2008.12.24 カンコーホームルーム 【Vol.35】「体育の授業に関する意識調査」

体育の授業は、身体能力を身に付けるとともに、情緒面や知的な発達を促し、生涯に渡って運動に親しむことができることなどが目的とされています。
今回は、全国の20歳以上の男女を対象に学校卒業後に体育で習ったことがどのように活かされているかを調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女417人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2008年10月

体育の授業は好きでしたか?

体育の授業が「好きだった」「どちらかと言えば好きだった」という回答を合わせると、全体で48.5%の人が、好きだったと回答しています。男性と女性で比較してみると、男性では55.5%、女性では41.4%が好きだったと回答しており、男性のほうが好きだったという回答が多いことがわかります。

【図1】学生時代、体育の授業は好きでしたか?(単数回答)

体育の授業で、役に立ったと思う種目は?

体育の授業で役に立ったと思う種目は、「水泳」という回答が最も多く、28.8%でした。また、「何も役立っていない」という回答をした人の中でも、「(授業で教えてもらえなかったので)水泳を教えてほしかった」という意見が数件ありました。「何も役立っていない」という回答をした人の中には、それ以外に「自転車」「ゴルフ」「護身術」などを習っていれば役に立ったと思うという回答もありました。

【図2】体育の授業で卒業後に役立った種目は?(複数回答)

【役に立った場面】

  • 水泳

    海水浴やプールで困らない。また、日常的な持久力がついた。
  • 球技

    地域での交流や、付き合いに役立っている。
  • 陸上競技

    生活で必要な精神力・体力がつき、会社などでも役に立っている。
  • 体操

    体が凝ったときにほぐすことができる。
  • 器械運動

    危険を回避するときや日常生活でのバランス感覚を養うことができた。
  • 武道

    警備業の就職で役立った。礼儀やあいさつは普段も役に立っている。
  • スキー・スケート

    会社での付き合いや趣味として役立っている。
  • ダンス

    社交ダンスや趣味のダンスに活かされている。
など…

体育の授業が好きだった人は全体の約半数、体育の授業が役立ったと回答した人は、約6割でした。
そして、体育の授業は、「地域での交流」「会社での付き合い」「日常生活」「趣味」「基礎体力」として役に立っているようです。また、体育の授業が役に立っていないと回答した人からも、「自転車」「護身術」「ヨガ」など生活の中で必要なことだったら役に立っていたと思うという意見がありました。
体育の授業で習った内容は、身体の基礎能力として卒業後も役立っているといえそうです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。