2010.11.30 カンコーホームルーム 【Vol.58】「子育ての悩み」

子どもを持つ親にとって、子育ては楽しいことも多いですが、悩みや心配事も尽きないものです。今回は子育てでの悩みについて、小学生の子どもを持つ母親に悩みについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20~49歳の小学生の子どもを持つ母親 299人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2010年9月

子育ての悩みの有無

子育てでの悩みについては、7割以上の母親が「ある」と回答しています。

【図1】子育てでの悩みはありますか?(単数回答)

子育ての悩みの内容

子育ての悩みの内容は、「子どもが親の言うことを聞かない」「学習能力」が圧倒的に多く、半数を超えています。また、学校に関わる内容としては、「学習能力」50.9%、「子ども同士のいじめや友達関係」33.0%、「進学・進路」28.4%、「学校・教師との関係」6.0%、「子どもが学校に行きたがらない」1.4%となります。

【図2】子育ての悩みの内容はどのようなものですか?(複数回答)

子育ての悩みの相談相手

子育ての悩みについての相談相手は「夫」という人が7割以上と高く、次いで、「友人」54.1%、「自分の母親」47.2%、「子ども同級生の親」45.0%となります。「学校の先生」に相談するという人は17.4%でした。

【図3】子育ての悩みの相談相手は誰ですか?(複数回答)

今回の調査では、小学生の子どもを持つ母親の多くが子育ての悩みを抱えていることがわかりました。
子育てでの悩みの内容は、子どもとのコミュニケーションやしつけ方、学習面や食生活、保護者同士の付き合いなど多岐に渡り、学校に関わる事柄も多く挙げられています。悩みの相談相手としては、「夫」という回答が70.2%と圧倒的に多いですが、「学校の先生」に相談するという人も17.4%いらっしゃいました。
進学・進級は子どもにとって生活が大きく変化するときです。学校は学びの場として、特に小学校では学習や生活の基盤づくりをする場として悩みも多い分、重要視されています。
子育ての悩みというものは、いつの時代もなくならないものです。家庭と学校が連携した子育てが望まれています。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。