2016.05.31 カンコーホームルーム 【Vol.124】「体育着の洗濯・お手入れの方法」

体育の授業時間は、学年によって異なりますが、小学校の体育の授業時間は年間を通じて100時間程度あります。また、中学・高校では、体育の時間以外にも部活動や校外学習などで体育着を着用するなど、体育着を着るシーンも多いようです。では、体育着を洗濯するタイミングはいつが多いのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、体育着の洗濯タイミングや体育着の洗濯で困っていることについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の小中高校生のいずれかの
         子どもを持つ親1,789人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2015年5月

1.体育着の洗濯絵表示の確認

体育着は洗濯前に、洗濯絵表示※を確認していますか?という質問に対して、「初回のみ、確認した」(47.1%)、「毎回、確認している」(3.7%)、「全く確認していない」(49.2%)という結果になりました。

【図1】 体育着は洗濯前に、洗濯絵表示を確認していますか?(単数回答)

2.体育着の洗濯・お手入れのタイミング

体育着を洗濯するタイミングは、「体育の授業後、毎回」(54.3%)という回答が最も多く、体育着は着用する度に洗うという回答が多くなりました。次に、「週末や連休のとき」(42.5%)、「汚れが気になったとき」(20.3%)、「子どもに頼まれたとき」(15.8%)が体育着を洗うタイミングとしてあげられました。また、「学期末や長期休暇のとき」(8.6%)といった、体育着はあまり洗濯をしないという回答も少数ですがみられました。

【図2】 体育着を洗濯するタイミングは、どのようなときですか?(複数回答)

3.体育着の洗濯で困っていること

体育着の洗濯で困っていることは、「汚れが落ちない」(18.7%)、「黄ばみ、くすむ」(17.3%)、「子どもが毎日着ているため、なかなか洗えない」(13.9%)などが困っている内容としてあげられました。また、困っていることは「特にない」(50.6%)という回答も半数以上ありました。

【図3】 体育着の洗濯でお困りのことは、どのようなことですか?(複数回答)

小学校で体育は年間100時間程度あり、毎回洗濯をしているとしたら、体育着の洗濯回数は1年間で100回洗濯しているという計算になります。しかし、汚れが落ちなかったり、色合いが変化してしまったりするなどのトラブルも発生しているようです。
今回の調査では、体育着は洗濯をする前に、洗濯絵表示を「全く確認していない」(49.2%)という回答が約半数で、体育着は洗濯方法をあまり確認していないという状況であることがわかりました。体育着を洗濯するタイミングは、「体育の授業後、毎回」(54.3%)、「週末や連休のとき」(42.5%)、「汚れが気になったとき」(20.3%)、「子どもに頼まれたとき」(15.8%)など、体育着は小まめに洗濯をしている家庭が多いようです。体育着の洗濯で困っていることは、「汚れが落ちない」(18.7%)、「黄ばみ、くすむ」(17.3%)、「子どもが毎日着ているため、なかなか洗えない」(13.9%)など汚れ落ちの悪さや、長期間の着用による生地の劣化や変色などに困っていることがわかりました。
汗や汚れが付着した体育着を長時間放置すると、変色やシミの原因になります。体育着は激しい運動や洗濯にも耐えられるように、丈夫で長持ちするように生地や縫製方法などの研究開発が進んでいます。と同時に、体育着をきれいに長持ちさせるためには、ご家庭での正しい洗濯・お手入れがポイントとなります。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。