2012.11.27 カンコーホームルーム 【Vol.82】「制服が似合うと思う有名人」

学生時代にしか着られない特別な服として、「詰襟」と「セーラー服」があります。一度は着てみたいという声も多い「詰襟」と「セーラー服」ですが、どのような人が似合うと思われているのでしょうか?今回は、全国の20歳以上の男女を対象に、「詰襟」と「セーラー服」が似合うと思う有名人について伺いました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女 1,255人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2012年9月

詰襟(学ラン)が似合うと思う有名人

詰襟が似合うと思う有名人の1位は、6人組のロックバンド「氣志團」が選ばれました。理由としては「学ランでパフォーマンスしているから」や「いつも着ているから」といった衣装としていつも詰襟を着ているイメージが強いようです。2位の「三浦春馬」は、「爽やかなイケメンのイメージで、女子学生の人気者になりそう」、「ドラマで見た時に似合っていた」、「凛々しくて清潔感があるから」といった爽やかな印象から幅広い世代に選ばれ、3位の「舟木一夫」は、「高校三年生の歌」のイメージから50代を中心に支持されていました。

(n=1,255)

順位 詰襟(学ラン)が似合う人 回答数
1 氣志團 35
2 三浦春馬 34
3 舟木一夫 32
4 えなりかずき 23
5 斎藤佑樹(野球) 22
6 仲村トオル 19
綾小路翔(氣志團) 19
8 森田健作 18
9 イチロー(野球) 17
櫻井翔(嵐) 17
11 小栗旬 16
12 速水もこみち 12
13 市原隼人 11
14 妻夫木聡 10
向井理 10
16 佐藤健 9
17 岡村隆史 8
小池徹平 8
神木隆之介 8
20 的場浩司 7
【表1】 詰襟(学ラン)が似合うと思う有名人は?(単数回答)

セーラー服が似合うと思う有名人

セーラー服が似合うと思う有名人の1位に選ばれたのは、「薬師丸ひろ子」で30~50代に圧倒的に支持されトップになりました。理由としては「映画で着用していた印象が強いから」、「とてもかわいかった」、「当時が懐かしい」など、映画『セーラー服と機関銃』の印象が強く残っているようです。2位の「武井咲」は、「清楚で笑顔が可愛らしい」、「清純な感じがする」「清潔感があるから」、3位の「上戸彩」は、「清楚で明るい感じがイメージに合うから」、「いつまでも可愛いから」といった清楚で可愛いイメージが、セーラー服が似合うと幅広い世代に選ばれていました。

(n=1,255)

順位 セーラー服が似合う人 回答数
1 薬師丸ひろ子 85
2 武井咲 60
3 上戸彩 43
4 前田敦子 32
5 新垣結衣 26
6 トリンドル玲奈 23
堀北真希 23
8 吉永小百合 22
9 佐々木希 15
10 剛力彩芽 14
11 AKB48 13
イモトアヤコ 13
13 志田未来 12
渡辺麻友(AKB48) 12
長澤まさみ 12
16 綾瀬はるか 11
浅田真央(フィギュアスケート) 11
18 浅香唯 10
南野陽子 10
20 ローラ 8
石原さとみ 8
【表2】 セーラー服が似合うと思う有名人は?(単数回答)

日本の学校制服は明治時代に初めて登場し、時代とともに変化しています。
今回の調査では、「詰襟」と「セーラー服」の似合うと思う有名人を20歳以上の男女に伺った結果、詰襟が似合うと思う有名人は「氣志團」「三浦春馬」「舟木一夫」、セーラー服が似合うと思う有名人は「薬師丸ひろ子」「武井咲」「上戸彩」が上位に選ばれました。選ばれた理由としては、映画やドラマ、CM、歌番組などで実際に着ている姿が印象に残っていることが大きいようですが、詰襟だと「爽やか・かっこいい」、セーラー服だと「清楚・可愛らしい」というイメージも似合う人の選出理由の1つにあるようです。また、自分が学生だった当時の有名人を支持する意見も多く、学校制服は青春時代の変わらない思い出として残っているようです。
学校制服が誕生して100年余り、「詰襟」と「セーラー服」は普遍的な学校制服として受け継がれているようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_167_illust.jpg

【Vol.167】「学校制服の必要性」

2019.12.31 カンコーホームルーム 日本では中学・高校の多くで学校制服が採用されています。このことから、学校制服を着用した経験のある人は多いようですが、学校制服の必要性についてはどのように感じているのでしょうか?今回は、全国の10~60代の男女1,800人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性とその理由について調査しました。

fig_166_illust.jpg

【Vol.166】「学校教育の課題」

2019.11.26 カンコーホームルーム 児童・生徒が行きたくなるような魅力的な学校とは、どのような学校でしょうか?現在、文部科学省の令和元年の学校基本調査(速報値)によると、日本には、小学校19,738校、中学校10,222校、高等学校4,887校があります。その1校1校に教育方針が定められているように、学校毎に特色があります。では、世の中の人が学校教育の課題と思っていることはどのようなことでしょうか?今回は、10~60代の男女1,800人を対象に、学校の魅力・特長、学校制服の関心度、学校教育の課題について調査しました。

  • fig_165_illust.jpg

    【Vol.165】「10~60代のLGBTQに関する意識」

    2019.10.29 カンコーホームルーム 「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング、 クィア(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。2003年に、「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が制定され、学校における性同一性障害に係る児童生徒への対応についても必要性が認識されるようになり、近年では、性的少数者(LGBTQ)に配慮した学校づくりが広がっています。今回は、10~60代を対象に、「LGBTQ」の認知度や学生時代の「LGBTQ」の当事者の方の有無、「LGBTQ」の当事者の方が学生時代に困っていたことについて調査しました。
  • fig_164_illust.jpg

    【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

    2019.09.24 カンコーホームルーム 「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。
  • fig_163_illust.jpg

    【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

    2019.08.27 カンコーホームルーム 夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。