2018.11.27 カンコーホームルーム 【Vol.154】 「中学生の好きな教科・嫌いな教科」

fig_154_illust.jpg

日本の義務教育は、小学校6年間と中学校3年間の計9年間です。この義務教育期間の「学習指導要領」では、全国のどの地域で教育を受けても、一定の水準の教育を受けられるようにするため、それぞれの教科等の目標や教育内容が定められています。また、各学校では、この「学習指導要領」や年間の標準授業時数等を踏まえ、地域や学校の実態に応じた教育課程(カリキュラム)を編成して、中学生の状況に応じた授業も実施されているようです。今回は、全国の中学生を対象に、自分が通っている中学校の授業の楽しさや、好きな教科と嫌いな教科について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学生の男女 214人
  • 調査方法:郵送調査
  • 実施時期:2018年7月

1.学校の授業の楽しさ

中学生に学校の授業が楽しいか聞いたところ、「とても楽しい」(18.2%)、「まあ楽しい」(59.8%)という回答を合わせると約8割の中学生が授業は楽しいと回答しています。

fig_154_01.jpg

【図1】 学校の授業は楽しいですか。(単数回答)

2.中学生の好きな教科

好きな教科は、「保健体育」(38.8%)が最も多く、次に「数学」(35.5%)、「社会」(33.2%)、「理科」(32.7%)、「音楽」(32.2%)、「美術」(30.4%)の順になりました。来年度から全面実施される「道徳」(6.5%)を好きな教科にあげる中学生は少ないという結果になりました。

fig_154_02.jpg

【図2】 あなたが好きな教科をすべてお答えください。(複数回答)

3.中学生の嫌いな教科

嫌いな教科として最も回答が多かった教科は「数学」(37.9%)でした。次に、「外国語」(32.7%)、「国語」(30.4%)と「理科」(30.4%)が同数で、続いて、「社会」(27.1%)、「音楽」(23.8%)、「美術」(23.4%)という順位でした。「総合的な学習の時間」(10.3%)は、2002年度から施行されていますが、嫌いな教科としてあげる中学生は少ないという状況です。

fig_154_03.jpg

【図3】 あなたが嫌いな教科をすべてお答えください。(複数回答)

学習指導要領は、約10年毎に改訂されています。国際化が進む中で、「外国語」などのニーズは社会的に高まっていますが、「外国語」の授業が嫌いという中学生も少なくないようです。
今回、全国の中学生を対象とした調査では、中学校の授業は「とても楽しい」(18.2%)、「まあ楽しい」(59.8%)と多くの中学生が授業は楽しいと回答しています。その授業の好きな教科は、「保健体育」(38.8%)、「数学」(35.5%)、「社会」(33.2%)、「理科」(32.7%)、「音楽」(32.2%)、「美術」(30.4%)という結果になりました。一方、嫌いな教科は、「数学」(37.9%)、「外国語」(32.7%)、「国語」(30.4%)、「理科」(30.4%)、「社会」(27.1%)、「音楽」(23.8%)、「美術」(23.4%)という順位でした。中学生の好きな教科の1位と、嫌いな教科の2位に「数学」が入っていることから、特に、「数学」は個人による好き嫌いが分れる教科であるようです。また、新しく施行されている「道徳」や「総合的な学習の時間」に対しては、好き嫌いのどちらの上位にもあがらない教科であることがわかりました。
現在、2030年以降の社会を見据えた教育課程(カリキュラム)が実施されて、新しい時代を迎えようとしています。中学校は、全国のどの地域でも一定の水準の教育を受けられる義務教育学校として、これからの変化の激しい社会に対応できるよう、子どもたちの未来につながる力の育成が期待されています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

senseiyell_pc_w1136h432-02.jpg

fig_178_illust.jpg

【Vol.178】「いじめの把握と対応状況」

2020.11.24 カンコーホームルーム SNSなどを用いたいじめについては、外部から見えにくい・匿名性が高いなどの性質を有するため、いじめの実態を学校や保護者が認知しきれていない場合もあるようです。では、自分の子どもがいじめの被害にあったときに、保護者はどのような対応をしているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象にお子様の学校のいじめの有無、いじめの相談を受けた経験、いじめ被害にあった時の行動について調査しました。

fig_177_illust.jpg

【Vol.177】「オンライン授業の評価」

2020.10.27 カンコーホームルーム Society 5.0 時代を生きる子どもたちにとって、オンライン授業は新しい日常が急に訪れたようなものです。それは学校にとっても急激な社会変化であり、今や、社会のあらゆる場所で ICT の活用が広がっています。では、学校でのICTの活用はどのようになっているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員を対象に、オンライン授業の実施経験の有無、教師が思うオンライン授業の評価とその理由について調査しました。

  • fig_176_illust.jpg

    【Vol.176】「小学校の工場見学」

    2020.09.29 カンコーホームルーム 社会科学習の中でも「工場見学」は、普段見ることができない工場内での製造過程を実際に見たり体験できたりすることで、子どもたちに人気の体験学習の1つです。しかし、今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、やむなく工場見学を中止する学校が多いようです。では、工場見学を中止した学校はどのような代替学習を行っているのでしょうか?今回は、全国の小学校の教員100人を対象に今年度の工場見学の実施状況・予定、工場見学の代わりの学習内容、工場見学で学んでほしいことについて調査しました。
  • fig_175_illust.jpg

    【Vol.175】「新型コロナウイルスと学校生活」

    2020.08.25 カンコーホームルーム 新型コロナウイルスの感染者数は、世界で2,000万人を超え(2020年8月時点)、日本では感染の波が若年層である学生にも広がっています。学校生活にも大きな変化を余儀なくされている中、今、学校ではどのような課題があるのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に新型コロナウイルス感染症に対する意識、学校での感染症の予防・対策や、学校行事・活動の影響について調査しました。
  • fig_174_illust.jpg

    【Vol.174】「日本の制服文化」

    2020.07.28 カンコーホームルーム 世界には196か国の国があります。外務省の発表資料によると、これは現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。このように多くの国々がある中、日本に住む人々は、日本のことをどのように感じているのでしょうか?今回は、日本に対する印象や学校制服について、全国の10~60代の男女2,472人に調査しました。