2020.10.27 カンコーホームルーム 【Vol.177】「オンライン授業の評価」

fig_177_illust.jpg

Society 5.0 時代を生きる子どもたちにとって、オンライン授業は新しい日常が急に訪れたようなものです。それは学校にとっても急激な社会変化であり、今や、社会のあらゆる場所で ICT の活用が広がっています。では、学校でのICTの活用はどのようになっているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員を対象に、オンライン授業の実施経験の有無、教師が思うオンライン授業の評価とその理由について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の小中高校の教員300人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2020年7月

1.オンライン授業の実施経験の有無

小中高校の教員のオンライン授業を実施した経験は、「ある」(18.3%)に対し、「ない」(81.7%)という回答が圧倒的に多いという結果になりました。

fig_177_01.jpg

【図1】 あなたは、オンライン授業を行ったことはありますか。(単数回答)

2.オンライン授業の評価

オンライン授業について、「とても良いと思う」(15.0%)と「やや良いと思う」(46.7%)をあわせると約6割が良いと回答し、良いイメージを持っているようです。

fig_177_02.jpg

【図2】 あなたはオンライン授業について、どのように思いますか。(単数回答)

3.オンライン授業の評価の理由

オンライン授業の賛否については、良い点は、「これからの時代の新しい形だと思う」、「コロナ対策をしつつ、授業を行える」、「不登校児童も参加できる」、「映像で見たり聞いたり出来るのは理解しやすいと思う」、「新しい教育の可能性が広がる」といった感染対策だけではなく、教育環境としての利便性があげられています。一方、良くない点としては、「中学校での多人数授業には向かない」、「小学生では、学習に集中することは困難」、「ICT環境のない家庭がある」、「一方通行になってしまう」、「対面でしか出来ないこともある」、「子どもたち同士のつながりが少なくなる」など、学校の教室とは違う場所での問題点があげられました。

fig_177_03.jpg

【表3】 そのように思う理由を教えてください。(自由回答)

文部科学省が推進するGIGAスクール構想は、義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台の学習者用PCと高速ネットワーク環境などを整備し、教育におけるICTを基盤とした先端技術等の効果的な活用が期待されています。しかし、学校・家庭のICT環境の整備も十分とは言えず、課題も多いようです。
今回、全国の小中高校の教員300人を対象に、学校教育におけるオンライン授業の実施状況を調査したところ、2020年7月時点で、オンライン授業を実施した経験は、「ある」(18.3%)、「ない」(81.7%)という状況で、オンライン授業の実施は少ないということがわかりました。その一方で、オンライン授業については、「とても良いと思う」(15.0%)と「やや良いと思う」(46.7%)をあわせると約6割が良いと評価しています。自身はオンライン授業を実施した経験がなくとも、肯定派が多いようです。オンライン授業のメリットは、「感染のリスクを防げる」、「コロナ対策をしつつ、授業を行える」といった感染対策の観点以外にも、「不登校児童も参加できる」、「映像で見たり聞いたり出来るのは理解しやすいと思う」、「新しい教育の可能性が広がる」といった新時代の教育への期待・効果が伺えました。デメリットとしては、「ICT環境のない家庭がある」など教育格差を心配する声や、「一方通行になってしまう」、「中学校での多人数授業には向かない」、「小学生では、学習に集中することは困難」など教室とは違う環境で、大勢で学習を進める困難さや学齢などによる対応の難しさなどが顕在化しました。
学校教育は、子どもたちに平等に与えられるものでなくてはなりません。社会は変化し、これからの学校教育の在り方も劇的に変わることが予測されています。その中で、子どもたちを取り残さない学校教育が求めれています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_187_illust.jpg

【Vol.187】コロナ禍における学校教育現場の課題

2021.08.31 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症が拡大しています。各地域における緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置を受けて、夏休みの終了時期を延長したり、学校再開後に分散登校を予定したりする動きも出ています。では、子どもたちを取り巻く学校教育現場は、どのような状況なのでしょうか?今回は、全国の小学・中学・高校生の子ども持つ親を対象に、子どもに関することで不安に感じていることや、子どもの通学状況、オンライン学習の導入状況について調査しました。

fig_186_illust.jpg

【Vol.186】学校教育とSDGs

2021.07.27 カンコーホームルーム 現在、海洋プラスチック問題の解決に向けて、レジ袋の有料化やプラスチックストローの廃止など、世界中の様々な企業がSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。学校においても、SDGsに取り組む学校が増えています。では、学校ではどのようなSDGs教育を行っているのでしょうか?今回は、全国の小学・中学・高校の教員1,800人を対象に、学校でのSDGs教育の取り組み、SDGs教育の企画・運営、SDGs教育の実施内容について調査しました。

  • fig_185_illust.jpg

    【Vol.185】中高生の登下校の服装と制服の持ち運び

    2021.06.29 カンコーホームルーム 学校制服は、中学・高校生が毎日着用するものです。しかし、中学・高校生の登下校の服装をみると、制服ではなく、体操服や部活動のジャージ姿の生徒もいます。では、そのとき制服はどのような状態で、どこにあるのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の子どもを持つ母親1,000人を対象に、登下校時の服装、登下校で制服を着用しないときの制服の持ち運び状況、持ち運び時の制服のシワについて調査しました。
  • fig_184_illust.jpg

    【Vol.184】冬制服の家庭洗濯の実態

    2021.05.25 カンコーホームルーム 学校制服には、冬服・夏服・合服などの季節に応じたアイテムバリエーションが採用されています。その中で冬服は、ブレザー、セーラー、詰襟などの厚手でしっかりした重衣料が多いため、クリーニングに出すという家庭も見られますが、冬制服も家庭洗濯をしているという人も少なくないようです。では、冬制服の家庭洗濯の実態は、どのような状況なのでしょうか?今回は、全国の家庭洗濯可能な冬制服を着用している中学・高校生の子どもを持つ母親744人を対象に、冬制服の家庭洗濯の状況、家庭洗濯時の不安の有無と、その理由について調査しました。
  • fig_183_illust.jpg

    【Vol.183】夏制服で長袖シャツを着る理由

    2021.04.27 カンコーホームルーム 衣替えの時期は、地域によって差はありますが、近年では気温の上昇と共に夏制服を着るタイミングも年々早くなっているようです。そのような中、夏制服に長袖シャツを着ている中高生も見かけます。なぜ、中高生は夏の暑い時期でも半袖シャツを着用しないで、長袖シャツを着ているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の子どもを持つ母親1,200人を対象に、お子様の夏制服のシャツの透けが気になるか、夏の半袖・長袖シャツの着用状況、長袖を着る理由について調査しました。