2018.03.27 カンコーホームルーム 【Vol.146】 「社会が求める教師像」

fig_146_illust.jpg

「人生100年時代」と言われています。そのような時代を背景に学校教育現場では、どのような教師・教育が必要とされているのでしょうか。今回は、20~60代の社会人を対象に学校卒業後の学生時代の先生との交流状況やこれからの社会が求める教師像について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:20~60代の男女 1,500人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2018年1月

1.学生時代の先生との交流状況

卒業後も交流が続いている学生時代の先生は、「高等学校」(20.5%)、「大学・短大・専門学校」(17.0%)、「中学校」(14.1%)、「小学校」(10.4%)の順で多いという結果になりました。一方、学校卒業後は「交流はない」(62.5%)という回答も多く、全体の6割を占めています。

fig_146_01.jpg

【図1】 学校を卒業して、現在も交流が続いている学生時代の先生はいらっしゃいますか。(複数回答)  

2.現在の交流内容

学生時代の学校の先生との現在の交流は、「年賀状を送る」(52.6%)、「食事や遊びに行く」(47.4%)、「同窓会で会う」(42.5%)、「悩みの相談」(16.5%)などが多いようです。また、「その他」(6.4%)では、「facebook」や「LINE」といったSNSを使った交流もみられました。

fig_146_02.jpg

【図2】 現在、どのような交流をしていますか。(複数回答) 

3.これからの社会が求める教師像

社会人が学校の先生に求める教師像は、「人間性」(68.6%)、「コミュニケーション能力」(63.1%)、「子どもたちへの愛情」(57.1%)が半数を超えて求められています。また、「探究心、学び続ける力」(26.6%)や「新たな教育課題に対応できるスキル(アクティブ・ラーニング、ICT教育など)」(21.9%)など新しい教育方法や教師自身の学びへの意欲なども必要と回答がありました。

fig_146_03.jpg

【図3】 これからの社会に求められる教師像について、あてはまるものを全てお答えください。(複数回答)

これから到来する未来では、AIが進化し、ロボットが人間の職を奪う言とわれています。そのAIやロボットに代替できない職種の1つに「教師」があります。
今回、20~60代の社会人を対象に、学生時代の先生との交流状況を調査したところ、卒業後も交流が続いている学生時代の先生は、「高等学校」(20.5%)、「大学・短大・専門学校」(17.0%)、「中学校」(14.1%)、「小学校」(10.4%)という結果となり、学生時代の学校の先生との現在の交流は、「年賀状を送る」(52.6%)、「食事や遊びに行く」(47.4%)、「同窓会で会う」(42.5%)などの親交が続いていて、「悩みの相談」(16.5%)などもみられることから、社会人になっても学校の先生を師と仰いで信頼している様子がうかがえます。これからの社会に求められる教師像については、「人間性」(68.6%)、「コミュニケーション能力」(63.1%)、「子どもたちへの愛情」(57.1%)が半数を超えて、教科や専門的な知識教育のハードスキルより、人間力といったソフトスキルを求める傾向が強いようです。また、「探究心、学び続ける力」(26.6%)や「新たな教育課題に対応できるスキル(アクティブ・ラーニング、ICT教育など)」(21.9%)など新しい教育方法や教師自身の学びへの意欲も注目されています。
教師という仕事は、教科や教職に関する専門的知識を教えるだけではなく、生徒一人ひとりと向き合い、人間ならではの考えや価値を生み出す職種であるようです。AIやロボットに代替できない人間ならではの価値を生み出す「人づくり」が必要とされています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_217_illust.jpg

【Vol.217】卒業後の制服とエコ意識

2024.02.27 カンコーホームルーム 卒業式が終わると、卒業生は制服を着ることがなくなります。制服は学生生活の長い時間を共に過ごした思い出が詰まった服なので、着る機会がなくなっても手放すことを躊躇する人も少なくないようです。では、卒業後の着なくなった制服はどのようにしているのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、中学校で着用していた制服タイプ、卒業後の制服、制服を通じたエコ意識について調査しました。

fig_216_illust.jpg

【Vol.216】中高生の着用制服と着たい制服タイプ

2024.01.30 カンコーホームルーム 学校制服は、スクールアイデンティティ(SI)を表現し、生徒が着たくなるデザインや快適性、長時間着続けても耐久性に優れ丈夫でお手入れが簡単にできるものなど、時代とともに進化しています。そして、詰襟、セーラー服、ブレザー、スーツなど、様々なタイプがあります。では現在、中高生はどのようなタイプの学校制服を着ているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、着用している制服のタイプ、着たい制服のタイプとその理由について調査しました。

  • fig_215_illust.jpg

    【Vol.215】中高生が考える「学校制服の必要性」

    2023.12.26 カンコーホームルーム 受験・進学のときに気になることの1つに学校制服があります。学校制服は、学校毎にデザインや色・形・生地・仕様などが異なり、「憧れの○○学校の制服」や「あの制服を着たいから、この学校を受験する」という声もあるほどに中高生にとって関心の高いアイテムのようです。では現在、制服を着ている中高生は学校制服について、どのように思っているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、学校制服の必要性、学校制服の良い点や必要だと思うことについて調査しました。
  • fig_214_illust.jpg

    【Vol.214】女子中高生の制服アイテムへの着用意向

    2023.11.28 カンコーホームルーム 近年、ジェンダーレス制服として、女子生徒の制服に「スラックス」を導入する学校が増えています。女子制服のパンツスタイル(スラックス)は、1990年代から冬の寒さ対策や自転車通学に適しているという理由から学校制服に採用されていましたが、現在は防寒対策・自転車通学以外の利点なども注目されています。では、女子中高生自身は女子制服のパンツスタイル(スラックス)をどのように感じているのでしょうか?今回は、全国の女子中学・高校生600人を対象に女子制服のパンツスタイル(スラックス)の印象、スカートとパンツスタイル(スラックス)の着用意向、リボンとネクタイの着用意向について調査しました。
  • fig_213_illust.jpg

    【Vol.213】中高生のSNS利用状況

    2023.10.31 カンコーホームルーム 進学・受験の際、学校の教育方針やカリキュラムと並んで気になることの1つに「学校の雰囲気」があります。学校の様子はオープンスクールや先輩・知人からの情報で見聞きすることもできますが、普段の学校生活のありのままの姿を知る手段として、在校生が学校生活を写真・動画で発信しているSNSが注目されています。では、中高生のSNS利用状況はどのような状況なのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生を対象に、学校生活で写真・動画を撮る頻度、その写真・動画を公開しているSNSの種類、写真・動画をSNSで公開する理由について調査しました。