2011.11.29 カンコーホームルーム 【Vol.70】「中高一貫教育校」の進学意向

現在、全国に400校を超える「中高一貫教育校」があります。中高一貫教育は、これまでの中学校・高等学校に加えて、生徒や保護者が中高一貫教育をも選択できるようにすることにより、中等教育の一層の多様化を推進するもので、1999年(平成11年)4月から実施されています。今回は、高校生の子どもを持つ母親を対象に「中高一貫教育校」の認知度や進学意向などを調べました。

調査概要

  • 調査対象:全国の高校生の子どもを持つ母親300人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2011年7~8月

中高一貫教育校の認知

中高一貫教育校の認知度は、「知っている」が98.3%と、高校生の子どもを持つ母親のほとんどに中高一貫教育校は認知されているようです。

【図1】あなたは「中高一貫教育校」という学校があることをご存知ですか?(単数回答)

中高一貫教育校への進学意向

中高一貫教育校の進学意向は、「とても通わせたい」「まあ通わせたい」を合わせると32.5%でした。お子様を通わせたい理由としては、「教育の一貫性がある」「カリキュラムがしっかりしている」「高校受験がない」「大学受験対策などのメリット」という教育面の充実や受験の利点をあげる声が聞かれました。

【図2】「中高一貫教育校」にお子様を通わせたいと思いますか?(単数回答)

◆「通わせたい」理由

  • 独自のカリキュラムに従って学習をするので、大学受験対策などのメリットがある。(40代・北海道)
  • 学校が校風を大切にし、教師もプライドを持ち、教育に情熱と責任をもっていると感じるから。(50代・愛知)
  • 同じようなレベルの友達がいることや、カリキュラムがしっかりと考えられ、高度な授業が受けられる。(40代・東京)
  • 実際に通っていて、親子とも満足度が高いから。(40代・東京)
  • 授業のプログラムが大学受験向けだから。(40代・神奈川)
  • 高校受験がない分、大学受験に向けて勉強できるから。(40代・静岡)
  • 学習やクラブ活動が、充実して出来そうだから。(40代・広島)
  • 教育の一貫性があるから。(40代・兵庫)
  • 中学のときから将来を見据えた授業内容になっていて高校に進学してもゆとりを持って安心して学べる。(40代・和歌山)
  • 高校受験がないので。(50代・新潟)
  • 面倒見が良い。(40代・福岡)

◆「通わせたくない」理由

  • あまり詳しくは分からないから。(40代・大阪)
  • 中高一貫教育が良いものかどうかわからない。(40代・島根)
  • 詳しく知らないので。(30代・北海道)
  • 通えそうな距離で中高一貫校が無いから。(40代・神奈川)
  • 勉強にどう影響するのかわからないから。(30代・岩手)
  • 周りに中高一貫校に通わせている知人がいない。(50代・愛知)
  • 公立でその様な学校が無いから。(40代・三重)
  • 中高一貫教育校について具体的な情報を得ていないので判断できない。(30代・兵庫)
  • 短所も長所もないから。(50代・大阪)
  • メリットがわからない。(40代・埼玉)
  • 体験談など聞いたことがないから。(40代・石川)
  • 出会いが少なく閉鎖的なので。(40代・熊本)
【表1】「中高一貫教育校」にお子様を通わせたい・通わせたくない理由(単数回答)

中高一貫教育校は、(1)一つの学校において一体的に中高一貫教育を行う「中等教育学校」、(2)高等学校入学者選抜を行わずに、同一の設置者による中学校と高等学校を接続する「併設型の中学校・高等学校」、(3)既存の市町村立中学校と都道府県立高等学校が、教育課程の編成や教員・生徒間交流等の面で連携を深める形で中高一貫教育を実施する「連携型の中学校・高等学校」があります。
今回の調査結果によると、中高一貫教育校の存在は、高校生の子どもを持つ親の母親の98.3%が「知っている」と回答しています。しかし、子どもを中高一貫教育校に「通わせたい」という母親は3割程度であり、「通わせたくない」という母親も3割近く存在しました。通わせたくない理由としては、「中高一貫教育が良いものかどうかわからない」「メリットがわからない」「体験談など聞いたことがないから」という認識不足から生じる声が多く聞かれました。
従来の中学校・高等学校の制度に加えて、中高一貫教育校の学校数の増加により、教育課程や学習環境の選択肢は広がっています。今後、生徒一人一人の個性に合った教育が期待されます。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_174_illust.jpg

【Vol.174】「日本の制服文化」

2020.07.28 カンコーホームルーム 世界には196か国の国があります。外務省の発表資料によると、これは現在、日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。このように多くの国々がある中、日本に住む人々は、日本のことをどのように感じているのでしょうか?今回は、日本に対する印象や学校制服について、全国の10~60代の男女2,472人に調査しました。

fig_173_illust.jpg

【Vol.173】「オンライン授業の状況」

2020.06.30 カンコーホームルーム 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、「オンライン授業」を導入する学校も見られます。では、どれくらいの学校が「オンライン授業」を実施しているのでしょうか?今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中(2020年5月)に、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、子どもの家庭での学習状況、オンライン授業のときの子どもの服装、家庭学習で困っていることについて調査しました。

  • fig_172_illust.jpg

    【Vol.172】「9月入学制の賛否」

    2020.05.26 カンコーホームルーム 学校の新学期のスタートを、4月から9月に変更する「9月入学制」を求める動きが強まっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長引く中、子どもの学習遅れの打開策として入学式を秋にずらす「9月入学制」案が急浮上していますが、子どもを持つ保護者の方はどのように思っているのでしょうか?今回は、全国の小中高校に通う子どもを持つ保護者1,000人に、現在(2020年5月)の子どもの通学状況、子どもに関する不安、9月入学制の賛否について調査しました。
  • fig_171_illust.jpg

    【Vol.171】「教師になって良かったと思うこと」

    2020.04.28 カンコーホームルーム 学校の先生に感謝を示す日として、「教師の日」があります。これは、普段お世話になっている先生たちに感謝の気持ちを伝える文化で、日本でも浸透してきています。では、先生が教師になって良かったと思うことは、どのようなことでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、心に残っている学校生活や、教師という仕事へのやりがいの有無、教師になって良かったと思うときについて調査しました。
  • fig_170_illust.jpg

    【Vol.170】「卒業式で泣いたことのある先生」

    2020.03.31 カンコーホームルーム 卒業式は、学生生活の最後の晴れ舞台です。毎日のように会っていたクラスメイトや先生と会えなくなるという寂しさや楽しかった思い出などを振り返って、卒業式に涙を流す児童・生徒も少なくはないようですが、卒業生を送り出す先生はどのような思いなのでしょうか?今回は、全国の小中高校の教員300人を対象に、卒業式で泣いた経験の有無や泣いた理由などについて調査しました。