2019.06.25 カンコーホームルーム Vol.161「女子高校生のスラックス制服に関する意識」

fig_161_illust.jpg

女子制服と言えば、どのような制服を思い浮かべるでしょうか。セーラー服やスーツ、ブレザーにチェック柄のスカートなどをイメージする人が多いようですが、ブレザーにスラックスというパンツスタイルを女子制服として採用する学校も増えています。では、女子高校生自身は制服でスカートとスラックスのどちらを着用したいと思っているのでしょうか?今回は女子高校生のパンツスタイル(スラックス)の認識やイメージについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の女子高校生 600人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2019年3月

1.女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度

全国の女子高校生に、女子制服で、スカートとスラックスを選べる学校があることを知っているかを尋ねたところ「知っている」(62.3%)、「知らない」(37.7%)という結果で、スカートとスラックスを選択着用できる学校があることを知っている女子高校生は6割を超えていました。

fig_161_01.jpg

【図1】 あなたは、女子制服で、スカートとスラックスを選べる学校があることを知っていますか。(単数回答)

2.女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ

女子制服のパンツスタイル(スラックス)については、「自由でよい」(41.0%)、「動きやすそう」(38.0%)、「暖かそう」(28.8%)というポジティブなイメージが上位にあがりましたが、次に、「違和感がある」(18.8%)、「かわいくない」(18.7%)、「女子高校生らしくない」(16.2%)といったマイナスイメージも見られました。

fig_161_02.jpg

【図2】 あなたは、女子制服のパンツスタイル(スラックス)について、どのように思いますか。(複数回答)

3.着用したい制服のタイプ

制服はスカートとスラックスのどちらを着用したいかという問いに対しては、「スカート」(70.3%)が多く、「スカートとスラックスのどちらも着たい」(25.2%)をあわせるとスカートを着用したいという回答は9割を超えていました。また、「スラックス」(4.5%)を着用したいという回答は少数でしたが、「スカートとスラックスのどちらも着たい」(25.2%)をあわせるとスラックスを着用したいという回答は約3割という状況でした。

fig_161_03.jpg

【図3】 あなた自身は、制服はスカートとスラックスのどちらを着用したいですか。(単数回答)

女子制服のパンツスタイル(スラックス)は、冬場の寒さ対策や性的少数者(LGBT)の子どもへのジェンダーフリーの観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。この動きの特徴は、スカートとスラックスのどちらも「選択制」で選べるということで、スカートとスラックスのどちらを着用するかは制服を着る生徒自身(本人)に委ねられています。
今回、全国の女子高校生を対象にスラックス制服に関する意識を調べたところ、女子制服で、スカートとスラックスを選択着用できる学校があることを知っている女子高校生は6割を超えていました。女子制服のパンツスタイル(スラックス)については、「自由でよい」(41.0%)、「動きやすそう」(38.0%)、「暖かそう」(28.8%)、「かっこいい」(15.7%)、「かわいい」(3.5%)という肯定的な回答が多く見られる一方で、「違和感がある」(18.8%)、「かわいくない」(18.7%)、「女子高校生らしくない」(16.2%)といった否定的な意見も見られます。その要因として、女子高校生が着たい制服のタイプは、「スカート」(70.3%)、「スカートとスラックスのどちらも着たい」(25.2%)、「スラックス」(4.5%)と意見が分かれていて、個人の嗜好によって、パンツスタイル(スラックス)についても賛否両論です。調査結果では、スカート派が圧倒的に多く、スラックス派は少数ですが、どちらも制服として着用したいという回答も25.2%あることから、スカートとスラックスの「選択制」を望む女子高校生は4人に1人と多いと言えます。
学校制服は、皆で全く同じものを着るという時代から、その学校らしさを表現しながら、制服を着る生徒自身(本人)を第一に考えた制服を着るという時代にシフトしています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_175_illust.jpg

【Vol.175】「新型コロナウイルスと学校生活」

2020.08.25 カンコーホームルーム 新型コロナウイルスの感染者数は、世界で2,000万人を超え(2020年8月時点)、日本では感染の波が若年層である学生にも広がっています。学校生活にも大きな変化を余儀なくされている中、今、学校ではどのような課題があるのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に新型コロナウイルス感染症に対する意識、学校での感染症の予防・対策や、学校行事・活動の影響について調査しました。

fig_174_illust.jpg

【Vol.174】「日本の制服文化」

2020.07.28 カンコーホームルーム 世界には196か国の国があります。外務省の発表資料によると、これは現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。このように多くの国々がある中、日本に住む人々は、日本のことをどのように感じているのでしょうか?今回は、日本に対する印象や学校制服について、全国の10~60代の男女2,472人に調査しました。

  • fig_173_illust.jpg

    【Vol.173】「オンライン授業の状況」

    2020.06.30 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。
  • fig_172_illust.jpg

    【Vol.172】「9月入学制の賛否」

    2020.05.26 カンコーホームルーム 学校の新学期のスタートを、4月から9月に変更する「9月入学制」を求める動きが強まっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長引く中、子どもの学習遅れの打開策として入学式を秋にずらす「9月入学制」案が急浮上していますが、子どもを持つ保護者の方はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、現在(2020年5月)の子どもの通学状況、子どもに関する不安、9月入学制の賛否について調査しました。
  • fig_171_illust.jpg

    【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

    2020.04.28 カンコーホームルーム 学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。