2008.10.28 カンコーホームルーム 【Vol.33】「制服の着こなしについての母親の意識調査」

スラックスのウエストを下げたり、スカートの丈を短くしたり、制服をアレンジして着ている生徒たちを見かけることがあります。そのような制服の着方について、母親はどのように思っているのでしょうか?
中学生、高校生の子どもを持つ母親に、子どもたちの制服の着こなしについてうかがいました。

調査概要

  • 調査対象:中学生、高校生の母親 1,034人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2008年5月~6月

子どもの制服の着こなし状況

子どもが制服を「着崩している」という回答は、高校生女子の母親で最も多く、41.0%でした。中学生、高校生ともに男子よりも女子のほうが着崩しをしている生徒が多いというのが現状です。

【図1】お子様は制服の着崩しをしていますか?(単数回答)

生徒たちの制服の着崩しについて、どう思いますか?

制服の着崩しについて、「かっこ悪い」という回答が37.3%、「どちらかと言うとかっこ悪い」が49.8%でした。合わせて87.1%の母親が悪いイメージを持っていることがわかります。

【図2】生徒たちの制服の着崩しについて、どう思いますか?(単数回答)

着崩しの原因は?

制服の着崩しの原因をうかがったところ、最も多かったのは「子ども自身」という回答で74.8%の回答がありました。その後に、「同級生」55.7%、「先輩」53.5%と続きます。また、「テレビ、雑誌などマスメディア」が原因という意見も44.2%となっていました。

【図3】着崩しの原因は誰にあると思いますか?(複数回答)

着崩しをするのは、「子ども自身」に原因があるという回答が最も多く、74.8%でしたが、生徒たちだけに原因があるわけではなく、「テレビ、雑誌などマスメディア」にも原因があると考えている母親も44.2%いました。
今回、着崩しについて「かっこ悪い」というマイナスイメージを持つ母親が多かったことからもわかるように、着崩しをするということは、第一印象で損をしてしまうことになります。生徒たちが損をしないように、原因を一つ一つ究明し、対策を考えていくことが私たちの使命であると受け止めています。

着こなしセミナー詳細

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_220_illust.jpg

【Vol.220】新入学時の制服購入状況

2024.05.28 カンコーホームルーム 最高気温が20℃を超える日が続くと、制服も冬服から夏服へ衣替えの季節になります。新入学生には、衣替えのときに初めて制服(上着)を洗濯するという家庭もあり、そのときに、「制服って、洗濯機で洗っても大丈夫なの?」「失敗したらどうしよう・・・」という不安の声が聞かれます。では、2024年4月に中学校・高校の入学者が購入した制服は、家庭洗濯できる制服なのでしょうか?今回は、購入した制服(上着)の家庭洗濯可否、制服(上着)の家庭洗濯の不安内容、制服購入時に重視することについて調査しました。

fig_219_illust.jpg

【Vol.219】高校生が思う体操服に必要なこと

2024.04.30 カンコーホームルーム 体操服は、体育の授業で着用するためのスポーツウェアとして全国の小中高校で採用されています。そして、体育の授業以外にも、部活動や課外学習・遠足、地域によっては登下校や校内着として、体操服を着る場面もあるようです。では、高校生が思う体操服に必要なことはどのようなことでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、体操服を着るシーン、体操服を着ていて気になること、体操服で重視することを調査しました。

  • fig_218_illust.jpg

    【Vol.218】高校生の自転車通学時のヘルメット着用状況

    2024.03.26 カンコーホームルーム 改正道路交通法の施行により、2023年4月1日から年齢にかかわらず自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化されました。努力義務とは、「ヘルメット着用に努めなければならない」というものであって義務ではないため、ヘルメットを着用しなくても違反に対する罰則は定められてはいません。では、高校生の自転車通学時のヘルメット着用はどのような状況なのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、自転車乗車時のヘルメット着用の努力義務化の認知状況、ヘルメット着用の有無、ヘルメット着用時に気にすることを調査しました。
  • fig_217_illust.jpg

    【Vol.217】卒業後の制服とエコ意識

    2024.02.27 カンコーホームルーム 卒業式が終わると、卒業生は制服を着ることがなくなります。制服は学生生活の長い時間を共に過ごした思い出が詰まった服なので、着る機会がなくなっても手放すことを躊躇する人も少なくないようです。では、卒業後の着なくなった制服はどのようにしているのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、中学校で着用していた制服タイプ、卒業後の制服、制服を通じたエコ意識について調査しました。
  • fig_216_illust.jpg

    【Vol.216】中高生の着用制服と着たい制服タイプ

    2024.01.30 カンコーホームルーム 学校制服は、スクールアイデンティティ(SI)を表現し、生徒が着たくなるデザインや快適性、長時間着続けても耐久性に優れ丈夫でお手入れが簡単にできるものなど、時代とともに進化しています。そして、詰襟、セーラー服、ブレザー、スーツなど、様々なタイプがあります。では現在、中高生はどのようなタイプの学校制服を着ているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、着用している制服のタイプ、着たい制服のタイプとその理由について調査しました。