2016.07.26 カンコーホームルーム 【Vol.126】「小学生の習い事」

学校や家庭以外の学びの場として、塾や習い事があります。体力づくり、学力を伸ばす、豊かな心や感性を育むなど、子どもの個性や才能を伸ばすための塾や習い事は数多くあります。では、最近の小学生はどのような習い事をしているのでしょうか。今回は、小学生の子どもを持つ母親を対象に、習い事の有無や人気の習い事について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の小学生の子どもを持つ母親
         1,200人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2016年7月

1.小学生の習い事の有無

全国の小学生の子どもを持つ母親に聞いたお子様の習い事の有無は、「塾や習い事をしている」(67.8%)、「塾や習い事をしていない」(32.3%)という結果となり、習い事している小学生は7割近くいるということがわかりました。

【図1】 あなたのお子様は、塾や習い事をしていますか?(単数回答)

2.小学生の習い事の内容

小学生の習い事は、1位「水泳」(38.4%)、2位「ピアノ・エレクトーン(音楽系)」(22.9%)、3位「英会話・英語」(20.9%)、4位「学習塾(国語・算数・理科など)」(20.3%)、5位「習字・硬筆」(15.4%)が人気でした。「その他」(12.0%)では、「バスケットボール」、「絵画」、「パソコン」、「チアリーディング」、「アイススケート」、「華道」、「茶道」、「ゴルフ」などがあげられました。

【図2】 お子様がしている塾や習い事の内容は?(複数回答)

3.小学生が習い事をしていない理由

一方、習い事していない小学生の理由は、子どもに習い事をさせる「時間がない」(38.2%)、「お金がない」(35.7%)という回答を合わせると時間の余裕や経済的な面から習い事を諦めているという回答は8割近くなります。次に、「子どもが行きたがらない」(34.9%)という回答が多く、子どもの意思で習い事をしていないという回答も3割を超えます。また、「学童保育施設内で塾や習い事ができるから」(2.6%)という回答も少数ですがみられました。

【図3】 あなたのお子様が、塾や習い事をしていない理由は?(複数回答)

小学生の習い事には、運動系や学習系や芸術系など様々あります。将来、受験や就職に役立つ英語や国語・算数・理科などの学習系は根強い人気ですが、全身の手足を動かすことでバランスの良い丈夫な体をつくる水泳は、小学生の習い事の新定番となっているようです。
今回、全国の小学生の子どもを持つ母親を対象にした調査では、「塾や習い事をしている」(67.8%)という小学生は7割近くいるということがわかりました。その小学生が取り組んでいる習い事は、「水泳」(38.4%)、「ピアノ・エレクトーン(音楽系)」(22.9%)、「英会話・英語」(20.9%)など、運動・芸術・学習系が人気トップ3でした。小学生が習い事していない理由は、「時間がない」(38.2%)、「お金がない」(35.7%)、「子どもが行きたがらない」(34.9%)という回答が多くみられました。また、「学童保育施設内で塾や習い事ができるから」(2.6%)という回答も少数あり、“学童保育”という新しい学びの場所も登場しているようです。
共働き世帯や核家族が増えている中で、子どもを塾や習い事に連れて行く時間がない(日中仕事で時間がない)という保護者の声も聞かれます。しかし、子どもの好きなことや、子どもの才能や学力を伸ばしてあげたいと思う気持ちは、どの保護者も同じです。子どもが保護者や家庭状況に左右されるのではなく、いろいろなことにチャレンジできる教育サポートが求められています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。