2016.09.30 人づくり・現場指導 生徒と教員がともに学び、ともに成長する【運営指導】

キャリア教育からみた体育・文化活動。
生徒の潜在力や創造力を引き出す指導のあり方を「2016ひろしま総文」全国高等学校総合文化祭推進監 加藤 浩司先生にお伺いしました。

生徒の発言を、大人の視点でサポート

%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%88%e5%90%88%e5%94%b1%ef%bc%89総文祭は生徒自身が企画運営を担いつくり上げていくものです。最初は互いに見知らぬ高校生同士なので、コミュニケーションがとれず苦労もありました。しかし、会議を重ねるにつれ、それぞれが活発に発言できるようになり、ディスカッションを深めたり出された意見をまとめたりするなど、成長する姿が見てとれました。目標を掲げ、意欲が高まるにつれ、生徒自身が必要な資料をネットや本から集めてくるなど、自分で考えて行動できるようになり、アクティブ・ラーニングの実践につながりました。

 会議ではさまざまなアイデアが生徒たちから提案されますが、実現できるかどうかを判断するには大人の視点も必要です。経験豊富な高文連の先生方にも入っていただき、生徒の思いを形にできるようサポートに努めました。また、外部の方の意見が生徒を刺激し、問題がすっと動き出すこともあります。指示ではなく考えるきっかけを与えることで、生徒の自主性が高まると感じます。

 2016ひろしま総文の歩み

◎2014年4月 推進担当設置
◎2014年6月 広島大会正式決定(2011年内定)
◎2014年7月 生徒実行委員会発足
◎2016年7・8月 2016ひろしま総文開催!

プロフィール

%e5%a4%a7%e4%bc%9a_%e5%8a%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93第40回全国校高等学校総合文化祭 「2016ひろしま総文」
全国高等学校総合文化祭推進監 加藤 浩司先生
行政職員として、一貫して教育委員会に勤務。主に高校教育、社会教育・生涯学習を担当。

どうだ(これ使う★)