2013.01.29 カンコーホームルーム 【Vol.84】「学生時代を振り返って思う学校制服の良い点」

学校制服には、「詰襟」「セーラー服」「ブレザー」「スーツ」「イートン」といった様々なタイプの制服があります。入学から卒業までの長い時間ほぼ毎日着ている制服ですが、大人になって振り返ってみて、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の20歳以上の男女を対象に、制服の必要性と良い点について伺いました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女 1,255人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2012年9月

制服の必要性

20歳以上の男女が思う制服の必要性は、「あったほうがいい」「どちらかと言えば、あったほうがよい」を合わせると、約9割が制服はあったほうが良いと回答しています。

【図1】学校制服はあったほうが良いと思われますか?(単数回答)

制服の良い点

制服の良い点は、「毎日の服装に悩まなくていい」が、女性82.1%、男性64.8%、全体73.6%と最も多く、次に、「学生らしく見える」、「経済的である(私服を沢山買わなくてもいい)」、「服装による個人差がでなくていい(平等である)」など制服の良い点として上位にあげられています。また、女性は男性に比べて制服の良い点を多くあげる傾向が見られます。

【図2】学校制服の良い点はどのようなところだと思いますか?(複数回答)

制服と言えば、「詰襟」と「セーラー服」というイメージがありますが、その他にも「ブレザー」「スーツ」「イートン」といったタイプの制服や、学校オリジナルのデザイン・カラーの制服など、「制服」と言っても学校により様々です。
今回の調査では、20歳以上の男女を対象に制服の必要性を伺ったところ、約9割が「制服はあったほうが良い」と回答していることから、制服の必要性を感じている人が多いことがわかりました。制服の良い点としては、1位「毎日の服装に悩まなくていい」、2位「学生らしく見える」、3位「経済的である(私服を沢山買わなくてもいい)」、4位「服装による個人差がでなくていい(平等である)」などがあげられ、その他の回答として「皆が同じ制服を着ることで、いじめ防止になる」という意見もありました。制服は学校や学生の象徴であると同時に、制服を通じて規律を学んだり、仲間との絆を強くしたり、平等な教育環境をつくるなどの様々な効果があるようです。
また、小学生から中学生、中学生から高校生になるときに、「制服」が変わることで、子どもは少し大人になったような気持ちになるようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_167_illust.jpg

【Vol.167】「学校制服の必要性」

2019.12.31 カンコーホームルーム 日本では中学・高校の多くで学校制服が採用されています。このことから、学校制服を着用した経験のある人は多いようですが、学校制服の必要性についてはどのように感じているのでしょうか?今回は、全国の10~60代の男女1,800人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性とその理由について調査しました。

fig_166_illust.jpg

【Vol.166】「学校教育の課題」

2019.11.26 カンコーホームルーム 児童・生徒が行きたくなるような魅力的な学校とは、どのような学校でしょうか?現在、文部科学省の令和元年の学校基本調査(速報値)によると、日本には、小学校19,738校、中学校10,222校、高等学校4,887校があります。その1校1校に教育方針が定められているように、学校毎に特色があります。では、世の中の人が学校教育の課題と思っていることはどのようなことでしょうか?今回は、10~60代の男女1,800人を対象に、学校の魅力・特長、学校制服の関心度、学校教育の課題について調査しました。

  • fig_165_illust.jpg

    【Vol.165】「10~60代のLGBTQに関する意識」

    2019.10.29 カンコーホームルーム 「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング、 クィア(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。2003年に、「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が制定され、学校における性同一性障害に係る児童生徒への対応についても必要性が認識されるようになり、近年では、性的少数者(LGBTQ)に配慮した学校づくりが広がっています。今回は、10~60代を対象に、「LGBTQ」の認知度や学生時代の「LGBTQ」の当事者の方の有無、「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことについて調査しました。
  • fig_164_illust.jpg

    【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

    2019.09.24 カンコーホームルーム 「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。
  • fig_163_illust.jpg

    【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

    2019.08.27 カンコーホームルーム 夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。