいくことが必要不可欠です。 そして、一人一人がいじめの傍観者にならないことも重要と言えます。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。