2017.11.28 カンコーホームルーム 【Vol.142】 「体操服の困り事」

fig_142_illust.jpg

体操服は時代とともに変化し、デザインだけではなく、機能性も進化しています。しかし、中高生に調査をしてみると、体操服のデザインや機能性への不満も少なからず見られます。その中で、「体操服の着ているときに下着が透けて見える」という困り事の声を聞きます。今回は中高生の男女を対象に、体操服の下のインナー着用状況、体操服の透けが気になった経験の有無、透けない体操服の着用意向ついて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:中学・高校生の男女 600人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2017年7月

1.体操服の下のインナー着用状況

体育の授業中に、体操服の下のインナーを着ている割合は、男子は「着ている」(41.0%)、女子は「着ている」(76.7%)という状況で、女子の7割以上は体操服の下にタンクトップやキャミソールなどのインナーを着用していると回答しています。

fig_142_01.jpg

【図1】 体操服の下に、インナー着用していますか。(単数回答) 

2.体操服の透けが気になった経験の有無

体操服の透けが気になった経験は、男子は「ある」(11.3%)、女子は「ある」(29.7%)という結果で、女子の3割は体操服の透けが気になった経験があると回答しています。

fig_142_02.jpg

【図2】 体操服の透けが気になった経験はありましたか。(単数回答) 

3.透けない体操服の着用意向

透けない体操服の着用意向は、男子は「着たい」(71.0%)、女子は「着たい」(88.0%)と男女ともに高く、特に女子は透けない体操服を着たいという意向が強くみられました。その理由は、「透けると恥ずかしいから。」(女子中学生)、「他の人の目が気になるので、透けないほうがいいと思う。」(女子高校生)、「気にしないで体育に集中できそうだから。」(女子高校生)などの声がありました。

fig_142_03_1.jpg

【図3】 あなたは透けない体操服を着用したいですか。(単数回答)

fig_142_03_2.jpg

中学校の学習指導要領によると、総授業時数の1,015時間の中で、保健体育の授業時数は105時間あることから、体操服を着る授業時間は1割を占めると言えます。また、体育の授業以外にも、課外学習や部活動など体操服を着る機会が多いことからも、体操服は学校生活に密着していると言えます。
今回、全国の中学・高校生を対象に体操服の困り事を調査したところ、男子の約4割、女子の7割以上は体操服の下にタンクトップやキャミソールなどのインナーを着用してますが、体操服の透けが気になったという経験については、男子は約1割、女子の約3割はあると回答しています。このことから、透けない体操服の着用意向は、男子は「着たい」(71.0%)、女子は「着たい」(88.0%)と高く、特に女子は透けない体操服を着たいという意向が強くみられました。その理由は、男女共に下着が透けて見えることが恥ずかしい、体育に集中できない、他人の目が気になるなどの声がありました。
体操服は、1964年の東京オリンピックがきっかけとなって、女子の「ブルマ」が登場しました。しかし、女子生徒の「恥ずかしい」との声から、現在ではブルマはあまり見かけなくなり、「ハーフパンツ」などが主流になっています。今後も時代の声を反映して体操服の進化が求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_183_illust.jpg

【Vol.183】夏制服で長袖シャツを着る理由

2021.04.27 カンコーホームルーム 衣替えの時期は、地域によって差はありますが、近年では気温の上昇と共に夏制服を着るタイミングも年々早くなっているようです。そのような中、夏制服に長袖シャツを着ている中高生も見かけます。なぜ、中高生は夏の暑い時期でも半袖シャツを着用しないで、長袖シャツを着ているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の子どもを持つ母親1,200人を対象に、お子様の夏制服のシャツの透けが気になるか、夏の半袖・長袖シャツの着用状況、長袖を着る理由について調査しました。

fig_182_illust.jpg

【Vol.182】部活動で身につく力

2021.03.30 カンコーホームルーム 進学時に生徒が注目する学校生活の1つに「部活動」があります。部活動は、学校教育の一環として、生徒の自主的・自発的な自由参加により、授業クラスの違う生徒や異なる年齢・学年の生徒と共に、スポーツや文化、科学など様々な内容が行われています。では、部活動の取り組みによって、どのような力が身についているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の子どもを持つ母親1,200人を対象に、お子様の部活動の加入状況、部活動で得たもの、職場や地域社会で必要な力について調査しました。

  • fig_180_illust2.jpg

    【Vol.181】「LGBTQ」の生徒への服装の配慮

    2021.02.23 カンコーホームルーム 最近では、性別に関わらず自分が着たいと思うスタイルの制服を着ることのできる学校があったり、ジェンダーフリーを目指すための制服としてジェンダーレス制服を採用する学校も増えるなど、制服の在り方も変化しています。では、学校での「LGBTQ」の生徒への服装の配慮はどのような状態なのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に、「LGBTQ」※という言葉の認知度、学校での服装による「LGBTQ」の生徒への配慮、ジェンダーレス制服として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。
  • fig_180_illust.jpg

    【Vol.180】「学校制服の詰襟・セーラーの評価」

    2021.01.26 カンコーホームルーム 近年、学校制服のブレザー化が進んでいます。ブレザーを採用する背景には、その学校らしさを象徴するデザインや色・柄・エンブレムなどを用いて学校の個性を引き出したり、ジャケットの着脱が容易であるため温度調整がしやすかったり、服装で男女を区別しない配慮などがあります。では、旧来からある詰襟(学ラン)・セーラーは、どのように思われているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象に詰襟(学ラン)・セーラーの評価と、お子様に着せたい制服のタイプについて調査しました。
  • fig_179_illust.jpg

    【Vol.179】「母親が学校制服に求めること」

    2020.12.29 カンコーホームルーム 新しい年を迎えると、卒入学シーズンが近づき、制服の話題も増えていきます。特に、お子様の制服選びは、学校生活を快適に過ごすうえで重要であるため慎重になる方も多いようです。では、学校制服に必要なことはどのようなことでしょうか?今回は、全国の中学・高校の子どもを持つ母親1,200人を対象にお子様の通う学校制服の評価と、学校制服で気になることや必要なことについて調査しました。