2014.11.25 カンコーホームルーム 【Vol.106】「自転車通学の状況」

通学や休日など、中学・高校生が自転車を利用する機会は多くあります。自転車は、手軽に使える便利な交通手段として浸透していますが、自転車が関与した交通事故も多発しています。今回は、全国の自転車通学をしている中学・高校生を対象に、自転車に乗っていてヒヤッとした経験や、自転車通学で困っていることを調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の自転車通学をしている
         中学・高校生の男女219人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2014年7月

1.自転車でヒヤッとした経験の有無

自転車に乗っていてヒヤッとした(危ないと思った)経験が「ある」(79.9%)という中学・高校生は多く、約8割が自転車通学中に危ない体験をしていました。

【図1】 自転車に乗っていて、
ヒヤッとした(危ないと思った)経験はありますか?(単数回答)

2.自転車でヒヤッとした内容

自転車に乗っていてヒヤッとした(危ないと思った)内容は、「自転車同士でぶつかりそうになった」、「狭い道路で車に接触しそうになった」、「お年寄りにぶつかりそうになった」など、いずれも重大な交通事故となる寸前が多く見られました。また、「雨が降っていて路面が濡れて滑って転んだ」、「縁石に乗り上げた」という天候や道路状態などの悪さによる事故も起きていました。

【表1】 自転車に乗っていてヒヤッとした(危ないと思った)ことは、
どのようなことですか?(自由回答)

3.自転車通学で困っていること

中学・高校生が自転車通学で困っていることは、「雨」(93.2%)が最も多く、次に「雪」(52.5%)、「風」(50.2%)、「暑い」(44.3%)、「寒い」(32.4%)といった天候に関することが上位にあげられました。また、「車の通行量が多い」(29.2%)、「夜道での車や人との接触事故」(14.6%)といった交通事情・事故なども困っていました。

【図2】 自転車で通学をしていて困っていることは、
どのようなことですか?(複数回答)

警視庁の発表によると、交通事故全体に占める自転車事故件数の割合は、ここ数年2割程度と高い水準で推移し、中学・高校生が関与する事故も少なくないようです。自転車は道路交通法では、自動車と同じ車両の一種(軽車両)となり、法律違反をして事故を起こすと、自転車利用者は刑事上の責任が問われ、相手にケガを負わせた場合、未成年であっても民事上の損害賠償責任も発生します。
今回の調査では、中学・高校生が自転車に乗っていてヒヤッとした(危ないと思った)経験は約8割と多く、その内容は「自転車同士でぶつかりそうになった」、「狭い道路で車に接触しそうになった」、「お年寄りにぶつかりそうになった」など、交通事故となる危険が潜んでしました。また、自転車通学で中学・高校生が困っていることは、「雨」(93.2%)が最も多く、自転車通学の9割以上の生徒が雨をあげています。次に「雪」(52.5%)、「風」(50.2%)、「暑い」(44.3%)、「寒い」(32.4%)といった天候に関することが多くあげられた他、「車の通行量が多い」(29.2%)、「夜道での車や人との接触事故」(14.6%)なども困っていました。
自転車は、その気軽さや便利さの裏にさまざまな危険が潜んでいるようです。自転車通学を行うにあたり、自転車事故防ぐため、中学・高校生の自転車通学におけるルールの遵守やマナーアップが望まれています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。