2020.09.29 カンコーホームルーム 【Vol.176】「小学校の工場見学」

fig_176_illust.jpg

社会科学習の中でも「工場見学」は、普段見ることができない工場内での製造過程を実際に見たり体験できたりすることで、子どもたちに人気の体験学習の1つです。しかし、今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、やむなく工場見学を中止する学校が多いようです。では、工場見学を中止した学校はどのような代替学習を行っているのでしょうか?今回は、全国の小学校の教員100人を対象に今年度の工場見学の実施状況・予定、工場見学の代わりの学習内容、工場見学で学んでほしいことについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の小学校の教員100人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2020年7月

1.今年度の工場見学の実施状況・予定

小学校の工場見学の実施状況・予定については、「いままで行っていて、今年度も実施予定(実施した)」(12.0%)に対し、「いままで行っていたが、今年度は中止予定(実施しない)」(76.0%)という回答が圧倒的に多く、いままで工場見学を実施していた小学校の中止が目立ちます。

fig_176_01.jpg

【図1】 あなたの勤務する小学校では、工場見学の実施状況・予定はいかがですか。(単数回答)

2.工場見学の代わりの学習内容

いままで工場見学を行っていた小学校が工場見学の代わりに、今年度、実施予定(実施した)学習の内容は、「特に決めていない」(48.8%)という小学校が多いようです。代替学習としては、「企業提供の工場の写真・資料などを使って学習する」(23.3%)、「教師が企業の取り組みや工場の内容を伝えて学習する」(23.3%)、「企業提供の工場動画を見て学習する」(16.3%)、「企業の人に出張授業に来てもらって学習する」(9.3%)という回答がみられました。

fig_176_02.jpg

【図2】 工場見学の代わりに、今年度、実施予定(実施した)学習はどのような内容ですか。(複数回答)

3.工場見学で学んでほしいこと

工場見学で子どもたちに学んでほしいことは、「ものをつくる過程と働く大変さ」、「製造現場の努力や工夫と、生活場面でみる製品をつなぐこと」、「安心、安全な製品を届けるために企業やそこに勤める人がしている工夫や努力」、「住んでいる地域にどのような企業があるのか」といった“ものづくり”の工程や働く人や地元企業の存在などがあげられました。

fig_176_03.jpg

【表3】 工場見学で子どもたちに学んでほしいことは、どのような内容ですか。(自由回答)

社会科学習の進め方としては、①事前学習、②当日の工場見学、③事後学習などで展開されます。しかし、現在は②当日の工場見学の実施は難しい状況が続いています。
今回、全国の小学校の教員100人を対象に、今年度の工場見学の実施状況・予定を調査したところ、「いままで行っていたが、今年度は中止予定(実施しない)」(76.0%)という回答が圧倒的に多く、2020年7月時点では、工場見学の代わりの学習内容を「特に決めていない」(48.8%)という回答が多く半数を占めました。工場見学の代替学習としては、「企業提供の工場の写真・資料などを使って学習する」(23.3%)、「教師が企業の取り組みや工場の内容を伝えて学習する」(23.3%)、「企業提供の工場動画を見て学習する」(16.3%)、「企業の人に出張授業に来てもらって学習する」(9.3%)など、学校と企業が連携して学びを止めない取り組みがみられます。そのような中で、教師が工場見学で子どもたちに学んでほしいことは、「ものをつくる過程と働く大変さ」、「住んでいる地域にどのような企業があるのか」といった“ものづくり”の工程や働く人や地元企業の存在などがあげられています。
子どもたちが社会を知り学ぶことは、未来を生きる子どもたちがよりよい社会を築いていくための基礎づくりに有益です。現地に行くという工場見学ができない中でも、企業による工場見学DVDの貸し出しや、リモート工場見学など、withコロナ時代の新しい体験学習の取り組みが期待されています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_192_illust.jpg

【Vol.192】「女子高校生のスラックス制服に関する意識」(2)

2022.01.25 カンコーホームルーム 女子制服としてのスラックス制服は、1990年代頃から冬場の寒さ対策や自転車通学時に良いという理由で、数校の中学校・高校で導入されたのが始まりと言われています。近年は、多様性やLGBTQ※の観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。では、高校生は女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対してどのように思っているのでしょうか?今回、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ、着用したい制服のタイプについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

fig_191_illust.jpg

【Vol.191】高校生の着用制服タイプと求めること

2021.12.28 カンコーホームルーム 現在、多くの高校に学校制服があります。学校制服には、ブレザー、詰襟(学ラン)、セーラー服、スーツなどのタイプがあり、それぞれの学校独自のデザイン・カラーや素材・機能性・仕様・バリエーションなど、学校毎に指定の制服が定められています。では、高校生はどのようなタイプの制服を着用して、その制服にどのようなことを求めているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、着用制服タイプ、学校制服の好嫌度、制服を着ていて気になることについて調査しました。

  • fig_190_illust.jpg

    【Vol.190】高校生が考える「学校制服の必要性」

    2021.11.30 カンコーホームルーム 日本中のどこでも当たり前のように目にする風景に「学校制服」があります。時代の変遷とともにデザインや機能など変化している学校制服ですが、実際に学校制服を着る立場の高校生たちは学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1年生~3年生の男女1,099人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性とその理由について調査しました。
  • fig_189_illust.jpg

    【Vol.189】「ジェンダーレス制服」の導入背景

    2021.10.26 カンコーホームルーム 近年、ファッション業界で「ジェンダーレス」という性別に関係なく着ることのできるファッションが注目されています。この潮流は、学校制服においても見られ、男女兼用のブレザータイプの制服や、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する動きが増加しています。では、「ジェンダーレス制服」は、どのような背景で広がっているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員を対象に、服装による「LGBTQ」の生徒・児童への配慮の現状、学校での「LGBTQ」生徒・児童の把握状況、「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。
  • fig_188_illust.jpg

    【Vol.188】 10~60代のSDGsに関する意識(2)

    2021.09.28 カンコーホームルーム SDGsが国連総会で採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)を含む約1週間は、世界各地でSDGsへの意識を高める様々な取り組みやイベントなどが開催されています。では、日本のSDGsに関する意識・行動は、どのような状態なのでしょうか?今回は、10~60代のSDGsの認知度や関心度、現在取り組んでいるSDGsの内容ついて調査しました。