2015.10.27 カンコーホームルーム 【Vol.117】「制服の洗濯・お手入れの方法」

大切な制服を長くキレイに着ていただくためには、普段の洗濯・お手入れが欠かせません。特に、制服の洗濯・クリーニングを行う際には、洗濯絵表示※を確認して正しい洗濯を行うことが重要となりますが、どれくらいの方が洗濯絵表示を確認して正しい洗濯を行っているのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、制服の洗濯・お手入れの方法や困っていることなど調査しました。


※洗濯絵表示は、衣類の内側に縫い付けられている小さな
タグで、洗い方や干し方、アイロンのあて方などの適切な
取り扱い方法が記入されています

調査概要

  • 調査対象:全国の小中高校生のいずれかの
         子どもを持つ親1,235人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2015年5月

1.制服の洗濯絵表示の確認

制服を洗濯・クリーニングする前に、洗濯絵表示を確認していますか?という質問に対して、制服を初めて洗う時に、「初回のみ、確認した」(55.5%)という回答は半数以上で、「毎回、確認している」(14.3%)をあわせると約7割が制服の絵表示を確認しているという結果になりました。

【図1】 制服(冬物上下)を洗濯・クリーニングする前に、
洗濯絵表示を確認していますか?(単数回答)

2.制服の洗濯・お手入れのタイミング

制服を洗濯・クリーニングを行うタイミングは、「衣替えのとき」(65.7%)と「学期末や長期休暇のとき」(57.5%)が多く、長い休みなどで子どもが制服を着なくなる時がタイミングとしてあげられました。また、制服の「汚れが気になったとき」(30.6%)、「ニオイが気になったとき」(12.6%)など、汚れ・ニオイなどが気になったときに不定期に洗濯・クリーニングを行っているという回答もありました。

【図2】 制服(冬物上下)を洗濯・クリーニングを行うタイミングは、
どのようなときですか?(複数回答)

3.制服の洗濯・クリーニングで困っていること

制服の洗濯・クリーニングで困っていることは、「子どもが毎日着ているため、なかなか洗えない」(58.9%)が最も多く、次に、「クリーニング代がかかる」(34.2%)、「クリーニング店に持って行くのが面倒」(22.3%)といったクリーニングに関することが多くあげられました。また、洗濯後に困っている内容として、「型崩れ」(17.2%)、「プリーツがとれる」(12.5%)、「生地が縮む・傷む」(10.0%)、「シワがよる」(8.0%)などの制服の劣化や、家庭洗濯した際に「乾きが遅い(翌日の通学までに乾かない)」(6.4%)なども困っている内容としてあげられました。

【図3】 制服(冬物上下)の洗濯・クリーニングでお困りのことは、
どのようなことですか?(複数回答)

制服には様々な種類があり、生地や混率、縫製方法などによって、洗濯・お手入れ方法は異なります。その方法を知るために重要な情報が、洗濯絵表示となるのですが、この洗濯絵表示を確認しないで洗濯をして、大切な制服を傷めてしまう方も少なくないようです。
今回の調査では、制服のある学校に通う小中高校生の子どもを持つ親の約7割が、制服の洗濯・クリーニングをする前に、洗濯絵表示を「初回のみ、確認した」(55.5%)、「毎回、確認している」(14.3%)と回答していましたが、残りの約3割は「全く確認していない」(30.1%)という状況であることがわかりました。制服の洗濯・クリーニングを行うタイミングとしては、「衣替えのとき」(65.7%)、「学期末や長期休暇のとき」(57.5%)、「汚れが気になったとき」(30.6%)という回答が多く、制服の洗濯・クリーニングで困っていることは、「子どもが毎日着ているため、なかなか洗えない」(58.9%)という回答が約6割で最も多くなり、長い休みなどで子どもが制服を着なくなる時以外にも、制服は日常的に汚れたら小まめに洗ってキレイな状態にしておきたいという気持ちがうかがえました。また、家庭洗濯での失敗は、「型崩れ」(17.2%)、「プリーツがとれる」(12.5%)、「生地が縮む・傷む」(10.0%)、「シワがよる」(8.0%)などの取り扱いを誤った洗濯方法が原因と思われるケースが多くみられました。
最近の制服は家庭で水洗いできる種類も増えていますが、家庭で手軽に洗濯ができるようになった反面、洗濯方法などの取り扱いを誤ってしまって、生地が縮んだり、色合いや形が変わってしまったりするなどのトラブルも発生しています。洗濯で失敗をしないためにも、必ず洗濯絵表示を確認することを心がけていただきたいものです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_190_illust.jpg

【Vol.190】高校生が考える「学校制服の必要性」

2021.11.30 カンコーホームルーム 日本中のどこでも当たり前のように目にする風景に「学校制服」があります。時代の変遷とともにデザインや機能など変化している学校制服ですが、実際に学校制服を着る立場の高校生たちは学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の高校に通う1年生~3年生の男女1,099人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性とその理由について調査しました。

fig_189_illust.jpg

【Vol.189】「ジェンダーレス制服」の導入背景

2021.10.26 カンコーホームルーム 近年、ファッション業界で「ジェンダーレス」という性別に関係なく着ることのできるファッションが注目されています。この潮流は、学校制服においても見られ、男女兼用のブレザータイプの制服や、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する動きが増加しています。では、「ジェンダーレス制服」は、どのような背景で広がっているのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員を対象に、服装による「LGBTQ」の生徒・児童への配慮の現状、学校での「LGBTQ」生徒・児童の把握状況、「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮として良いと思うスタイルについて調査しました。 ※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

  • fig_188_illust.jpg

    【Vol.188】 10~60代のSDGsに関する意識(2)

    2021.09.28 カンコーホームルーム SDGsが国連総会で採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)を含む約1週間は、世界各地でSDGsへの意識を高める様々な取り組みやイベントなどが開催されています。では、日本のSDGsに関する意識・行動は、どのような状態なのでしょうか?今回は、10~60代のSDGsの認知度や関心度、現在取り組んでいるSDGsの内容ついて調査しました。
  • fig_187_illust.jpg

    【Vol.187】コロナ禍における学校教育現場の課題

    2021.08.31 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症が拡大しています。各地域における緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置を受けて、夏休みの終了時期を延長したり、学校再開後に分散登校を予定したりする動きも出ています。では、子どもたちを取り巻く学校教育現場は、どのような状況なのでしょうか?今回は、全国の小学・中学・高校生の子ども持つ親を対象に、子どもに関することで不安に感じていることや、子どもの通学状況、オンライン学習の導入状況について調査しました。
  • fig_186_illust.jpg

    【Vol.186】学校教育とSDGs

    2021.07.27 カンコーホームルーム 現在、海洋プラスチック問題の解決に向けて、レジ袋の有料化やプラスチックストローの廃止など、世界中の様々な企業がSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。学校においても、SDGsに取り組む学校が増えています。では、学校ではどのようなSDGs教育を行っているのでしょうか?今回は、全国の小学・中学・高校の教員1,800人を対象に、学校でのSDGs教育の取り組み、SDGs教育の企画・運営、SDGs教育の実施内容について調査しました。