2008.07.29 カンコーホームルーム 【Vol.30】「制服に対する母親の意識調査」

生徒たちは毎日、制服を着て学校に通います。母親は、どのような思いで子どもに制服を着させているのでしょうか?
今回は中学生、高校生の子どもを持つ母親に、制服の満足度と、制服選びのポイントをうかがいました。

調査概要

  • 調査対象:中学生、高校生の母親1,034人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2008年5月~6月

お子様が現在着用している制服の満足度は?

「満足」「まあ満足」という回答を合わせると67.4%の人が、現在の制服に満足しているといえます。「やや不満」「不満」と回答した人に、理由を尋ねたところ、「デザインがよくない」「動きにくい」などの答えが多くあげられました。

【図1】お子様が現在着用している制服の満足度は?(単数回答)

【制服を不満に思う理由】

  • デザイン・色ともにかっこわるい。(30代・専業主婦)
  • ブレザーがダブルなのは、細身の息子には、似合わない。学生らしくないように思う。(40代・専業主婦)
  • 形が古い。色がよくない。しわになりやすい。(30代・パートタイム)
  • 学生服なのでもっと動きやすい機能的なものがいい。(40代・フルタイム)
  • セーラー服で動きにくそうだし、気温による調節がしにくいから。(40代・パートタイム)

制服選びで、何を重視しますか?

制服選びで重視する点として、最も多かったのは「洗濯など手入れのしやすさ」で82.5%の回答がありました。そのあとに「丈夫さ・耐久性」77.3%、「価格」72.5%が続きます。

【図2】制服選びで、何を重視しますか?(複数回答)

多くの母親が、現在子どもが着用している制服について満足していましたが、全員が制服に満足しているわけではありませんでした。制服に対する不満としては、デザイン性、機能性の低さが多くあげられていました。学校によって、制服は違い、デザインや機能も異なりますが、制服は毎日着るものだからこそ、動きやすくて着心地のいいものを着させてあげたいという親の思いがあるようです。
一方で、制服を選ぶ際には「洗濯など手入れのしやすさ」「丈夫さ・耐久性」「価格」など、母親目線で制服を選んでいるという結果も得られました。
制服を着るのは子どもですが、実際に購入するのは親です。両方の要望を兼ね備えてこそ、満足のいく制服になるのだと思います。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。