2018.10.30 カンコーホームルーム 【Vol.153】 「将来の夢とやりたい仕事」

fig_153_illust.jpg

最近の子どもは将来(未来)に夢を持てていない子どもが多いと言われます。しかし、一方で将来(未来)やりたい仕事を聞くと、「ユーチューバー」、「ゲームクリエーター」、「サッカー選手」、「イラストレーター」、「インテリアデザイナー」、「ファッション・服飾関係」、「パテシェ」、「獣医」、「科学者」、「弁護士」、「医者」、「看護師」、「教師」、「公務員」など具体的な職業名が出てきます。子どもにとって、将来の夢と、やりたい仕事はイコールではないのではないのでしょうか。今回は、中高生を対象に、将来の夢と将来やりたい仕事それぞれの有無、学校での学びが将来に役立つかについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中高校生の男女 437人
  • 調査方法:郵送調査
  • 実施時期:2018年7月

1.将来の夢の有無

中高生に将来(未来)の夢の有無を聞いたところ、将来(未来)に夢が「ある」(47.8%)、「ない」(52.2%)という回答で、夢を持っていないという子どもは半数を超えました。

fig_153_01.jpg

【図1】 あなたは、将来(未来)に夢はありますか。(単数回答)

2.将来やりたい仕事の有無

将来(未来)、やりたい仕事の有無は、やりたい仕事が「ある」(65.7%)、「ない」(33.6%)という結果になりました。また、具体的な職業名をあげていなくても、「人を笑顔にさせる仕事に就きたい」、「人のために役立つような仕事をしたい」、「得意の語学を生かし、世界中の人と交流をもつこと」、「自分が得意としたり、好きなことができる仕事」などの声もありました。

fig_153_02_1.jpg

【図2】 あなたは将来(未来)、やりたい仕事はありますか。(単数回答)

fig_153_02_2.jpg

3.学校での学びは将来に役立つか

中高生が学校で学んでいることは、自分の将来(未来)に役立つか聞いたところ、「とてもそう思う」(18.3%)、「ややそう思う」(52.6%)をあわせると7割以上の子どもが、学校での学びは将来(未来)に役に立つと思っているという結果になりました。

fig_153_03.jpg

【図3】 今、学校で学んでいることは、あなたの将来(未来)に役に立つと思いますか。(複数回答)

子どもに将来(未来)やりたい仕事を問うと、将来「○○になりたい!」と具体的な職業名があがってきますが、やりたい仕事は決まっていても、将来(未来)に夢を持てていないという子どもも少なくはないようです。
今回、全国の中高校生を対象に将来の夢とやりたい仕事を調査したところ、将来(未来)に夢が「ある」(47.8%)、「ない」(52.2%)という結果で、将来(未来)に夢を持っていないという中高生は半数を超えています。一方、将来(未来)やりたい仕事が「ある」(65.7%)という回答は6割を超え、具体的な職業名が明確になっていたり、具体的な職業名をあげていなくても、「人を笑顔にさせる仕事に就きたい」、「人のために役立つような仕事をしたい」、「得意の語学を生かし、世界中の人と交流をもつこと」、「自分が得意としたり、好きなことができる仕事」など、自分自身が仕事をする目的や意義が明確になっている中高生もいるようです。今、中学・高校で学んでいることについて、7割以上の子どもは「学校での学びは将来(未来)に役に立つ」と思っていることからも、学生時代は社会に出るまでの重要な準備期間のようです。
学生時代は同年代の多様なコミュニティを形成できる時期でもあります。その時期に、自分の好きなことや得意なこと、そしてやりたいことを見つけて、一人一人に自分らしい将来(未来)を描いてほしいものです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

senseiyell_pc_w1136h432-02.jpg

fig_173_illust.jpg

【Vol.173】「オンライン授業の状況」

2020.06.30 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。

fig_172_illust.jpg

【Vol.172】「9月入学制の賛否」

2020.05.26 カンコーホームルーム 学校の新学期のスタートを、4月から9月に変更する「9月入学制」を求める動きが強まっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長引く中、子どもの学習遅れの打開策として入学式を秋にずらす「9月入学制」案が急浮上していますが、子どもを持つ保護者の方はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、現在(2020年5月)の子どもの通学状況、子どもに関する不安、9月入学制の賛否について調査しました。

  • fig_171_illust.jpg

    【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

    2020.04.28 カンコーホームルーム 学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。
  • fig_170_illust.jpg

    【Vol.170】「卒業式で泣いたことのある先生」

    2020.03.31 カンコーホームルーム 卒業式は、学生生活の最後の晴れ舞台です。毎日のように会っていたクラスメイトや先生と会えなくなるという寂しさや楽しかった思い出などを振り返って、卒業式に涙を流す児童・生徒も少なくはないようですが、卒業生を送り出す先生はどのような思いなのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、卒業式で泣いた経験の有無や泣いた理由などについて調査しました。
  • fig_169_illust.jpg

    【Vol.169】「学校の感染症への対策」

    2020.02.25 カンコーホームルーム 冬になると、風邪やインフルエンザやノロウィルスなど様々な感染症が流行します。今年は特に「新型コロナウイルス感染症」の発生によって、感染症への予防に注目が高まっています。では、学校はどのような感染症への対策を行っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、学校での感染症の流行の状況、学校での感染症の予防・対策の有無やその内容について調査しました。