2017.05.30 カンコーホームルーム 【Vol.136】 「制服のニオイ」

illust136-300x257.png

暑い季節になると、気になるのが“ニオイ”です。特に、思春期の男子の子どもを持つ母親は、子どもの制服に付着したニオイが気になることが多いようです。そこで今回は、中学1・2年生の男子の子どもがいる母親に、制服のニオイの有無やその原因、ニオイの対処方法について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学1・2年生の男子の
         子どもがいる母親600人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2017年4月

1.制服のニオイの有無

お子様の制服に付着したニオイが「気になる」(23.8%)、「少し気になる」(42.0%)をあわせると、母親の65.8%がお子様が着用している制服のニオイは気になると回答しています。

136_01.png

【図1】 お子様が着用している制服のニオイは気になりますか。(単数回答) 

2.制服のニオイの原因

制服のニオイの原因は、「汗のニオイ」(94.7%)が圧倒的に多く、次に「家のニオイ」(5.8%)、「洗濯後の生乾きのニオイ」(3.8%)、「カビのニオイ」(3.0%)、「制汗剤のニオイ」(2.3%)などがあげられました。「その他」(5.3%)では、「給食や食べこぼしのニオイ」、「お風呂に入らない」、「思春期の体臭」などがあげられました。

136_02.png

【図2】 制服のニオイの原因は、何だと思いますか。(複数回答)

3.制服のニオイの対処方法

制服のニオイの原因が「汗のニオイ」と思うと回答した人に、そのニオイの対処方法を聞いたところ、「消臭スプレー」(55.6%)でニオイを消すという回答が半数を超え、次に、「洗濯(洗剤と柔軟剤)」(36.9%)、「天日干し」(27.0%)、「クリーニング」(23.5%)、「洗濯(洗剤のみ)」23.0%、制服に蒸気をあてる「スチーム」(2.1%)という結果になりました。また、対処を「特にしていない」(8.0%)という回答も1割近くみられました。

136_03.png

【図3】 制服のニオイの原因が、「汗のニオイ」とお答えの方にお聞きします。
ニオイの対処方法に、どのようなことをしていますか。(複数回答)

4.制服のニオイの消臭状況

その対処方法で、制服に付着したニオイがどれくらい消えたのか聞いたところ、「完全に消えている」(36.6%)、「少し消えている」(59.0%)、「全く消えていない」(4.4%)という結果となり、ニオイ残りが気になるという回答は半数を超えました。

136_04.png

【図4】 その対処方法で、制服のニオイは、どれくらい消えましたか。(単数回答)

近年、「スメルハラスメント(スメハラ)」という言葉が取り沙汰されています。スメルハラスメントとは、体臭や口臭などによって周囲に不快感を与えることを言い、学校では、隣の席の人のニオイが臭いという理由から、いじめの原因になるケースもあるようです。
今回、中学1・2年生の男子の子どもがいる母親を対象にした調査では、お子様の制服に付着したニオイが「気になる」(23.8%)、「少し気になる」(42.0%)をあわせると、6割以上の母親が制服のニオイが気なっているようです。そのニオイの原因は、「汗のニオイ」(94.7%)と回答した人が圧倒的に多く、制服に付着したニオイの対処方法は、「消臭スプレー」(55.6%)、「洗濯(洗剤と柔軟剤)」(36.9%)、「天日干し」(27.0%)、「クリーニング」(23.5%)、「洗濯(洗剤のみ)」(23.0%)、「スチーム」(2.1%)など、様々な工夫がみられました。しかし、その対処方法で、制服に付着したニオイがどれくらい消えたのか聞いたところ、「完全に消えている」(36.6%)、「少し消えている」(59.0%)、「全く消えていない」(4.4%)という状況で、実際はニオイが完全に落ちていないため、ニオイ残りが気になるという回答は半数を超えました。
汗ばむ機会が多くなるこの時期は、どうしても制服に汗は付着してしまいます。その汗を長時間放置すると制服に雑菌が繁殖して、ニオイの原因になります。ニオイの元となっている本人は自身のニオイに無自覚なことが多いため、制服のニオイを防ぐためには、こまめに洗濯やケアをして、いつも清潔にしておくことが重要です。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_164_illust.jpg

【Vol.164】「10~60代のSDGsに関する意識」

2019.09.24 カンコーホームルーム 「誰一人取り残さない」という理念のもと、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、貧困や飢餓、海洋プラスチックゴミの削減や森林や生態系を気候変動から守ることなど、17の目標と169のターゲットについて、社会・経済・環境など統合的に取り組むものです。では、日本で「SDGs」はどれほど浸透しているのでしょうか?今回は、10~60代の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。

fig_163_illust.jpg

【Vol.163】「学生時代のクラブ・部活動の取り組み」

2019.08.27 カンコーホームルーム 夏休みの一大イベントで、全国中学校体育大会、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、全国高等学校総合文化祭、全国高校野球選手権大会などがあります。日頃、学生の打ち込んできたクラブ・部活動の成果発表は大人が見ても気持ちが高まり感動します。では、学生時代にどのようなクラブ・部活動をしていたのでしょうか?今回は全国の10~60代の男女に、学生時代のクラブ・部活動の参加状況や、今振り返ってどのように思うか調査しました。

  • fig_162_illust.jpg

    【Vol.162】「制服のニオイに関する意識」

    2019.07.30 カンコーホームルーム 夏になって汗をかく季節になりました。汗は体温調節のために必要ですが、汗をかいたあとのニオイを気にする中高生も多いようです。では、中高生は汗をかいたときのニオイの対処をどうのようにしているのでしょうか?今回は制服のニオイ(衣類に付着した臭い)の対処法や汗のニオイが気になりだした時期について調査しました。
  • fig_161_illust.jpg

    Vol.161「女子高校生のスラックス制服に関する意識」

    2019.06.25 カンコーホームルーム 女子制服と言えば、どのような制服を思い浮かべるでしょうか。セーラー服やスーツ、ブレザーにチェック柄のスカートなどをイメージする人が多いようですが、ブレザーにスラックスというパンツスタイルを女子制服として採用する学校も増えています。では、女子高校生自身は制服でスカートとスラックスのどちらを着用したいと思っているのでしょうか?今回は女子高校生のパンツスタイル(スラックス)の認識やイメージについて調査しました。
  • fig_160_illust2.jpg

    【Vol.160】 「中高生のSDGsに関する意識」

    2019.05.28 カンコーホームルーム 最近、「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉がメディアに取り上げられる機会が増えています。「SDGs」は、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを基本的な理念としていますが、言葉を初めて聞く、内容がよくわからないという人も多いのではないでしょうか?今回は中高生の「SDGs」の認知度や関心度、社会貢献に対する意識ついて調査しました。