2020.04.28 カンコーホームルーム 【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

fig_171_illust.jpg

学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の小中高校の教員300人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2020年2月

1.心に残っている学校生活

児童・生徒との思い出で先生の心に残っている学校生活は、「修学旅行」(60.0%)が最も多く、次に「卒業式」(58.3%)、「普段の授業」(53.0%)、「体育祭」(52.3%)、「クラブ・部活動」(44.7%)、「文化祭」(40.3%)という結果になりました。

fig_171_01.jpg

【図1】 児童・生徒との思い出で、心に残っている学校生活は何ですか。(複数回答)

2.教師という仕事へのやりがいの有無

先生自身が、教師という仕事へのやりがいを感じているかについては、「とても感じている」(46.7%)、「まあ感じている」(43.0%)をあわせると、約9割の先生がやりがいを感じていると回答しています。

fig_171_02.jpg

【図2】 現在の教師という仕事に、やりがいを感じていますか。(単数回答)

3.教師になって良かったと思うとき

小中高校の先生が教師になって良かったと思うときは、「生徒が嬉しそうにしている姿を見たとき」、「毎日の子どもたちとの関わり」、「生徒の成長を感じたとき」、「子どもや保護者から感謝されたとき」、「ありがとうと言われたとき」など、子どもとの関りがあげられました。

fig_171_03.jpg

【図3】 教師になって良かったと思うときは、どのようなときですか。(自由回答)

1994年にUNESCO(国際連合教育科学文化機関)が10月5日を「教師の日」に制定しています。先生たちに感謝の気持ちを伝えるこの文化は、「教師の日」に合わせたイベントも開催されるなど、先生という職業を社会全体で応援する動きがみられます。
今回、全国の小中高校の教員を対象に、児童・生徒との思い出で心に残っている学校生活を尋ねたところ、「修学旅行」、「卒業式」、「体育祭」、「クラブ・部活動」、「文化祭」など様々な学校行事と共に「普段の授業」(53.0%)という回答も半数以上ありました。また、教師という仕事へのやりがいを感じているかは、「とても感じている」(46.7%)、「まあ感じている」(43.0%)をあわせると、約9割の先生がやりがいを感じていると回答しています。その理由は、「生徒が嬉しそうにしている姿を見たとき」、「毎日の子どもたちとの関わり」、「生徒の成長を感じたとき」、「子どもや保護者から感謝されたとき」、「ありがとうと言われたとき」など、子どもたちとのコミュニケーションや感謝の気持ちを伝えられたときに醸成されるようです。
現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、通常の学校生活が送れない状態が続いていますが、学校が再開し、子どもたちの元気な声が学校に溢れることを願っています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_175_illust.jpg

【Vol.175】「新型コロナウイルスと学校生活」

2020.08.25 カンコーホームルーム 新型コロナウイルスの感染者数は、世界で2,000万人を超え(2020年8月時点)、日本では感染の波が若年層である学生にも広がっています。学校生活にも大きな変化を余儀なくされている中、今、学校ではどのような課題があるのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に新型コロナウイルス感染症に対する意識、学校での感染症の予防・対策や、学校行事・活動の影響について調査しました。

fig_174_illust.jpg

【Vol.174】「日本の制服文化」

2020.07.28 カンコーホームルーム 世界には196か国の国があります。外務省の発表資料によると、これは現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。このように多くの国々がある中、日本に住む人々は、日本のことをどのように感じているのでしょうか?今回は、日本に対する印象や学校制服について、全国の10~60代の男女2,472人に調査しました。

  • fig_173_illust.jpg

    【Vol.173】「オンライン授業の状況」

    2020.06.30 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。
  • fig_172_illust.jpg

    【Vol.172】「9月入学制の賛否」

    2020.05.26 カンコーホームルーム 学校の新学期のスタートを、4月から9月に変更する「9月入学制」を求める動きが強まっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長引く中、子どもの学習遅れの打開策として入学式を秋にずらす「9月入学制」案が急浮上していますが、子どもを持つ保護者の方はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、現在(2020年5月)の子どもの通学状況、子どもに関する不安、9月入学制の賛否について調査しました。
  • fig_171_illust.jpg

    【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

    2020.04.28 カンコーホームルーム 学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。