2016.02.23 カンコーホームルーム 【Vol.121】「女子中高生の靴下事情」

ルーズソックス(1990年代)、紺色のハイソックス(2000年代)と長い丈の靴下の流行が続いていましたが、ここ数年は、ショートソックスに近い短め丈の靴下が人気となったり、冬はタイツを組み合わせるなど、女子中高生の足元(靴下)に変化がみられます。今回は、全国の中学・高校生の女子を対象に、冬制服の靴下のトレンドを調査しました。

調査概要

  • 調査対象:中学・高校生の女子2,500人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2015年1月

1.冬制服の靴下(全体)

冬の女子中学・高校生の制服の足元(靴下)は、ふくらはぎ丈の「レギュラーソックス」(37.5%)が最も多く、次に、ひざ下丈の「ハイソックス」(29.0%)、「タイツ」(17.0%)、足首より上の丈の「ショートソックス」(13.1%)、くるぶしまでの短い丈の「スニーカーソックス」(2.2%)の順で多いという結果になりました。

【図1】 制服(冬服)の足元は何を履いていますか?(単数回答)

2.冬制服の靴下(地域別、制服タイプ別)

地域別では、北海道は「ハイソックス」(40.0%)と「タイツ」(40.0%)の両方が多く、東北は「タイツ」(40.7%)が最も多く、九州・沖縄は「レギュラーソックス」(45.1%)の着用が全体に比べて多くみられます。また、制服のタイプ別では、セーラーは「レギュラーソックス」(42.0%)、ブレザーは「ハイソックス」(38.0%)との組み合わせが多いという結果になりました。

【図2】 制服(冬服)の足元は何を履いていますか?(単数回答)

3.学校で流行っている制服のアレンジ

女子中学・高校生の間で、学校で流行っている制服のアレンジは、「スカート丈を短くする」(32.2%)が最も多く、次に、「スカートの下にジャージを履く」(8.0%)、「大きいサイズのニットを着る」(7.3%)、「学校指定外のものを身につける」(5.7%)、「ネクタイ・リボンをずり下げる」(5.1%)という結果になりました。「ルーズソックスを履く」(0.3%)という回答はほとんどみられず、学校で流行っている制服のアレンジは「特にない」(55.1%)という回答も多くみられました。

【図3】あなたの学校で流行っている制服(冬服)のアレンジは?(複数回答)

ルーズソックスは制服のスカートを短くして履くことで、「脚が長く見える」、「太ももが細く見える」と言われて、女子中高生の間で大流行しましたが、ルーズソックスを校則で禁止する学校が増えてからは、紺色のハイソックスが主流となり、「清楚に見える」、「脚が細く見える」などの理由から、紺ソ(紺ハイ)ブームを築きました。
今回の女子中学・高校生対象に調査した学校制服の靴下事情では、冬制服の足元(靴下)は、ふくらはぎ丈の「レギュラーソックス」(37.5%)が最も多く、短め丈が多いという結果になりました。靴下丈を地域別でみると、「レギュラーソックス」(九州・沖縄45.1%、中国・四国43.2%)は西日本が多く、「ハイソックス」(近畿40.9%、北海道40.0%、関東39.3%)は関西より北の地域、「タイツ」(東北40.7%、北海道40.0%)は東日本で多いという地域傾向がありました。制服のタイプ別で靴下丈では、セーラーは「レギュラーソックス」(42.0%)、ブレザーは「ハイソックス」(38.0%)との組み合わせが多くみられました。また、学校で流行っている制服のアレンジは、「スカート丈を短くする」(32.2%)が3割程度であり、学校で流行っている制服のアレンジは「特にない」(55.1%)という回答が半数以上あることから、制服の着崩しをしている女子中高生は少ないようです。
靴下は、校則で色や丈の長さを指定されている場合もありますが、女子中高生にとっては、学校制服と組み合わせるファッションアイテムとして、制服のトレンドとともに変化しているようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_219_illust.jpg

【Vol.219】高校生が思う体操服に必要なこと

2024.04.30 カンコーホームルーム 体操服は、体育の授業で着用するためのスポーツウェアとして全国の小中高校で採用されています。そして、体育の授業以外にも、部活動や課外学習・遠足、地域によっては登下校や校内着として、体操服を着る場面もあるようです。では、高校生が思う体操服に必要なことはどのようなことでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、体操服を着るシーン、体操服を着ていて気になること、体操服で重視することを調査しました。

fig_218_illust.jpg

【Vol.218】高校生の自転車通学時のヘルメット着用状況

2024.03.26 カンコーホームルーム 改正道路交通法の施行により、2023年4月1日から年齢にかかわらず自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化されました。努力義務とは、「ヘルメット着用に努めなければならない」というものであって義務ではないため、ヘルメットを着用しなくても違反に対する罰則は定められてはいません。では、高校生の自転車通学時のヘルメット着用はどのような状況なのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、自転車乗車時のヘルメット着用の努力義務化の認知状況、ヘルメット着用の有無、ヘルメット着用時に気にすることを調査しました。

  • fig_217_illust.jpg

    【Vol.217】卒業後の制服とエコ意識

    2024.02.27 カンコーホームルーム 卒業式が終わると、卒業生は制服を着ることがなくなります。制服は学生生活の長い時間を共に過ごした思い出が詰まった服なので、着る機会がなくなっても手放すことを躊躇する人も少なくないようです。では、卒業後の着なくなった制服はどのようにしているのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、中学校で着用していた制服タイプ、卒業後の制服、制服を通じたエコ意識について調査しました。
  • fig_216_illust.jpg

    【Vol.216】中高生の着用制服と着たい制服タイプ

    2024.01.30 カンコーホームルーム 学校制服は、スクールアイデンティティ(SI)を表現し、生徒が着たくなるデザインや快適性、長時間着続けても耐久性に優れ丈夫でお手入れが簡単にできるものなど、時代とともに進化しています。そして、詰襟、セーラー服、ブレザー、スーツなど、様々なタイプがあります。では現在、中高生はどのようなタイプの学校制服を着ているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、着用している制服のタイプ、着たい制服のタイプとその理由について調査しました。
  • fig_215_illust.jpg

    【Vol.215】中高生が考える「学校制服の必要性」

    2023.12.26 カンコーホームルーム 受験・進学のときに気になることの1つに学校制服があります。学校制服は、学校毎にデザインや色・形・生地・仕様などが異なり、「憧れの○○学校の制服」や「あの制服を着たいから、この学校を受験する」という声もあるほどに中高生にとって関心の高いアイテムのようです。では現在、制服を着ている中高生は学校制服について、どのように思っているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、学校制服の必要性、学校制服の良い点や必要だと思うことについて調査しました。