2019.01.29 カンコーホームルーム 【Vol.156】 「中高生の着用制服タイプと求めること」

fig_156_illust.jpg

学校制服には、詰襟、セーラー、ブレザー、スーツなど様々なタイプがあります。現在、中高生はどのようなタイプの学校制服を着ているのでしょうか?今回は中高生の着用制服タイプや着ていて気になること、制服に必要だと思うことについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中高校生の男女 437人
  • 調査方法:郵送調査
  • 実施時期:2018年7月

1.着用制服のタイプ

男子中高生が着ている制服のタイプは、「詰襟」(52.4%)、「ブレザー」(32.5%)、「スーツ」(7.8%)の順で多く、女子中高校生は「ブレザー」(47.6%)、「セーラー」(29.9%)、「スーツ」(13.4%)、「セーラージャケット」(2.6%)、「イートン」(1.7%)という割合で着用されているという結果になりました。

fig_156_01.jpg

【図1】 現在、あなたが着用している制服(冬服)のタイプは何ですか。(単数回答)

2.制服を着ていて気になること

中高生が制服を着ていて気になることは、女子は「見た目(デザイン・色・シルエット)」(53.3%)が最も多く、男子は「動きやすさ」(40.2%)や「着心地・肌触り」(32.0%)が多いという結果になりました。

fig_156_02.jpg

【図2】 制服を着ていて気になることは、どのようなことですか。(複数回答)

3.制服に必要だと思うこと

中高生が制服に必要だと思うことは、女子は「デザインの良さ」(72.0%)、「動きやすさ」(59.1%)、「暑さ寒さに対応して快適である」(57.8%)、「家庭で洗濯できる」(49.3%)などが必要なこととしてあげられました。男子は、「動きやすさ」(59.8%)、「着心地・肌触りの良さ」(46.9%)、「暑さ寒さに対応して快適である」(46.4%)、「汚れにくい・汚れが目立たない」(40.2%)という結果になりました。

fig_156_03.jpg

【図3】 制服に必要だと思うことは、どのようなことですか。(複数回答)

卒入学シーズンが近づくと、長年着ていた制服を着られなくなることへの寂しさや、新しい学校の制服を着ることへの嬉しさや緊張など、ワクワク・ドキドキした気持ちで過ごしている学生も多いのではないでしょうか。
今回、全国の中高校生を対象に学校制服の着用タイプ調査をしたところ、男子中高生が着ている制服のタイプは、「詰襟」(52.4%)、「ブレザー」(32.5%)、「スーツ」(7.8%)、女子中高校生は「ブレザー」(47.6%)、「セーラー」(29.9%)、「スーツ」(13.4%)、「セーラージャケット」(2.6%)、「イートン」(1.7%)など、様々なタイプがあることがわかりました。その制服を着ていて気になることは、女子は「見た目(デザイン・色・シルエット)」(53.3%)、男子は「動きやすさ」(40.2%)が最も多く、制服に必要だと思うことは、女子は「デザインの良さ」(72.0%)、男子は「動きやすさ」(59.8%)が最も多く、気になる点と必要だと思う点はイコールであることがわかりました。さらに、中高生が制服に必要だと思うことは、女子は「デザインの良さ」以外に、「動きやすさ」(59.1%)、「暑さ寒さに対応して快適である」(57.8%)、「家庭で洗濯できる」(49.3%)があげられています。男子は、「動きやすさ」以外に、「着心地・肌触りの良さ」(46.9%)、「暑さ寒さに対応して快適である」(46.4%)、「汚れにくい・汚れが目立たない」(40.2%)など、快適性や機能面に関するニーズが多いということがわかりました。
学校制服は毎日着るものだからこそ、デザイン・機能など気になる点も多いようです。学生時代にしか着ることのできない制服を通じて、夢や思い出を育んでほしいものです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。