2020.06.30 カンコーホームルーム 【Vol.173】「オンライン授業の状況」

fig_173_illust.jpg

新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の小中高校生の子ども持つ保護者 1,000人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2020年5月

1.子どもの家庭での学習状況

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中の子どもの家庭での学習状況は、公立・私立共に「学校から出ている宿題・課題をしている」(公立・国立91.7%、私立76.9%)が最も多いという結果になりました。オンライン授業に関しては、「学校のオンライン授業を受けている」(公立・国立9.6%、私立60.0%)は私立校での導入が多く見られました。

fig_173_01.jpg

【図1】 お子様の家庭での学習は、どのようにしていますか。(複数回答)

2.オンライン授業時の服装

学校のオンライン授業を受けていると回答した保護者に、子どものオンライン授業中の服装を聞いたところ、「学校の指定制服があり、その制服を着用している」(20.6%)という回答は約2割でした。残りの制服を着ていない私服の子どもの内訳は、「学校の指定制服はあるが、私服を着用している(制服は着用していない)」(46.4%)が最も多く、続いて「学校の指定制服はなく、家にいるときと同じ服装を着用している」(28.9%)という結果になり、普段の学校生活とは違う服装をしている子どもが多いことがわかりました。

fig_173_02.jpg

【図2】 お子様はどのような服装で、学校のオンライン授業を受けていますか。(単数回答)

3.家庭学習で困っていること

子どもの家庭学習で困っていることは、「教材がない」、「テストが受けられないので実力がわからない」、「オンライン授業のある学校との学力差が出る」など学習環境に対することと、子どもが「自発的に学習しない」、「集中力が続かず、ゲームやテレビ等に時間を費やしてしまう」、「友達と会えないことがとてもさみしくストレスになっている」といった心理的な困り事もあげられました。

fig_173_03.jpg

【図3】 家庭学習において、困っていることはどのようなことですか。(自由回答)

オンライン授業とは、インターネットを介して学校の教室でなくても、パソコンやスマートフォンを使って、自宅などで授業を受けることができる学習のことです。しかし、日本では、インターネット環境やパソコン保有状況が十分ではないため、オンライン授業を実施している学校は少ないようです。
今回、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)の全国の小中高校生の子どもを持つ保護者を対象に、子どもの家庭での学習状況を調査したところ、「学校から出ている宿題・課題をしている」(公立・国立91.7%、私立76.9%)という回答が最も多く、「学校のオンライン授業を受けている」(公立・国立9.6%、私立60.0%)という回答は、国立・公立校と私立校での導入率の大きな開きがあることが明らかになりました。また、オンライン授業中の服装では、「学校の指定制服があり、その制服を着用している」(20.6%)という回答は約2割で、「学校の指定制服はあるが、私服を着用している(制服は着用していない)」(46.4%)、「学校の指定制服はなく、家にいるときと同じ服装を着用している」(28.9%)など、普段の学校生活とは違う服装をしている子どもが多いという調査結果も見られました。子どもの家庭学習で困っていることは、「教材がない」、「テストが受けられないので実力がわからない」、「オンライン授業のある学校との学力差が出る」、「自発的に学習しない」、「集中力が続かず、ゲームやテレビ等に時間を費やしてしまう」、「友達と会えないことがとてもさみしくストレスになっている」など、学習環境面と心理面の両方に困っていることがわかりました。
社会状況の変化によって教育の在り方が変わることが予想されています。今後、オンライン授業の需要は高まることが予測される中で、子どもの学びに向かう気持ちの切り替えをどのようにしてつくるか、環境整備も課題の1つであるようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_192_illust.jpg

【Vol.192】「女子高校生のスラックス制服に関する意識」(2)

2022.01.25 カンコーホームルーム 女子制服としてのスラックス制服は、1990年代頃から冬場の寒さ対策や自転車通学時に良いという理由で、数校の中学校・高校で導入されたのが始まりと言われています。近年は、多様性やLGBTQ※の観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。では、高校生は女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対してどのように思っているのでしょうか?今回、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ、着用したい制服のタイプについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

fig_191_illust.jpg

【Vol.191】高校生の着用制服タイプと求めること

2021.12.28 カンコーホームルーム 現在、多くの高校に学校制服があります。学校制服には、ブレザー、詰襟(学ラン)、セーラー服、スーツなどのタイプがあり、それぞれの学校独自のデザイン・カラーや素材・機能性・仕様・バリエーションなど、学校毎に指定の制服が定められています。では、高校生はどのようなタイプの制服を着用して、その制服にどのようなことを求めているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、着用制服タイプ、学校制服の好嫌度、制服を着ていて気になることについて調査しました。

  • fig_190_illust.jpg

    【Vol.190】高校生が考える「学校制服の必要性」

    2021.11.30 カンコーホームルーム 日本中のどこでも当たり前のように目にする風景に「学校制服」があります。時代の変遷とともにデザインや機能など変化している学校制服ですが、実際に学校制服を着る立場の高校生たちは学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1年生~3年生の男女1,099人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性とその理由について調査しました。
  • fig_189_illust.jpg

    【Vol.189】「ジェンダーレス制服」の導入背景

    2021.10.26 カンコーホームルーム 近年、ファッション業界で「ジェンダーレス」という性別に関係なく着ることのできるファッションが注目されています。この潮流は、学校制服においても見られ、男女兼用のブレザータイプの制服や、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する動きが増加しています。では、「ジェンダーレス制服」は、どのような背景で広がっているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員を対象に、服装による「LGBTQ」の生徒・児童への配慮の現状、学校での「LGBTQ」生徒・児童の把握状況、「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。
  • fig_188_illust.jpg

    【Vol.188】 10~60代のSDGsに関する意識(2)

    2021.09.28 カンコーホームルーム SDGsが国連総会で採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)を含む約1週間は、世界各地でSDGsへの意識を高める様々な取り組みやイベントなどが開催されています。では、日本のSDGsに関する意識・行動は、どのような状態なのでしょうか?今回は、10~60代のSDGsの認知度や関心度、現在取り組んでいるSDGsの内容ついて調査しました。