2016.10.25 カンコーホームルーム 【Vol.129】「6か国の高校生の制服に関する意識」

世界に目を向けると、様々な国で学校制服が採用されています。制服のタイプは、日本でも多く見られるブレザータイプ以外にも、暑い国ではブラウスとスカート・ズボンを組み合わせたシンプルな制服や、民族衣装を取り入れた制服など、その国ならではスタイルがあります。では、学校制服について高校生はどのように思っているのでしょうか?今回は、日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア、韓国、中国の高校生に学校制服の必要性とその理由について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:日本、アメリカ、イギリス、
         オーストラリア、韓国、中国の高校生
         600人(各国100名)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2016年8月

1.学校制服の好嫌度

6か国の高校生に、学校制服は好きですか?と質問をしたところ、日本の高校生は「好き」(22.0%)、「やや好き」(36.0%)を合わせると約6割の高校生が制服は好きと回答しています。学校制服が好きという回答が最も多かった国は、オーストラリアの「好き」(33.0%)、「やや好き」(33.0%)を合わせた66.0%でした。

【図1】 あなたは、学校制服は好きですか?(単数回答)

2.学校制服の必要性

学校制服が「必要」という高校生は、中国(73.0%)が最も多く、7割を超えました。次に、韓国(63.0%)、日本(62.0%)、イギリス(54.0%)、オーストラリア(46.0%)の順で多くなりました。6か国の中で、学校制服が「不要」という回答が「必要」という回答を上回ったのは、アメリカ(61.0%)のみでした。

【図2】 あなたは、学校制服は必要だと思いますか?(単数回答)

3.学校制服の必要性の理由

学校制服が「必要」と思う理由は、「制服に着替えると、学校に行くスイッチが入る」(日本の女子高校生)、「高校生という自覚が持てるから」(日本の男子高校生)、「自信をつけさせてくれる」(オーストラリアの女子高校生)など、制服を着ることでポジティブな気持ちへと気分の変化が起こることや、「いじめ防止になり、学校のいいイメージにつながる」(イギリスの女子高校生)、「服装による差別を防げる」(中国の男子高校生)、「教師たちが学校の敷地内と敷地外の両方で、生徒と、そうでない者を見分けることができるので、生徒の安全も守れる」(オーストラリアの女子高校生)など、いじめや差別が防止できることや防犯につながるなどのメリットが多く聞かれました。また、「不要」と思う理由としては、「私服のほうが楽」(日本の男子高校生)、「生徒が自分の好きな服を着られるべき」(アメリカの男子高校生)、「私服のほうが着心地がいい」(イギリスの女子高校生)、「見た目が非常に悪いため」(中国の女子高校生)など、私服と比べたときに着心地や見た目が悪いことや、自己表現できないというデメリットが聞かれました。

【表1】 学校制服が「必要」「不要」と思うそれぞれの理由(自由回答)

日本の高校では8割以上の学校で学校制服が採用されています。制服のタイプは、ブレザー、詰襟、セーラーなどのほか、スーツやイートン、ワンピースなどがバリエーションが豊富です。
今回、6か国の高校生の調査によると、日本は制服が「好き」(22.0%)、「やや好き」(36.0%)を合わせると約6割の高校生が制服は好きという結果になりました。日本以外の国でも、イギリス、オーストラリア、韓国、中国において半数以上の高校生が制服は好きと回答していることから、制服は様々な国で支持されているようです。また、学校制服が「必要」という回答は、中国(73.0%)、韓国(63.0%)、日本(62.0%)、イギリス(54.0%)、オーストラリア(46.0%)、アメリカ(15.0%)という結果となり、アジアで制服の必要性は高いということがわかりました。学校制服が「必要」と思う理由は、制服を着ることでポジティブな気持ちへと気分の変化が起こることや、いじめや差別が防止できることや防犯につながるなどのメリットが多く聞かれました。一方、「不要」と思う理由としては、私服と比べたときに着心地や見た目が悪いことや、自己表現できないというデメリットが聞かれました。いずれの国においても、高校生にとって、制服は毎日着る服だからこそ、着たときの着心地の良さや見た目の良さが求められているようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_174_illust.jpg

【Vol.174】「日本の制服文化」

2020.07.28 カンコーホームルーム 世界には196か国の国があります。外務省の発表資料によると、これは現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。このように多くの国々がある中、日本に住む人々は、日本のことをどのように感じているのでしょうか?今回は、日本に対する印象や学校制服について、全国の10~60代の男女2,472人に調査しました。

fig_173_illust.jpg

【Vol.173】「オンライン授業の状況」

2020.06.30 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。

  • fig_172_illust.jpg

    【Vol.172】「9月入学制の賛否」

    2020.05.26 カンコーホームルーム 学校の新学期のスタートを、4月から9月に変更する「9月入学制」を求める動きが強まっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長引く中、子どもの学習遅れの打開策として入学式を秋にずらす「9月入学制」案が急浮上していますが、子どもを持つ保護者の方はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、現在(2020年5月)の子どもの通学状況、子どもに関する不安、9月入学制の賛否について調査しました。
  • fig_171_illust.jpg

    【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

    2020.04.28 カンコーホームルーム 学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。
  • fig_170_illust.jpg

    【Vol.170】「卒業式で泣いたことのある先生」

    2020.03.31 カンコーホームルーム 卒業式は、学生生活の最後の晴れ舞台です。毎日のように会っていたクラスメイトや先生と会えなくなるという寂しさや楽しかった思い出などを振り返って、卒業式に涙を流す児童・生徒も少なくはないようですが、卒業生を送り出す先生はどのような思いなのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、卒業式で泣いた経験の有無や泣いた理由などについて調査しました。