2015.05.20 人づくり・現場指導 「あたりまえ」を大切に全力で臨む! (長野県長野市立裾花中学校 今井 一仁 先生)

kt003_4_profile_imai.jpg今井 一仁 先生
女子バレーボール部監督
長野県長野市立裾花中学校
上田高、順天堂大とバレーの道に進み
2009年に監督就任

◆「覚悟」を決めると意識が変わる

全国大会常連のトップチームの監督を引き受けた時はプレッシャーもありましたが、自分自身も成長できると思い、前向きな気持ちで指導に励んでいます。全国優勝を賭けた試合では、日本一に「なりたい」ではなく「なる」と覚悟を決めて臨みます。子どもが自分で「覚悟」を決めると、一分の遅刻も惜しいと感じるようになり、普段の行動、練習に対する「意識」が変わっていきます。特にコンビバレーの場合は、一つひとつのプレーが連動しているので、チーム一人ひとりが意識を徹底し、確実な動きを身に付けていくことで精度が上がっていきます。また、チームの中での自分の役割に気づけると、必要な技術的な課題に自分で取り組めるようになるので、「練習日誌」は毎日書かせるようにしています。

◆うそをつかない・ごまかさない

技術的な指導はもちろんですが、監督として心を砕くのはやはりチームづくり。チーム内の人間関係が良好かどうかを知ることはとても大切です。試合の勝敗にも影響するので、常に気を配り小さなトラブルも見逃さないようにしています。長年指導して感じるのは、うそをつかない、ごまかさないといった「あたりまえ」の大切さです。大人(指導者)が言い訳をすると、それは必ず子どもにも伝わります。まずは、目の前の子どもとしっかり向き合うこと。そして指導者の考えをぶつけることも大切だと思っています。

先生からのひとこと

kt003_4_img2.jpg

うそをつかない。
特に自分にうそはついてはいけない

裾花中学校女子バレーボール部・実績
◎県 大 会/8年連続優勝
◎北信越大会/16年連続優勝
◎全 国 大 会/優勝5回、
       準優勝2回、3位3回

syokubataiken_7.png

「職場体験」の質向上のために

2019.04.01 人づくり・現場指導 「地域に人が残らない」ことに危機感を覚え、 数年前からキャリア教育に力を入れている宮崎県。 毎年行われてきた子どもたちの職場体験を、 ひとつのイベントに終わらせることなく より深く地元企業の魅力を知り、 働く目的や意義を体感できるプログラムにしようと、 カンコーと協働しての取り組みが始まりました。 ここでは、宮崎県キャリア教育支援センター×カンコー教育ソリューション研究協議会の実例をご紹介します。

socity5_1.png

Society(ソサエティ)5.0の社会に適応するには!?

2019.04.01 人づくり・現場指導 次世代の社会のあり方を示す、 「Society5.0」という言葉を聞いたことがありますか? その意味や仕組みを知っていますか? 新たな時代を豊かに生き抜き、活躍し続ける 人材を育てるために、学校はどうあるべきか、 教育はどうあるべきかを考えるときが来ています。