2016.04.26 カンコーホームルーム 【Vol.123】「中学生の体育着に求めること」

体育着は体育の授業以外にも、部活動や課外学習、掃除・奉仕活動、地域によっては、登下校や校内着として普段の授業など、制服を着ている時間よりも体育着を着ている時間のほうが長い学校もあるようです。では、中学生の子どもを持つ母親視点ではお子様の体育着について、どのようなことを求めているのでしょうか?今回は、中学生の子どもを持つ母親を対象に、お子様の体育着で気になることや必要だと思うことを調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学生の子どもを持つ母親600人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2015年5月

1.体育の授業以外で、体育着の着用有無

中学生の子どもがいる母親に聞いたお子様が体育の授業以外に体育着を着る機会は、男子中学生は「ある」(91.3%)、女子中学生は「ある」(90.6%)という結果になりました。

【図1】 体育の授業以外で、お子様が体育着を着るときはありますか。(単数回答)

2.体育着で気になること

お子様が着ている体育着で気になることは、全体では「洗濯・お手入れ方法」(38.2%)、「汗(汗ジミ、汗でベタつく、汗のニオイ)」(25.2%)、「着心地・肌触り」(23.7%)、「動きやすさ」(23.5%)という回答が多くなりました。男女別でみると、男子中学生は「汚れが付きやすい・目立つ」(26.7%)が女子中学生に比べて10ポイント以上多く、女子中学生は体育着の「透け(下着が透けて見える)」(15.7%)が気になるという回答が男子中学生に比べて10ポイント多くなりました。

【図2】 お子様の体育着で気になることは、どのようなことですか?(複数回答)

3.体育着に重視すること

体育着に必要だと思うことは、全体では「洗濯・お手入れのしやすさ」(72.8%)が最も多く、「丈夫さ・耐久性」(49.0%)、「吸汗・速乾性(汗を吸って、速く乾く)」(44.5%)、「着心地・肌触り」(39.3%)、「ストレッチ・伸縮性(動きやすさ)」(33.8%)などが多くなりました。女子中学生の母親は「透け防止(下着が透けて見えない)」(21.7%)ということが、男子中学生に比べて重視するという結果になりました。

【図3】 体育着で重視するのは、どのようなことですか?(複数回答)

中学生活では、体育の授業以外に体育着を着るシーンは多いようです。
今回、中学生の子どもを持つ母親を対象にした調査では、体育の授業以外に体育着を着る機会は、男子中学生、女子中学生ともに9割を超えていました。お子様の体育着で気になることは、「洗濯・お手入れ方法」(38.2%)、「汗(汗ジミ、汗でベタつく、汗のニオイ)」(25.2%)、「着心地・肌触り」(23.7%)、「動きやすさ」(23.5%)という回答が多くなりました。体育着に必要だと思うことは、「洗濯・お手入れのしやすさ」(72.8%)という回答が7割を超え最も多くなり、次に、「丈夫さ・耐久性」(49.0%)、「吸汗・速乾性(汗を吸って、速く乾く)」(44.5%)、「着心地・肌触り」(39.3%)、「ストレッチ・伸縮性(動きやすさ)」(33.8%)が多いという結果になりました。また、女子中学生の母親は「透け防止(下着が透けて見えない)」(21.7%)が必要という回答が5人に1人いることがわかりました。
体育着は、スポーツ時の運動機能を高めるとともに着用時のストレスを軽減させ、動きやすく、丈夫であることが求められています。そして、母親視点では「洗濯・お手入れのしやすさ」が最も重視しています。中学生活の様々な場面で着る機会のある体育着ですから、お子様自身と保護者の両者のニーズを満たす体育着を着用して、快適な中学生活を送ってほしいものです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。