2015.05.06 キャリア教育 学校生活をもっと楽しくアクティブに! カンコー学びプロジェクト 活動レポート【Vol.1】

カンコーは、様々な教育支援活動(カンコー学びプロジェクト)を通じて「夢に向かう子どもたちの成長」を応援しています。ここでは、その活動を紹介します。

踊育(だんいく)キャリア教育でユニフォーム作りをサポート(大阪府・泉大津市立条南小学)

kt001-2-izumi1.jpg

当ダンスを通じて児童のコミュニケーション力・創造力・学習意欲を高める「踊育(だんいく)キャリア教育プロジェクト」が6月3日〜7月15日にかけて、泉大津市立条南小学校で実施されました。5年生121人がプロのアドバイスを受けながら、ダンス活動に挑戦しました。

菅公学生服株式会社はユニフォームのプロとして、ダンス発表会で着用するユニフォーム制作をサポートしました。児童たちはダンス班、ユニフォーム班、音楽班に分かれてダンス作品を作っていきました。

kt001-2-izumi2.jpg

ユニフォーム班では制服ができるまでの工程を勉強した後、オリジナルのチームマークのデザインや、制服の残反(裁断で不要となった生地)を使ったTシャツの装飾を手がけ、個性的なユニフォームを制作。ダンス班の児童が発表会でユニフォームを着てダンスを披露しました。

短い期間でしたが、児童は前向きに取り組んでいました。

カンコーと高校が連携し、産学連携のキャリア教育を実施(岡山県・岡山県立岡山南高等学校)

kt001-2-okaminami1.jpg

産業界と教育現場が連携し、人材育成やキャリア形成の教育に取り組む「産学連携実学体験プロジェクト」。7月17日、岡山県立岡山南高等学校で、連携企業である菅公学生服株式会社と同校とが調印式を行いました。

同校には、服飾デザイン科という専門の学科があり、学生服メーカーのカンコーとはとても近い関係にあります。社員の中には同校の卒業生も数多く在籍しています。これまでも、生徒個々のキャリア・アップを目指す目的で、実際の企業活動を学ぶ「インターンシップ」や工場見学、さらに「次世代体育着」をテーマに企画プロセスを学ぶ出張授業などが共同で行われてきました。

kt001-2-okaminami2.jpg

今後はさらに連携を深め、企業の残反を使ったスクールアイテムの企画や乳幼児に向けた布玩具作りなどにも取り組んでいく予定です。プロジェクトを通じて、生徒たちは企業活動の一端に関わり、社会を学べるとして、学校側の期待も高まっています。